ヨーロッパの城って好きなんです…ルーマニア「ブラン城」に見とれてしまう絶景10選

ブラン城はルーマニア南部にある古城です。美しい城で、観光地としても人気です。アイルランドの作家ブラム・ストーカーの小説「吸血鬼ドラキュラ」に登場するドラキュラ城のモデルと言われています。「世界の名城25」にも選ばれた独特の雰囲気を持った美しさで、観光客にも人気です。そんなブラン城に見とれてしまう絶景10選を紹介します!!


青空の下のブラン城はこんな感じ

青空の下のブラン城はこんな感じ

image by iStockphoto / 92513639

晴れた日のブラン城。
明るい雰囲気でドラキュラのイメージとは程遠いですね。
ルーマニアはブラショフから30㎞弱の地点、国道73号(ブラショフとクンプルング、ピテシュティを結ぶ幹線道路)に位置するブラン城。
現在は城の4階に渡り博物館として利用されており、陶器・家具・武器や甲冑といったコレクションが展示されています。

image by iStockphoto / 17604084

ブラン城の夕日

ブラン城に沈む夕日もまた、絶景です。
山間に建てられたブラン城に差し込む夕日、美しいですね。

そもそもブラン城は、1377年11月19日にハンガリーのヨラシュ1世によってズヴォレンで出された文書に記載があるのが最初。
文書内では、現在のブラン城がある位置に「石の要塞」を建設することを承諾することが記録されています。
もともとこの場所にはドイツ騎士団によって1211年~1225年の間に建てられた木製の国境要塞があったと言われますが、ここに建てられたブラン城は建設後ハンガリー王家の所有となりました。
その後もさまざまな所有者の手にわたっていくブラン城。

美しい夕日の中で、その歴史を静かに感じてみるのもよいでしょう。

image by iStockphoto / 61667202

雪景色の中のブラン城

雪景色の中のブラン城

image by iStockphoto / 60930130

冬季のルーマニアは厳しい寒さが続くことで知られています。
降雪量も多く、山岳部では特に最低気温‐30度になることも!!

各地で雪が降り、マイナスの気温になるところは多くあります。
この時期に観光に行く場合、厚手のコートやジャケットは必須。
防寒対策は念入りにしてください。

そんな凍てついた澄んだ空気に浮かぶブラン城。
寒さを乗り越えて見に行く甲斐はあるかもしれません。

image by iStockphoto / 18831304

夜のブラン城はドラキュラが現れそう!?

夜のブラン城はドラキュラが現れそう!?

image by iStockphoto / 25601229

夜のブラン城の姿がこちら。
夜の様子を見ると「本当にドラキュラが出てきそう・・・」なんて思う方もいるかもしれません。

小説「吸血鬼ドラキュラ」に登場するドラキュラのモデルは、15世紀のワラキア公であったヴラド3世だと言われています。
その残忍で卑劣な行為は有名で、そのモンスター並の悪評を持つ彼がブラン城に住んでいたことで「ドラキュラ城」と呼ばれるようになったんだとか。
本当に怖いのは人間なのかもしれませんね。

関連記事を見る

ヨーロッパの記事を見る

絶対行きたい!「麗しきヨーロッパの古城・宮殿」選りすぐり9選!
どんな国?意外と知らないポルトガルの”絵になる”歴史的スポット10選
北欧の大国スウェーデンで出会う歴史ある重厚な建造物たち
運河と風車と教会が彩るオランダの歴史的スポットを巡る
スペイン観光ならここ!魅力がギュッと詰まった歴史的スポット10選
スペイン随一の絶景「ラ・コンチャ海岸」。白い砂浜と美しい海は必見!
歴史的建造物の宝庫!魅惑の国オーストリアで中世へタイムトリップ
ビッグ・ベンって何だっけ?知っておきたいイギリスの歴史的建造物6選
ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット
ユニークな税を導入したものからを持つものから暴君まで・個性的な歴代ローマ皇帝まとめ
そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
【マリメッコの歴史】かわいらしくて斬新なデザインが特徴、フィンランド生まれの「マリメッコ」