チェコ共和国・プラハの観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。チェコ共和国・プラハの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。

世界で最も古く大きい城のひとつ『プラハ城』

世界で最も古く大きい城のひとつ『プラハ城』

image by iStockphoto / 19401293

プラハ城は世界でも最も古く大きい城のひとつで、長さは約500m、幅は70~140mある細長い形をしています。
広大なプラハ城内は、聖ヴィート大聖堂や宮殿、国立美術館や歴史博物館なども含まれます。
城内は一般公開されており、夏は庭園でシェイクスピア演劇祭が開かれるなど、いろいろな楽しみ方が出来ます。
丘の頂にあるプラハ城の前にあるフラッチャニ広場は、「アマデウス」や「レ・ミゼラブル」などの映画に出てくる場所です。
京都市と姉妹都市であるプラハは、京都同様、観光客の絶えない歴史ある美しい街となっています。

プラハ城の住所・アクセスや営業時間など

名称 プラハ城
名称(英語) Prague Castle
住所 119 08 Prague 1, チェコ共和国
営業時間・開場時間 6:00 – 22:00, 歴史的建築:夏期9:00-17:00, 冬期9:00-16:00
利用料金や入場料 350チェココルナ-
参考サイト https://www.hrad.cz/en
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

プラハ城のスポットページ

聖ヴィート大聖堂の外観

聖ヴィート大聖堂の外観

image by iStockphoto / 52646680

プラハ城の中庭にあるゴシック建築の聖ヴィート大聖堂は、チェコで最も大きく重要な教会です。
82mの2本の尖塔とそれより高い99mの鐘楼は、遠くからでも目にすることが出来ます。
外壁のモザイク画やバラ窓など装飾も緻密で印象的です。
プラハ城の前にあるフラッチャニ広場のゲートから第1の中庭に入ると、次の中庭の入口(マティアス・ゲートウェイ)があり、第2の中庭へ向かいます。
聖ヴィート大聖堂は次の第3の中庭にあります。

聖ヴィート大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖ヴィート大聖堂
名称(英語) St. Vitus Cathedral
住所 III. nádvoří 48/2, 119 01 Praha 1
営業時間・開場時間 夏期9:00-17:00, 冬期9:00-16:00
利用料金や入場料 300チェココルナ-
参考サイト https://www.hrad.cz/en/prague-castle-for-visitors/objects-for-visitors/st.-vitus-cathedral-10330
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

聖ヴィート大聖堂のスポットページ

聖ヴィート大聖堂の夜

聖ヴィート大聖堂の夜

image by iStockphoto / 51992834

聖ヴィート大聖堂は、夜になるとライトアップされます。
夜の中に荘厳な建物の装飾が浮かび上がり、より幻想的な景観を見ることが出来ます。
昼間よりは人も少ないので落ち着いて見ることも出来ますので、時間に余裕があれば昼と夜両方堪能するのがおすすめです。
大聖堂だけでなく、プラハ城をはじめ観光名所はライトアップされているところが多いので、石畳が美しく照らされた夜の街を散策しながら、いろいろな表情を見せるプラハの夜景を楽しむことができます。

聖ヴィート大聖堂内部のミュシャのステンドグラス

聖ヴィート大聖堂内部のミュシャのステンドグラス

image by iStockphoto / 44185808

聖ヴィート大聖堂の見どころは外観だけではありません。
大聖堂内部に入ると、奥行きと天井の高さ、施された彫刻に圧倒されますが、中でも目を引くのはアール・ヌーボーを代表するアルフォンス・マリア・ミュシャによるステンドグラスです。
約4万枚のステンドグラスを使ったミュシャのステンドグラスは繊細で美しく、絵画にとどまらない魅力を放ちながら数多くの観光客を魅了しています。
特に光が差したときのステンドグラスの美しさは目を見張るものがあるため、天気と相談しながら鑑賞することをおすすめします。








さまざまな旧市街の表情が見られる『カレル橋』

さまざまな旧市街の表情が見られる『カレル橋』

image by iStockphoto / 52680150

カレル橋は、長さ515.7m、幅9.5mあり、1357年に建てられました。
プラハ城も同じくこのころに建てられたものです。
15のアーチ、3つの橋塔、30の彫像が並ぶ美しい景観は、朝昼夜いつ訪れても美しく、様々な街の表情を見ることが出来ます。
橋は歩行者専用で、大道芸人や屋台が軒を連ね、人々で賑わうプラハで最も有名な場所のひとつとなっています。
夜はライトアップされ、夜の散歩を楽しむ人々の様子は、この橋がただ川を渡るための橋ではないことが伺えるものとなっています。

カレル橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 カレル橋
名称(英語) Charles Bridge
住所 Karlův most, 110 00 Praha 1
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.prague.eu/cs/objekt/mista/93/karluv-most
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カレル橋のスポットページ

からくり時計が動く『天文時計』

からくり時計が動く『天文時計』

image by iStockphoto / 88542227

旧市街広場・旧市庁舎の南側の壁面にある天文時計は、毎正時にからくり時計が動く観光名所です。
毎正時になると、時計の横に配置された4つの彫像が動き出し、死神が鳴らす鐘に合わせて時計の上部の窓からキリストの12使途が動く仕掛けとなっています。
天文時計前は観光客で溢れていますが、ほんの10秒ほどで終わるため、あっけなく感じる人もいるかも知れません。
天文時計は、キリストの12使途が動くからくり人形をはじめ3つ主要な部分があり、残る2つは、最も古い1410年制作の天文図を表す文字盤、月々を表す暦盤となっています。

プラハの天文時計の住所・アクセスや営業時間など

名称 プラハの天文時計
名称(英語) Prague Orloj
住所 Staroměstské nám. 1, 110 00 Praha 1
営業時間・開場時間 9:00 – 23:00(毎正時)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.staromestskaradnicepraha.cz/en/astronomical-clock/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

プラハの天文時計のスポットページ

チェコの人々の想いから建てられた『国民劇場』

チェコの人々の想いから建てられた『国民劇場』

image by iStockphoto / 84340373

川沿いに建つ大きな劇場は、国民という名がつくだけあって、チェコの人々の想いから建てられたチェコの歴史を代表する建物です。
ハプスブルク家による支配時代、チェコ語で上映できる劇場はありませんでした。
そのため、チェコ語によるチェコ人のための劇場を作りたいという想いから、プラハを中心としたチェコ市民の寄付により国民劇場が建てられました。
国民劇場は、音楽な盛んなチェコで重要な建物となり、今では、オペラ、バレエ、演劇が上映されています。
次のページでは『近代建築の巨匠、フランク・ゲーリーが手掛けた『ダンシング・ビル』』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

チェコの記事を見る

チェコ観光に行ったら訪れたい歴史的スポット13選
チェコ観光なら次はここ!「チェスキー クルムロフ」で見たい絶景10選
チェコ旅行なら「クロムニェジーシュの庭園群と城」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
ビールの街、チェコの「チェスケー・ブディヨヴィツェ」で見たい絶景10選
チェコの世界遺産、カラフルでかわいらしい村「ホラショヴィツェ」
カラフルな家がかわいいチェコの世界遺産「テルチ」
チェコ観光なら次はここ!「オロモウツ」で見たい絶景10選
チェコ観光なら次はここ!「カルロヴィ・ヴァリ」で見たい絶景10選
チェコ観光なら次はここ!「ブルノ」で見たい絶景10選
プラハから日帰りOK! 中世の宝石「城郭都市チェスキー・クルムロフ」の見どころ
チェコ・プラハの歴史の生き証人「カレル橋」の物語