水と緑の美しさに惹かれ…ベラルーシ「ニャスヴィシュ城」を中心に回る旅

ロシアの隣に位置するベラルーシ。あまり知られていない国ですが、美しい景色の中にたたずむ世界遺産に登録されたお城が数々あります。訪れれば、圧倒されるその美しさに、思わずため息がこぼれること間違いなしです。ここでご紹介するのは、まず、世界遺産にも登録されているベラルーシのニャスヴィシュ城、そしてミール城もまた、世界遺産に登録されている大変美しいお城です。世界に数あるお城の中でも、お城が好きなら一度は訪れてみる価値ありです。城めぐりをお考えなら、ここもリストの一つに入れてみませんか?そして歴史に関心のある方には、いろいろな博物館、建造物、モニュメントめぐりをお勧めします。そんな歴史を感じさせるベラルーシをご案内します。きっともっとベラルーシについて知りたくなると思います。

旅の初めはベラルーシから

旅の初めはベラルーシから

image by iStockphoto / 80088921

ベラルーシ共和国、通称ベラルーシは、東ヨーロッパに位置する共和制国家で、東にロシア、南にウクライナ、西にポーランド、北西にリトアニア、ラトビアと国境を接しています。
首都はミンスク。
ソビエト連邦から独立しました。
ミンスクは、国の 中央部に位置し、人口は約190万人で、人口減少が進むベラルーシで稀な人口増加 都市でもあります。
落ち着いた雰囲気のある街です。
ここからお城の旅を始めましょう。

お城巡りはまずここからスタート!

お城巡りはまずここからスタート!

image by iStockphoto / 34201430

ベラルーシでまず最初に訪れるべきお城、ニャスヴィス城です。
美しい湖に囲まれた静かなところにそびえ立っているお城で、そのたたずまいはとても幻想的でもあります。

ニャスヴィシュはベラルーシの田舎の町で、首都ミンスクから南西へ100キロぐらい離れています。
一番近い都市は西へ50キロ離れています。
ニャスヴィシュの南方にはなだらかな丘、そしてその南に村がほとんどない沼地が広がっています。
それ以外はニャスヴィシュは平原に囲まれ、真直ぐな通りに横断されている畑が広がっています。

ベラルーシで一番大きいお城

ベラルーシで一番大きいお城

image by iStockphoto / 36873272

ラジヴィウ家の居城として建てられた城郭建築です。
色の可愛らしい色合いのお城ですね。
回廊式の建物になっています。
城の中にはラジヴィル家の豪華な生活が伺えます。
お城の周りの公園もゆっくり散歩できるので、春や夏は時間を取って散歩してみるのもオススメです。

どの角度から見ても美しいお城の眺め

どの角度から見ても美しいお城の眺め

image by iStockphoto / 77150579

この角度から見ると、派手ではないですが、趣を感じさせます。
この建築はヨーロッパやロシア建築、そして文化にも大きな影響をもたらしました。
素晴らしい建築物です。







こちらも素敵なお城。ミール城

こちらも素敵なお城。ミール城

image by iStockphoto / 5771585

そしてもう一つのお城で、世界遺産のミール城をご紹介します。
ミンスクから車で2時間の所にあります。
ベラルーシの、特に西部地域には古城がたくさん残っているのですが、 このミール城がその中では、規模の大きさ、保存状態の良さ等の点で、 ベラルーシで一番のようです。

ミール城の住所・アクセスや営業時間など

名称 ミール城
住所 yrvonaarmiejskaja vulica 2, Mir 231444
営業時間・開場時間 10:00~18:00
利用料金や入場料 大人100000ベラルーシ・ルーブル 学生50000ベラルーシ・ルーブル
参考サイト http://mirzamak.by/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ミール城のスポットページ

水面に映るミール城

水面に映るミール城

image by iStockphoto / 98735791

15世紀末から16世紀初めにかけてミール村付近ゴシック様式の城として建設されました。
おとぎ話にでも出てきそうな可愛らしい雰囲気のお城ですね。

赤い外観が美しいシンボリックな教会、シモン・聖エレーナ教会

赤い外観が美しいシンボリックな教会、シモン・聖エレーナ教会

image by iStockphoto

教会というと白っぽい建物が多い中、真っ赤なレンガ造りがひときわ目立つ聖シモン・聖エレーナ教会。
この教会の脇にある鐘は、長崎の浦上天主堂から贈られたものだそうで、石碑にその名前が刻まれています。
赤い壁と青い空のコントラストが美しいですね。
次のページでは『ミンクスの美しい街の様子』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

ヨーロッパ
ロシア
建築
歴史
絶景

関連記事を見る

ヨーロッパの記事を見る

神戸・三宮デートでイタリアンならここ!予約推奨&記念日対応OKなイタ飯レストランランキングTOP7
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコース3選【ローマ在住15年超の筆者が伝授!】
絶対行きたい!「麗しきヨーロッパの古城・宮殿」選りすぐり9選!
どんな国?意外と知らないポルトガルの”絵になる”歴史的スポット10選
北欧の大国スウェーデンで出会う歴史ある重厚な建造物たち
スペイン観光ならここ!魅力がギュッと詰まった歴史的スポット10選
スペイン随一の絶景「ラ・コンチャ海岸」。白い砂浜と美しい海は必見!
歴史的建造物の宝庫!魅惑の国オーストリアで中世へタイムトリップ
ビッグ・ベンって何だっけ?知っておきたいイギリスの歴史的建造物6選
ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット
そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
【マリメッコの歴史】かわいらしくて斬新なデザインが特徴、フィンランド生まれの「マリメッコ」