スペインの絶景がここに…世界遺産「セビリア大聖堂」の過去を知ったら行きたくなった

スペインは世界中から人が訪れる見どころ満載の国です。世界遺産の数もその数45か所。今回ご紹介するセビリア大聖堂ももちろんその中の一つです。セビリアはスペインでは第4の都市で、芸術の都市でもあり、街の雰囲気も受け継がれた華やかさがありそこが観光地として人気の理由です。建物以外にも奥深く質の高い伝統文化に触れ合うことができるのはここスペインでしょう。ここでは「セビリア大聖堂」をご紹介したいと思います。


バルソロナからセビリアへ

バルソロナからセビリアへ

image by iStockphoto / 86678165

スペイン南部アンダルシア地方の観光拠点となる街であるセビリアは、フラメンコや闘牛が盛んな土地でもあります。
セビリアはマドリード、バルセロナ、バレンシアに次ぐスペイン第4の都市です。
それゆえに、各地からアクセスが良いようです。
ご自分のスケジュール、気分によって電車、バス、飛行機と選べるのはとても便利ですね。
バルセロナからだと、電車で5時間30分、バスで15時間、飛行機で2時間です。
時間を考えれば飛行機がお得かもしれません。

見た目も鮮やかなスペイン料理を味わう

見た目も鮮やかなスペイン料理を味わう

image by iStockphoto / 9047183

スペインの豊かな食文化はよく知られています。
パエリアなど、シーフード料理も充実しているので日本人にもとてもなじみ深いですよね。
イベリコ豚を使った生ハム、オムレツ、そしてスペインのバー、バルでおなじみの、楊枝で刺してある一口サイズの見た目も華やかな、おつまみピンチョス。
ワインと一緒に楽しみたいですね。

まずはセビリア市内観光

セビリア市内を最初に覗いてみましょう。
セビリアの人口は約70万人で、先程ご紹介した通り、スペイン第4の都市です。
そして70万人の人口に対して140万にもの観光客が毎年世界各国から訪れています。
まさに観光都市です。
多くの観光客はここセビリアで、ロマンティックで歴史を感じる建物、スペイン広場や、歩いているだけで楽しくなる色朝やかな家並みや花木が立ち並ぶ、サンタ・クルス地区なども訪れています。
人気のあるスポットとして外せない場所がたくさんあります。
街も活気があって太陽の国スペイン、のイメージ通りですね。

セビリア大聖堂の入り口に立つ

セビリア大聖堂の入り口に立つ

image by iStockphoto / 26836177

では早速セビリア大聖堂へ向かいましょう。
サン・クリストバル門のそばにあるのが入り口です。
これはトリウンフォ広場のある南側に位置しています。
この門の前には、女性のブロンズ像、ヒラルディーヨが立っています。
盾と椰子の葉を持っています。
ヒラルダの塔の頂上にもこの像と同じ物がされています。


セビリア大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 セビリア大聖堂
名称(英語) Seville Cathedral
住所 Av. de la Constitución, s/n, 41004 Sevilla, Spain
営業時間・開場時間 現地時間10:00-23:00
利用料金や入場料 3ユーロ
参考サイト http://www.catedraldesevilla.es/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

セビリア大聖堂のスポットページ

天井の高さに驚く

天井の高さに驚く

image by iStockphoto / 92498873

中に入るとその天井の高さに驚いてしまします。
奥行きが116mで幅が76mもあるとても巨大な大聖堂です。
大きさでは、あのサン・ピエトロ大聖堂、セント・ポール大聖堂に次ぐ規模を誇っています。
とにかく歴史に残るような大きな大聖堂を作る、という考えのもと、建てられた大聖堂ということです。
美しいラインを帯びた柱、彫刻、見とれてしまいます。

コロンブスのお墓がここに

コロンブスのお墓がここに

image by iStockphoto / 82974315

ここがアメリカ大陸を発見したコロンブスが眠っているお墓です。
当時スペインを構成していたレオン、カスティーリャ、ナバーラ、アラゴン王国の4人の王が棺を担いでいます。
前列右側の王は、十字架の付いた槍でザクロを刺しているのですが、ザクロはスペイン語でグラナダのことを意味していて、キリスト勢力がグラナダからイスラム勢力を追いやったことを表しています。

天井の装飾も美しい

天井の装飾も美しい

image by iStockphoto / 95455073

ここは主聖具納室の隣にある参事会控室で、壁には聖書の場面が描かれたレリーフが彫られています。
天窓から差し込む光がとても綺麗です。
光に照らされた天井の彫刻がなお一層綺麗に見えるように作られているようです。
次のページでは『美しい装飾はこちらにも』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

スペイン
ヨーロッパ
建築
絶景

関連記事を見る

スペインの記事を見る

スペイン観光ならここ!魅力がギュッと詰まった歴史的スポット10選
スペイン随一の絶景「ラ・コンチャ海岸」。白い砂浜と美しい海は必見!
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
新大陸発見以前のスペインを知っていますか?レコンキスタの足跡を巡るスペイン7つの街
人間の暴力と悲劇の20世紀を語る!ピカソの大作『ゲルニカ』が防弾ガラスに守られていたのはなぜ?
スペイン観光なら次はここ!「マヨルカ島」で見たい絶景10選
コスタリカ観光なら次はここ!「サンホセ」で見たい絶景10選
スペイン観光なら次はここ!「レオン」で見たい絶景10選
地中海を望む美しい街並み。スペイン「ネルハ」で見たい絶景10選
西へ西へと航海し世界一周を達成!世界周航初の達成者マゼラン艦隊の軌跡を追う
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
アフリカの玄関、モロッコの「タンジェ」観光の見どころ