ベネチア時代の遺跡が残る「キプロス・ニコシア」で見ておきたい観光スポット5選

シリア・アナトリア半島の沿岸にある「キプロス島」の大部分を占めるキプロス共和国の首都「ニコシア」。別名「レフコシャ」とも呼ばれるこの街はベネチア、オスマン帝国の支配下時代を経験し、20世紀中盤には独立に関係した紛争が起こった舞台でもあります。今回はそんなベネチア時代をはじめとした古代遺跡が残る「ニコシア」で見ておきたい観光スポットを紹介します。

大聖堂からモスクへ「セリミエ・モスク」

ニコシアを代表するモスクであり、内部は66m×21mの大きさを誇ります。
12世紀ごろから建設を開始し、13世紀ごろから「聖ソフィア大聖堂」として使用されていました。
1570年にオスマン帝国に占領されたあとはモスクとして使用されるようになり、二本のミナレットが増設されるなど雰囲気をガラリと変えることに
当初は尖塔部分や2階のポーチ部分も造られる予定でしたが資金難などにより計画は断念、現在も未完のままとなっています。

(クロスポイントから)北キプロスに入って、右側に高い塔のようなものが見えたので, 行ってみました. まずニコシアの北キプロス側はユーロが普通に使えます. トルコリラに両替する必要はありませんでした. 途中お土産屋やカフェがあり, トルコ珈琲などを頂きながら、塔のある場所に行くと, 最初教会に見えましたが, 近づくとどうやらモスクのようでした. この辺りでは一番の見どころだと思います.tripadvisorより

Selimiye Mosqueの住所・アクセスや営業時間など

名称 Selimiye Mosque
住所 Nicosia, Cyprus (以前の名称 St Sophia Cathedral)
営業時間・開場時間 礼拝中以外
利用料金や入場料 不明
参考サイト https://www.tripadvisor.jp/ShowUserReviews-g190383-d2314145-r308730988-Selimiye_Mosque-Nicosia_Nicosia_District.html#REVIEWS
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Selimiye Mosqueのスポットページ

商人たちの安らぎの場「ビュユック・ハン」

隊を組んで旅する商人(隊商)の宿舎「キャラバンサライ」であった建築物で、キャラバンサライとしてはキプロス最大。
オスマン帝国がキプロスを占領した翌年1572年建設の内部には身を清めるためのスペースとモスクがあり、その造りから「キプロスで最も美しい建築物」と評価されています。
キプロスが大英帝国に占領されると牢獄に姿を変え、19世紀後半には生活困窮者用の宿泊所としても使用されました。
1990年代以降はカフェや土産物屋が並ぶ商業施設となり、多くの観光客が訪れる定番スポットに。







ビュユック・ハン(トルコ語: Büyük Han)はキプロス島で最大のキャラバンサライで、同島で最も美しいといわれている建築物。
北キプロス・トルコ共和国の首都レフコシャ(ニコシア)にあり、オスマン帝国がヴェネツィア共和国に代わりキプロス島支配するようになった翌年の1572年に建てられた。
Wikipediaより

B?y?k Hanの住所・アクセスや営業時間など

名称 B?y?k Han
住所 Asmaalt? Sokak, Nicosia Lefkosa
営業時間・開場時間 現地時間07:00-20:00 (日曜17:00まで)
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/B%C3%BCy%C3%BCk_Han
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

B?y?k Hanのスポットページ

ニコシア最大の繁華街「リドラス通り」

ニコシアの中心地、ギリシャ側地区にある繁華街。
石畳が敷かれた街並みの中には有名ブランドショップやレストランが立ち並び、人々の声が絶えない賑やかな雰囲気。
180㎞もある「グリーンライン」と呼ばれる緩衝地帯はトルコ系民族とギリシャ系民族との対立が勃発した1974年に敷かれたもので、半世紀近くにわたり南北分断の象徴とされてきました。
かつてはバリケードも敷かれていましたが2008年に解かれ、それ以降ここを介して南北を行き来できるようになりました。
次のページでは『 歴史を感じる博物館「ファマグスタ門」』を掲載!
次のページを読む >>
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

ヨーロッパ
建築
絶景

関連記事を見る

ヨーロッパの記事を見る

神戸・三宮デートでイタリアンならここ!予約推奨&記念日対応OKなイタ飯レストランランキングTOP7
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコース3選【ローマ在住15年超の筆者が伝授!】
絶対行きたい!「麗しきヨーロッパの古城・宮殿」選りすぐり9選!
どんな国?意外と知らないポルトガルの”絵になる”歴史的スポット10選
北欧の大国スウェーデンで出会う歴史ある重厚な建造物たち
スペイン観光ならここ!魅力がギュッと詰まった歴史的スポット10選
スペイン随一の絶景「ラ・コンチャ海岸」。白い砂浜と美しい海は必見!
歴史的建造物の宝庫!魅惑の国オーストリアで中世へタイムトリップ
ビッグ・ベンって何だっけ?知っておきたいイギリスの歴史的建造物6選
ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット
そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
【マリメッコの歴史】かわいらしくて斬新なデザインが特徴、フィンランド生まれの「マリメッコ」