街歩きしてみたい!恋するイタリアの世界遺産の可愛い街8選

イタリアはローマ、ヴェネチアをはじめ人気の観光国として有名ですが、中世時代に造られた歴史的建造物が今も尚、残されていることが多く、街全体が世界遺産に登録されていることが多い国です。今回は、そんなイタリアでぜひ街歩きしてみたい世界遺産の街を8選ご紹介いたします。


#1 ヴェネチア

イタリアの北東部、アドリア海に面しイタリア内でも人気が高い街「ヴェネチア」。
その美しさから”アドリア海の女王”と称えられ、運河で隔たれた100を超える小島は400以上の橋で結ばれ、まるで街全体が水上に浮かんでいるよう。ちなみに文化遺産の登録基準を全て満たしている世界でも数少ない世界遺産の街である。

#2 バチカン市国

ローマの北西部に位置する世界で最も小さい独立国「バチカン市国」。
このバチカン市国は、ローマ教皇庁が統治するカトリックの総本山として知られています。
小さなな国土の中には、”サン・ピエトロ寺院”やシスティーナ礼拝堂”などの観光スポットもあり、街全体が文化遺産に登録されています。

#3 フィレンツェ歴史地区

貴重な歴史的建造物や美術作品の宝庫として知られているトスカーナ州の州都「フィレンツェ」。
14世紀~16世紀にかけて現在の街並みが形成され、メディチ家をパトロンとして、ルネサンス文化が花開いた街でもあります。”サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂”のクーポラに描かれたフレスコ画の傑作「最後の審判」は絶対に訪れた際に見ておきたい!

#4 サン・ジミニャーノ歴史地区

フィレンツェの南約50kmに位置する小さな都市「サン・ジミニャーノ」。
狭い街に多くの塔が林立しており、世界でも類を見ない街並みで知られており、1990年に文化遺産に登録されています。

#5 シエナ歴史地区

世界で最も美しい広場の一つと言われるカンポ広場などが現存するトスカーナ地方の都市「シエナ歴史地区」。もともとは金融業の中心地として栄え、中世には隣国フィレンツェと勢力を二分する都市国家でもありました。白と黒の大理石が織りなすしま模様を基調とする”シエナ大聖堂”はぜひ見ておきたい。

#6 アマルフィ海岸

“世界一美しい海岸”と称される絶壁に築かれた街並みの「アマルフィ海岸」。
さんさんに降り注ぐ太陽のもと、約40kmにわたって続く絶壁に沿って、アマルフィやポジターノといった小さな街が点在している。

#7 アルベロベッロ

イタリア半島の丁度かかと部分にある小さな街「アルべロベッロ」。
トゥルッリと呼ばれる円錐のとんがり屋根と白壁が印象的な家々が密集している。
wondertrip編集部

Writer:

wondertrip編集部です。世界の絶景や秘境、一度は見てみたい国、触れてみたい文化など綺麗な写真とともにお届けします。

この記事のカテゴリ

イタリア
ヨーロッパ

関連記事を見る

イタリアの記事を見る

ユニークな税を導入したものからを持つものから暴君まで・個性的な歴代ローマ皇帝まとめ
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
イタリア在住15年の私が決める!イタリア観光スポットランキングBEST 20
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコースならこれ!3選
毒殺に暗殺!?スキャンダラスな一族「ボルジア家」とは
日本でも話題の世界最古の薬局!イタリアフィレンツェにある「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」の歴史を調べてみた
【イタリア在住者が伝授】イタリア観光の攻め方&モデルコースを徹底解析
イタリアの観光名所が目白押し?!夫婦の離れた心の変化を描いた映画『イタリア旅行』をご紹介
「ローマの休日」を辿るイタリア・ローマ観光のすすめ。観光スポット・舞台はここ!
ヨーロッパ最大の帝国となったローマ!ローマはなぜ帝国になったの?ローマ帝国への道
政府公認観光ガイドが伝授!アルベロベッロとプーリア州
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選