旧オペラ座に、レーマー広場…ドイツ・フランクフルト観光でやりたい8の体験

フランクフルトといえば芸術や歴史の町。伝統と近代、商業と文化、活気と平穏と反するものが共存する街です。ここはドイツの金融中心で、たくさんの高層建築が立ち並んでいます。そして芸術の街でもあります。ここには世界に誇る美術・博物館と展示会場があります。博物館、美術館巡りをしたり、思い思いの時間をここで過ごしてみませんか?今回はここフランクフルトに行ったらやてみたい8つの体験をご紹介いたします。

レーマー広場で地元の生活に触れ合う体験

レーマー広場で地元の生活に触れ合う体験

image by iStockphoto / 3978368

フランクフルトに到着したら、まずここから旅を始めましょう。
ドイツらしい光景が見えてきて、これからのドイツ旅行がワクワクして来るはです。
独特の形をした建物は可愛らしくておとぎ話に出てきそうですね。
広場の周りには、土産物店やレストラン、カフェが沢山あります。
地元の人に混ざってこのオープンカフェで通り行く人や街の空気を味わってみましょう。

レーマー広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 レーマー広場
名称(英語) The Römerberg
住所 Roemerberg 27, 60311 Frankfurt am Main
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://4travel.jp/overseas/area/europe/germany/frankfurt/kankospot/10008133/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

レーマー広場のスポットページ

夜景も美しいレーマー広場

夜景も美しいレーマー広場

image by iStockphoto / 71566037

マインタワーから市内を一望する体験

マインタワーから市内を一望する体験

image by iStockphoto / 55369908

レーマー広場で歴史的な古い町並みを堪能したら、今度はモダンなビルが並ぶビシネスエリアへ行ってみましょう。
高層ビルが見事なフランクフルト中心部で4番目の高さを誇る「マイン・タワー」。
これは地上56階のヘッセン州立銀行ビルで、展望テラスからは、フランクフルトの街並を一望できます。
53階にはレストランやバーがあるのでゆったりと夕景や夜景を眺めたい観光客に人気があります。
ここからの眺め、フランクフルトの旧と新の建築物群の融合を見れる素敵なスポットです。

マイン・タワーの住所・アクセスや営業時間など

名称 マイン・タワー
名称(英語) Main Tower
住所 Neue Mainzer Strasse 47, 60311 Frankfurt am Main
営業時間・開場時間 現地時間:夏期10:00-21:00(日曜-木曜) 10:00-23:00(金曜・土曜)、冬期10:00-19:00(日曜-木曜) 10:00-21:00(金曜・土曜)
利用料金や入場料 大人6.50ユーロ、学生4.00ユーロ
参考サイト http://4travel.jp/overseas/area/europe/germany/frankfurt/kankospot/10316291/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マイン・タワーのスポットページ

新旧の建物の融合

新旧の建物の融合

image by iStockphoto / 63762371

歴史的建造物とモダンなビル群。
新旧混ざり合ったビル群は美しく不思議とも見える見事なコントラストです。








旧オペラ座で芸術鑑賞の経験

旧オペラ座で芸術鑑賞の経験

image by iStockphoto / 51485872

とても歴史を感じる趣もあり存在感もたっぷりある建物です。
ヨーロッパらしい建築物で夜はライトアップされ、素敵な空間を作り出しています。
フランクフルトで一番絵になる場所と言っても良いではないでしょうか?コンサートに興味が無い人も見るだけ見ておいて損はありません。
周りのベンチで休憩がてらにボーッとしていたくなりますね。
クラシックが好きな人なら是非コンサートに行ってみましょう。
ここでは世界各国の有名オーケストラが頻繁に演奏しています。
クラシックが好きな方なら改めてこの建物で聞く音楽の良さと素晴らしさを再確認できると思います。

旧オペラ座の住所・アクセスや営業時間など

名称 旧オペラ座
名称(英語) Alte Oper, Frankfurt
住所 Opernplatz 1, 60313 Frankfurt am Main, Germany
営業時間・開場時間 現地時間:平日10:00-18:30 土曜10:00-14:00 (日曜定休)
利用料金や入場料 公演による
参考サイト http://www.howtravel.com/europe/germany/frankfurt/fra-entertainment/fra-theater/alte-oper/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

旧オペラ座のスポットページ

ゲーテハウスで文学の世界に触れる経験

ゲーテハウスで文学の世界に触れる経験

image by iStockphoto / 58333484

旅行をすれば、その土地でのゆかりの人物に関するものに触れる機会はたくさんあると思います。
ここは世界的に知られるドイツ生まれの詩人、小説家、政治家、及び法律家でもあったゲーテの生家です。
第二次世界大戦で一度、崩壊した文豪ゲーテの生家が復元され公開されています。
ゲーテは約20年ここで過ごしたそうです。
そして愛用した机や家具、調度品のほかに名作を執筆した部屋も残されています。
直筆の原稿や肖像画を始め貴重な資料の数々も展示されているので必見です。
ここに来れば、当時の様子を想像してみたくなるはず。

ゲーテ博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ゲーテ博物館
名称(英語) Goethe House
住所 Großer Hirschgraben 23-25, 60311 Frankfurt am Main, Germany
営業時間・開場時間 現地時間:10:00-18:00(月曜-土曜) 10:00-17:30(日曜)
利用料金や入場料 大人7ユーロ、学生3ユーロ
参考サイト http://www.goethehaus-frankfurt.de/goethe-house
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ゲーテ博物館のスポットページ

博物館通りで歴史と芸術に触れる体験

博物館通りで歴史と芸術に触れる体験

image by iStockphoto / 93096683

フランクフルトの中心をマイン川が流れて、新旧のビルも立ち並びとても美しい景色を眺めることができます。
そしてこのマイン川沿いのシャウマインカイ通り約600mが「博物館通り」です。
「ドイツ建築博物館」や「ドイツ映画博物館」「世界文化博物館」などアートを楽しみたい方におすすめのエリアです。
そんな博物館通りにある「シュテーデル美術館」はヨーロッパの豊富な名画コレクションを誇り、所蔵数は約10万点。
14世紀から現代までの美術を鑑賞できます。
たっぷり時間をかけて巡りながら、歴史と芸術を堪能してみてください。
次のページでは『フランクフルト大聖堂の厳粛な礼拝堂で神聖な経験』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

ドイツ
ヨーロッパ

関連記事を見る

ドイツの記事を見る

ドイツの歴史をたどる中世都市の旅
ミュンヘン観光で行きたい、世界遺産&歴史スポットあれこれ
「国母」として16人の子どもを生んだマリア・テレジアの歩んだ歴史
全世界に戦火が飛んだ第二次世界大戦の歴史
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった
ドイツ旅行なら「テレビ塔」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?
中部ドイツ・バッハゆかりの美しい街をめぐる旅
ブドウ畑が美しい、ドイツ「リューデスハイム」で見たい絶景10選
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
観光の前に知りたい!ドイツの近代史が詰まった「ベルリン」の歴史
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選