中世の雰囲気を残す城郭都市「イギリス・チェスター」で見るべき観光スポット5選

イングランド北西部にある州・チェシャー州の街チェスターは西暦79年頃にブリテン島を支配したローマ人が基地を建設、定住したことからできた街。街全体が城壁に囲まれていたことで有名であり、現在でも中世の雰囲気を色濃く残ることから、イギリス国内の城郭都市で最高の保存状態を誇るとされています。今回はそんな中世の雰囲気を残す城郭都市「イギリス・チェスター」の観光スポットを紹介します。

旧市街と城壁が見える「イーストゲート時計塔」

旧市街と城壁が見える「イーストゲート時計塔」

image by iStockphoto / 17282079

チェスターを囲む城壁門の東に位置するイーストゲートの時計台。
1897年にヴィクトリア女王即位60年記念で建設されたもので、時計塔本体には「1897」という文字が刻まれています。
現在ではチェスターを代表するスポットとなっており、時計台の横から城壁に登ることができます。
またここからは旧市街の風景がよく見え、時計塔と旧市街、城壁を写真に収めるのに最適のスポットとも言われています。

image by iStockphoto / 72116357

イングランドのなかで最も中世の風情が残るといわれる町チェスターはローマ時代にできた城壁が今でも町を囲っています。
4つの門がありますが、そのうちの東門にはヴィクトリア女王即位60年を記念して1897年に作られた時計台があり、チェスターのシンボル的存在になっています。
4travel.jpより

image by iStockphoto / 51191948

チェスターの街並みで一際目立つイーストゲートの時計塔は、繊細で美しい装飾が施されています。
城壁になっているので、通る人も写真を撮る人も大勢います。
下から時計塔を撮る写真、上からチェスターの街並みを撮る写真、どちらも雰囲気があって、写真撮影にお勧めのスポットです。
4travel.jpより

イーストゲート時計台?の住所・アクセスや営業時間など

名称 イーストゲート時計台?
住所 41-45 Eastgate St, Chester CH1 1LE イギリス
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://4travel.jp/overseas/area/europe/united_kingdom/chester/kankospot/10416611/tips/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

イーストゲート時計台?のスポットページ

精巧な造りの木彫は必見「チェスター大聖堂」

精巧な造りの木彫は必見「チェスター大聖堂」

image by iStockphoto / 31590500

現在のチェスター歴史地区の中心に建設された教会。
チェスターの守護聖人・聖ワーバラを祀る教会が起源とされており、10世紀にベネディクト派修道院として建設。
その後宗教改革の影響で1541年に修道院が廃止、大聖堂となって現在に至ります。
13世紀半ばから16世紀の増改築により複数時代の建築様式が混ざり合っているのが特徴的で、細かく作りこまれた聖歌隊席下の木彫、ステンドグラスは必見。








image by iStockphoto / 78842149

image by iStockphoto / 32154658

西側の大きなステンドグラスには、聖母子とヨセフとともに、六人のイングランドの聖人聖女が描かれています。
大聖堂内の荘厳なステンドグラスにも圧倒されますが、個人的に好みだったのは、回廊のステンドグラスで、一枚一枚に聖人祝日などの祝祭日が当てられ、典礼暦順に並べられていました。
ここにも多くのチェスターゆかりの聖人やイングランドの聖人を見つけ、ローカル色の強いイギリスの大聖堂という印象を受けました。
tripadvisorより

チェスター大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 チェスター大聖堂
住所 12 Abbey Sq., CH1 2HU
営業時間・開場時間 9:00~17:00 (日曜日 12:30~15:30)
利用料金や入場料 3ポンド
参考サイト https://chestercathedral.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

チェスター大聖堂のスポットページ

丘の上にたたずむ城跡「チェスター城」

丘の上にたたずむ城跡「チェスター城」

image by iStockphoto / 83313725

チェスター南部の丘に位置する11世紀建設の城。
チェスターを占領したイングランド王・ウィリアム1世が建設した「モット&ベイリー(小山(モット)の上に建てた塔を柵(ベイリー)で囲む)」が起源で、12世紀に現在の岩石造りに変わりました。
その後13世紀にはウェールズ討伐の基地、18世紀は刑務所として使用されますが、現在の城で残るのは「アグリコラ塔」と呼ばれた部分のみ。
城の隣には18世紀から19世紀に完成したネオクラシック様式の建物があり、こちらは裁判所や軍事博物館になっています。
次のページでは『18世紀の”ゴシック・リヴァイヴァル”建築「市庁舎」』を掲載!
次のページを読む >>
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

イギリス
ヨーロッパ
建築
絶景
街・都市

関連記事を見る

イギリスの記事を見る

ビッグ・ベンって何だっけ?知っておきたいイギリスの歴史的建造物6選
ロンドン観光で絶対行きたい!歴史的観光スポット13選
大英帝国になるまでのイギリスの歴史を知ろう!中世イングランドをひも解くスポット6選
【イギリスの世界遺産一覧】王室伝統のスポットから手つかずの自然まで。イギリスに残る世界遺産紹介!
鉄道の歴史を変えた「蒸気機関車の父」ジョージ・スチーブンソンとはどのような人物?
恋も愛も捨てた処女王・エリザベス1世の波乱の生涯
【香港の歴史】4億年前から21世紀まで~できる限り調べてみました!
元住民が解説!スコットランドの観光の観光完璧ガイド
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった
イギリス観光なら次はここ!「エジンバラ」で見たい絶景10選
【スコットランドに興味あるなら】世界遺産「エディンバラ」の観光前に知って起きたい昔と今
元住民が解説!イギリスの観光完璧ガイド。モデルコースからおすすめスポットまで