偉大なる哲学者が暮らしたロシアの飛び地「カリーニングラード」

ニュースや学校の授業などて、多くの方が何度も見ているヨーロッパの地図。しかし、よく見てみるとポーランドとリトアニアの間になぜかロシア領土があることに気づくでしょう。今回は、その飛び地の領土で最大の都市「カリーニングラード」について紹介します。






飛び地がうまれたきっかけ

一体何ロシアの飛び地が生まれてしまったのでしょうか。
元々第二次世界大戦直後に、条約にてカリーニングラード周辺はドイツからロシア領になりました。
そ の頃はまだ領土はつながっていたのですが、後にリトアニアが独立したため、このような飛び地がうまれてしまいました。
写真上では、右下の「RUSSIA」 と書かれた場所が飛び地です。

 

カリーニングラード州の住所・アクセスや営業時間など

名称 カリーニングラード州
名称(英語) Kaliningradskaya oblast
住所 Kaliningradskaya oblast\’, Russia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E5%B7%9E
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カリーニングラード州のスポットページ

時計にもなった偉大な哲学者

時計にもなった偉大な哲学者

image by iStockphoto / 36237116

カリーニングラード出身として一番有名な人物が、世界的な哲学者カントです。
彼は生涯のほとんどをカリーニングラードで過ごしており、カントの行動を時計代わりにしていた人もいるほど、彼の生活は毎日規則正しいものでした。
こちらの像はカリーニングラードにあるので、是非見てみるのもいいでしょう。

イマヌエル・カント像の住所・アクセスや営業時間など

名称 イマヌエル・カント像
名称(英語) statue of Immanuel Kant
住所 14 A. Nevskogo ul., Kaliningrad, 236041.
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://eng.kantiana.ru/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

イマヌエル・カント像のスポットページ

大統領夫人の故郷

大統領夫人の故郷

image by iStockphoto / 77449085

カリーニングラードは北海に面した街であり、水路が町中に張り巡らされています。
また、プーチン大統領の夫人の故郷でもあり、そのおかげで政府からの支援を受けつつ、現在経済が急速に進歩している注目の街となっています。

カリーニングラードの住所・アクセスや営業時間など

名称 カリーニングラード
名称(英語) Kaliningrad
住所 Kaliningrad, Kaliningrad Oblast, Russia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visit-kaliningrad.ru/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カリーニングラードのスポットページ

ドイツの名残を感じられる大聖堂

ドイツの名残を感じられる大聖堂

image by iStockphoto / 93024783

元々ドイツ領だったカリーニングラードには、多くのドイツ伝統建築が残っていましたが、ロシア領になるとそのほとんどが破壊されてしまいました。
冷戦後にドイツの時代に建てられたケーヒニスベルク大聖堂が復活し、ドイツらしさが詰まった観光スポットとして非常に人気の場所になっています。







ケーニヒスベルク大聖堂 の住所・アクセスや営業時間など

名称 ケーニヒスベルク大聖堂
名称(英語) Königsberg Cathedral
住所 ulitsa Kanta, 1, Kaliningrad, Russia
営業時間・開場時間 10:00 – 18:00
利用料金や入場料 イベントによる, 博物館:100ルーブル
参考サイト http://sobor-kaliningrad.ru/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ケーニヒスベルク大聖堂 のスポットページ

戦争の悲惨さを伝える防塁

戦争の悲惨さを伝える防塁

image by iStockphoto / 91778845

赤いレンガで守られた防塁は、ドイツの領土であったことを物語る貴重なスポットです。
中に入ると、第二次世界大戦に関する資料が展示されており、当時の悲惨さや生々しさを伝えています。

11号要塞 \”Denkhoff\”の住所・アクセスや営業時間など

名称 11号要塞 \”Denkhoff\”
名称(英語) Fort No.11 Denkhoff
住所 ul. Energetikov Konigsberg, Kaliningradskaya oblast\’
営業時間・開場時間 11:00 – 18:00
利用料金や入場料 大人200ルーブル 子供,学生,高齢者100ルーブル
参考サイト http://fortdonhoff.ru/kontakty/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

11号要塞 \”Denkhoff\”のスポットページ

白と金が輝く大聖堂

白と金が輝く大聖堂

image by iStockphoto / 54315146

ケーニヒスベルク救世主とは別に、もう一つ訪れてほしい聖堂がハリストス大聖堂です。
2006年に完成し、ロシアの教会でみられる玉ねぎ型の屋根がある美しい聖堂となっています。
ロシアのキリスト教はフランスやドイツのキリスト教は派閥が異なるので、内部もいつものイメージとは異なる風景が広がっているかもしれませんね。

ハリストス大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 ハリストス大聖堂
名称(英語) Khram Khrista Spasitelya
住所 Victory Square, 2А, Kaliningrad, Kaliningrad Oblast, Russia
営業時間・開場時間 8:30 – 18:00(スケジュールによる)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://soborkld.ru/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハリストス大聖堂のスポットページ

潜水艦の中を探検してみよう

潜水艦の中を探検してみよう

image by iStockphoto / 80202333

B-413という潜水艦を見学できる体験は、日本でもなかなかできないことなので忘れられない思い出になることでしょう。
また、博物館としての一面もあるので、あまり詳しくない方でも楽しむことができます。
Manila

Writer:

大学生。音楽と美味しいものが好き。いつかは世界一周のグルメ一人旅をしてみたいと思っています。

この記事のカテゴリ

ヨーロッパ
ロシア

関連記事を見る

ヨーロッパの記事を見る

絶対行きたい!「麗しきヨーロッパの古城・宮殿」選りすぐり9選!
どんな国?意外と知らないポルトガルの”絵になる”歴史的スポット10選
北欧の大国スウェーデンで出会う歴史ある重厚な建造物たち
運河と風車と教会が彩るオランダの歴史的スポットを巡る
スペイン観光ならここ!魅力がギュッと詰まった歴史的スポット10選
スペイン随一の絶景「ラ・コンチャ海岸」。白い砂浜と美しい海は必見!
歴史的建造物の宝庫!魅惑の国オーストリアで中世へタイムトリップ
ビッグ・ベンって何だっけ?知っておきたいイギリスの歴史的建造物6選
ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット
ユニークな税を導入したものからを持つものから暴君まで・個性的な歴代ローマ皇帝まとめ
そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
【マリメッコの歴史】かわいらしくて斬新なデザインが特徴、フィンランド生まれの「マリメッコ」