美しい歴史建築や自然を感じる・世界4番目の小国「リヒテンシュタイン・ファドゥーツ」の観光スポット4選

皆さんは「ファドゥーツ」という街をご存知でしょうか。ここはヨーロッパで4番目に小さい国・リヒテンシュタインの首都で、人口5,372人の小さな街。地名自体を知らない方もいるかもしれませんが、ここは美しい歴史的建築物、豊かな自然が素晴らしい街。それではこのファドゥーツにはどのような観光スポットがあるのか、見ていきましょう。

かわいらしい窓が特徴「政府庁舎」

かわいらしい窓が特徴「政府庁舎」

image by iStockphoto / 67342157

ファドゥーツの中心部となるメイン広場、そこに建つ大きな建物は1903〜1905年に建設されたリヒテンシュタインの政府庁舎です。
かわいらしい雰囲気の窓が特徴で、入り口付近にはリヒテンシュタインの紋章を描いた壁画の姿も。
周辺には三角形の議会ビルや現代美術館、切手マニア必見の切手博物館、この国や周辺国の自然科学を取り扱う国立博物館などがあり、ここを観光拠点にして周っても良いでしょう。

image by iStockphoto / 61429590

しばらく歩くと、きれいな教会に隣接する比較的大きくて立派な建物が見えたので、これが博物館かと思ったが、実はそれはリヒテンシュタインの「国会」であった。
ファドゥーツの市庁舎を訪れたとき、これとは別に国会議事堂が存在するのかどうかを疑問に思っていたのであるが、その解答がここで得られた。
肝心の博物館は国会よりも少し西に戻った通りの一角にあったが、あいにく再建工事中で入場できなかった。
隣には小さなツーリスト・インフォメーションがあったので、ここでいくつか観光資料をもらった。
リヒテンシュタイン旅行記より

リヒテンシュタイン 政府庁舎の住所・アクセスや営業時間など

名称 リヒテンシュタイン 政府庁舎
住所 Landtag of Liechtenstein, リヒテンシュタイン
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://4travel.jp/travelogue/10787069
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

リヒテンシュタイン 政府庁舎のスポットページ

大公と妻たちが眠る場所「ファドゥーツ大聖堂」

大公と妻たちが眠る場所「ファドゥーツ大聖堂」

image by iStockphoto / 62884676

シュテッドル通り南端にある、ファドゥーツ大司教会の中心教会。
外観に派手な装飾はありませんが、ネオゴシック式の造りは小さな街の中で存在感を放っています。
リヒテンシュタイン公ヨーゼフ2世(1938〜1989)と妻ゲオルギーナ、フランツ1世の妻エルザが埋葬されている場所であり、作曲ヨーゼフ・ラインベルガーがオルガン奏者を務めていたことでも有名。
この地の歴史が詰まっている場所で、厳かな雰囲気を感じてみては。








image by iStockphoto / 62756582

image by iStockphoto / 67749109

フランツ・ヨーゼフ2世と妻・ゲオルギーナ・フォン・ヴィルツェクはどちらも1989年にこの大聖堂に埋葬された。
エルザ・フォン・グートマンもここに眠っている。
隣家に生まれたヨーゼフ・ラインベルガーが7才から12才にかけてオルガニストを務めていた。
また聖堂内のオルガン(スタインメイヤー製)は1873/74にかけてラインベルガーによってデザインされた。
またラインベルガーの生家は国立音楽学校となっている[2]wikipediaより

Vaduz Cathedral (Cathedral of St. Florin)の住所・アクセスや営業時間など

名称 Vaduz Cathedral (Cathedral of St. Florin)
住所 St. Florinsgasse 15, 9490 Vaduz, Liechtenstein
営業時間・開場時間 事務局:月曜9-12時、水曜14時-17時、木曜9時-12時
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.pfarrei-vaduz.li/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Vaduz Cathedral (Cathedral of St. Florin)のスポットページ

ファドゥーツ最大の観光名所「ファドゥーツ城」

ファドゥーツ最大の観光名所「ファドゥーツ城」

image by iStockphoto / 95598937

12世紀頃に建設されたとされている城で、ファドゥーツ最大の名所とされている観光スポット。
リヒテンシュタイン家がファドゥーツ伯爵となった1712年に城を購入、現在はリヒテンシュタイン公一家がこの城を住まいとしています。
住まいであるため内部には入れませんが目の前の位置まで近づくことは可能で、そこから城の存在感を感じることができるでしょう。
また城の下にはブドウ畑が広がっており、優雅さと豊かな自然を同時に見ておきたいところ。

次のページを読む >>
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

ヨーロッパ
建築
絶景

関連記事を見る

ヨーロッパの記事を見る

神戸・三宮デートでイタリアンならここ!予約推奨&記念日対応OKなイタ飯レストランランキングTOP7
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコース3選【ローマ在住15年超の筆者が伝授!】
絶対行きたい!「麗しきヨーロッパの古城・宮殿」選りすぐり9選!
どんな国?意外と知らないポルトガルの”絵になる”歴史的スポット10選
北欧の大国スウェーデンで出会う歴史ある重厚な建造物たち
スペイン観光ならここ!魅力がギュッと詰まった歴史的スポット10選
スペイン随一の絶景「ラ・コンチャ海岸」。白い砂浜と美しい海は必見!
歴史的建造物の宝庫!魅惑の国オーストリアで中世へタイムトリップ
ビッグ・ベンって何だっけ?知っておきたいイギリスの歴史的建造物6選
ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット
そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
【マリメッコの歴史】かわいらしくて斬新なデザインが特徴、フィンランド生まれの「マリメッコ」