ポーランドのカラフルな都市「グダンスク」で見られる魅力的な観光スポット8選

ポーランドの湾岸都市「グダンスク」は、ポーランドの歴史と文化の拠点ともいえる古い歴史と美しい景観を誇る都市です。色とりどりで華やかな街並み、宮殿のような豪華な教会など、グダンスク観光にはずせない観光スポットをご紹介します。

色とりどりの街並みが広がる旧市街

色とりどりの街並みが広がる旧市街

image by iStockphoto / 84790189

バルト海に面した旧市街はグダンスクで古くから栄えていたポーランド最大の湾岸都市です。
第二次世界大戦により一度廃墟と化したものを、ポーランドの人々が忠実に復旧し、現在の美しい姿を取り戻しました。

旧市街はゴシックやルネサンス、バロック様式などの色とりどりの建物が立ち並び、グダンスクの長い歴史を感じる事が出来ます。
メインストリートのドゥーガ通りにはレストランや雑貨店、お土産屋があり、観光客でにぎわっています。

image by iStockphoto / 48568524

グダンスク旧市街の住所・アクセスや営業時間など

名称 グダンスク旧市街
名称(英語) Gdańsk Old Town
住所 Gdańsk, Poland
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://visitgdansk.com/en/corobic/Classical-Gdansk,a,16
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

グダンスク旧市街のスポットページ

ロマンチックな伝説が残るネプチューンの噴水

ロマンチックな伝説が残るネプチューンの噴水

image by iStockphoto / 74234115

ドゥーガ通り沿いにある、「ネプチューンの噴水」は、中心に海の守護神・ネプチューンのブロンズ像が飾られた噴水です。
昔から湾岸都市として栄えてきたグダンスクの街を守る神様として17世紀に造られ、市民から親しまれています。

人々が金貨を噴水に投げ入れるのを嫌がったネプチューンが、金貨を金箔に変えてしまったという伝説があり、その金箔の輝きがグダンスク名産のリキュール「黄金の水」を美味しくさせたといわれています。

ネプチューンの噴水の住所・アクセスや営業時間など

名称 ネプチューンの噴水
名称(英語) Fontanna Neptuna
住所 Długi Targ, 80-833 Gdańsk
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://visitgdansk.com/Fontanna-Neptuna,o,7089
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ネプチューンの噴水のスポットページ

美しい景観と音色が味わえるオリーヴァ

美しい景観と音色が味わえるオリーヴァ

image by iStockphoto / 1145788

グダンスク郊外の「オリーヴァ」は、かつて「世界で3番目に美しい場所」といわれた景観公園と、「世界で最も美しいパイプオルガン」といわれたオルガンがある大聖堂が有名な場所です。
公園は18世紀に造られたフランス式と英国式を融合させた美しい公園です。

大聖堂は重厚感のあるゴシック建築で、華やかなロココ様式のパイプオルガンは演奏中に天使のベルやラッパ、星などが動く素敵な仕掛けがされています。








オリーヴァ大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 オリーヴァ大聖堂
名称(英語) Oliwa Cathedral
住所 Biskupa Edmunda Nowickiego 5, Gdańsk
営業時間・開場時間 9:00 – 17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.archikatedraoliwa.pl/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オリーヴァ大聖堂のスポットページ

精巧なからくり時計に目を奪われる・聖母マリア教会

精巧なからくり時計に目を奪われる・聖母マリア教会

image by iStockphoto / 5307145

完成までに150年もの長い年月がかかった「聖母マリア教会」は、レンガ造りの教会の中ではヨーロッパ最大の大きさを誇る教会で、荘厳なゴシック様式の内装と美しい天井が特徴です。

見どころは、教会に取り付けられたからくり時計で、繊細な作りにうっとりしてしまいます。
また、最上階は展望台になっており、グダンスク市街を一望出来ます。

聖母マリア教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖母マリア教会
名称(英語) Basilica of the Assumption of the Blessed Virgin Mary
住所 Podkramarska 5, 80-834 Gdańsk
営業時間・開場時間 8:30 – 17:00(10月-4月), 8:30 -18:30(5月-9月), 日曜11:00-12:00, 13:00-17:00(18:30)
利用料金や入場料 4ズウォティ(展望台を含む入場料は6ズウォティ)
参考サイト http://en.bazylikamariacka.gdansk.pl/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

聖母マリア教会のスポットページ

メルヘンな世界が満喫できるマリアッカ通り

メルヘンな世界が満喫できるマリアッカ通り

image by iStockphoto / 74409941

聖母マリア教会から運河に向かって続く「マリアッカ通り」はグダンスクの中でも歴史があり、ポーランド中でも最も美しいと称される通りです。
まるで宮殿のような装飾が施されたレンガ造りのゲートを抜けると、左右にカフェや琥珀のアクセサリーのお店が立ち並ぶ石畳の道が続いています。

メルヘンな世界を満喫したい人にはおすすめの通りです。
特に夜はお店や民家から漏れる灯りでロマンチックな雰囲気に。

マリアッカ通りの住所・アクセスや営業時間など

名称 マリアッカ通り
名称(英語) ulica Mariacka
住所 Mariacka, Gdańsk, Poland
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://visitgdansk.com/en/corobic/Mariacka-Street,a,15,6
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マリアッカ通りのスポットページ

宮殿として作られた厳かな緑の門

宮殿として作られた厳かな緑の門

image by iStockphoto / 56201668

モトワヴァ運河に面して建つ「緑の門」は16世紀、当時の皇帝の宮殿として建てられたオランダ・ルネサンス様式の美しい建物で、ベルギーのアントワープ市庁舎に影響を与えたとおもいわれています。

もともとはグダンスクを訪れる各国の国王のための宿泊所としても使われるはずでしたが、実際には一度しか利用されないまま、現在では国立博物館の別館として展示品が置かれています。

次のページでは『貿易商と貴族が集ったアルトゥス・コート』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

ポーランドの記事を見る

【ポーランド観光の前に知りたい】戦災被害から再建を果たした国、ポーランドの歴史的スポット11選
ポーランド観光なら次はここ!「トルン」で見たい絶景10選
全世界に戦火が飛んだ第二次世界大戦の歴史
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
中世の大国、ド根性な不死鳥の国!ポーランド不屈の歴史
戦争が造ったポーランドの負の遺産「アウシュヴィッツ-ビルケナウ」の歴史
大貴族が愛したイタリア・ルネサンスの美しい町並みを誇るポーランドの理想都市ザモシチの歴史
偉大な天文学者コペルニクスの生まれ故郷!ポーランドトルンの歴史
行くチャンスは無さそうだけどひと目みたい世界の町、ポーランド「グダニスク」の魅力
ドイツ騎士団の息吹を感じる世界遺産の巨大な城!ポーランドマルボルク城の歴史
第一次世界大戦で消滅…ポーランド人の郷土愛で復元されたポーランド建国の地ポズナンの歴史
戦争にのみ込まれた庭園、世界遺産「緑地公園施設ムスカウパーク」の過去を知ったら行きたくなった!