バッキンガム宮殿に、ロンドン塔。イギリス・ロンドンの定番観光スポットを抑えよう

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。イギリス・ロンドンの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。


イギリス最大の都市、首都ロンドン

イギリスの首都であるロンドンは政治経済、芸術、ファッション、娯楽、観光、教育、メディアなどの世界的な文化の中心で時代の最先端を行く、そして世界で最も来訪者の多い都市です。
高層ビルが多く建てられ近代的な側面と、起源はとても古く古代ローマの時代、歴史的建造物も数多く残っているという側面を持っています。
イギリスはロンドンだけでなく、ソールズベリー平原に立つストーンヘンジ、スコットランド北部のハイランド地方にあるネス湖(ネッシー)、「ピーターラビット」のゆかりの地である湖水地方などの観光地も有名ですね。

イギリスを象徴する時計台、ビッグ・ベン

イギリスを象徴する時計台、ビッグ・ベン

image by iStockphoto / 82910733

イギリスと言えば首都ロンドンにある大きな時計台、ビッグ・ベンを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
現在は国会議事堂として使われている世界遺産のウェストミンスター宮殿に付属する時計台です。
ビッグ・ベンは1843年に着工し、1859年に完成しました。
第二次世界大戦の間、国会議事堂は破壊されてしまいましたが、この時計台は壊れることはなかったそうです。
本来の名称「クロック・タワー」でしたが、2012年6月にエリザベス女王即位60周年を記念して「エリザベス・タワー」として名前を改めたそうです。

エリザベス・タワーの住所・アクセスや営業時間など

名称 エリザベス・タワー
名称(英語) The House of Parliament end Elizabeth Tower
住所 Westminster, London SW1A 0AA, UK
営業時間・開場時間 内部観光は許可制
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visitlondon.com/things-to-do/sightseeing/london-attraction/big-ben
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

エリザベス・タワーのスポットページ

ロンドンを一望できるロンドン・アイ

ロンドンを一望できるロンドン・アイ

image by iStockphoto / 38755938

大観覧車ロンドン・アイはテムズ川沿いのサウスバンクにあります。
カプセルには25人もの人が乗れるほど大きく、高さは135mあり、ゆっくりと30分かけて一周するのでロンドンを一望できるようになっています。
また天気の良い日には、ロンドン市内のみならずヒースロー空港やウィンザー城も見えるとのことです。
ロンドン・アイは2000年ミレニアム記念事業として作られました。
今では大勢の観光客とロンドン市民が賑わう名所の一つとなっています。

ロンドン・アイの住所・アクセスや営業時間など

名称 ロンドン・アイ
名称(英語) London Eye
住所 London SE1 7PB, United Kingdom
営業時間・開場時間 現地時間10:00-20:30
利用料金や入場料 21.20ポンド
参考サイト https://www.londoneye.com/tickets-and-prices/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ロンドン・アイのスポットページ

衛兵の交代式が見られるバッキンガム宮殿

衛兵の交代式が見られるバッキンガム宮殿

image by iStockphoto / 91307645

バッキンガム宮殿は衛兵の交代式が見られることで有名な宮殿です。
はじまりは1703年に建てられたバッキンガムハウスだとされ、1825年から改築が始まり12年の歳月をかけて建てられました。
現在も実際に使われている宮殿ですが、8~9月の間は一般公開され見学できるようになっています。
衛兵の交代式はバッキンガム宮殿前でマーチングバンドの演奏に合わせて行われます。
黒くて長い帽子をかぶり赤い上着を着た姿で行進する姿はかっこよく、イギリスの伝統を感じさせてくれます。


バッキンガム宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 バッキンガム宮殿
名称(英語) Buckingham Palace
住所 London SW1A 1AA, UK
営業時間・開場時間 現地時間10:00-17:00 (季節により変動)
利用料金や入場料 大人9.30ポンド、学生・シニア8.50ポンド、17歳以下5.50ポンド
参考サイト https://www.royalcollection.org.uk/visit/the-state-rooms-buckingham-palace
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バッキンガム宮殿のスポットページ

ロンドンには博物館や美術館がたくさん

ロンドンには博物館や美術館がたくさん

image by iStockphoto / 41368146

世界最大の博物館の一つである大英博物館には800万点の美術品や書籍、工芸品、民族誌資料などがあるそうです。
とても1日では展示品すべてを見ることはできませんね。
ナショナル・ギャラリーではダビンチやボッティチェリ、ゴッホ、セザンヌなどの絵画が展示されています。
紹介した大英博物館とナショナル・ギャラリーは入館料が無料というのも嬉しいですね。
他にもまだまだ博物館や美術館があるので博物館、美術館めぐりをするのも楽しいかもしれません。

大英博物館の住所・アクセスや営業時間など

名称 大英博物館
名称(英語) British Museum
住所 Great Russell St, London WC1B3DG, United Kingdom
営業時間・開場時間 現地時間10:00-17:30、金曜のみ10:00-20:30
利用料金や入場料 大人16.50ポンド、16-18才13ポンド、障がい者・無職13ポンド
参考サイト https://www.britishmuseum.org/visiting.aspx?lang=ja
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

大英博物館のスポットページ

時代の流れとともに様々に使われてきたロンドン塔

時代の流れとともに様々に使われてきたロンドン塔

image by iStockphoto / 34770618

ロンドン塔は1078年からおよそ20年の歳月をかけて作られた城塞です。
1625年まで宮殿として使われ、その間14~19世紀には造幣所、天文台、銀行、王立動物園などとして使用されてきました。
また1282年からは監獄としても使われ始め、14世紀以降には処刑場になりました。
長い年月の中で多様に使われてきたロンドン塔からは、多くの歴史が垣間見えるのかもしれません。
1988年には世界文化遺産として登録され、現在も礼拝所などとして使われています。

ロンドン塔の住所・アクセスや営業時間など

名称 ロンドン塔
名称(英語) Tower of London
住所 St Katharine\’s & Wapping, London EC3N 4AB, UK
営業時間・開場時間 現地時間:日曜・月曜10:00-17:30、火曜-土曜日9:00-17:30
利用料金や入場料 大人25ポンド、子供(5-15才)12ポンド、学生(16歳以上)・シニア・障がい者19.50ポンド
参考サイト http://www.hrp.org.uk/tower-of-london/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ロンドン塔のスポットページ

とにかく広い! トラファルガー広場

とにかく広い! トラファルガー広場

image by iStockphoto / 88624853

このトラファルガー広場は、1805年、トラファルガーの海戦で勝利したことを記念して作られました。
トラファルガー広場にはネルソン記念柱というものがあります。
トラファルガーの海戦で殉職したネルソン海軍提督を称えるためにつくられました。
高さは約46mもあるのだそうです。
またネルソン記念柱の四方を囲むライオン像があります。
ネルソン記念柱が高すぎて記念写真が撮れない、という理由からか代わりに人気なのがライオンたちです。
これはロイヤル・ジョージ号というイギリス軍の船の大砲から作られたものだそうです。

関連記事を見る

イギリスの記事を見る

ビッグ・ベンって何だっけ?知っておきたいイギリスの歴史的建造物6選
ロンドン観光で絶対行きたい!歴史的観光スポット13選
大英帝国になるまでのイギリスの歴史を知ろう!中世イングランドをひも解くスポット6選
【イギリスの世界遺産一覧】王室伝統のスポットから手つかずの自然まで。イギリスに残る世界遺産紹介!
鉄道の歴史を変えた「蒸気機関車の父」ジョージ・スチーブンソンとはどのような人物?
古代ミステリーから近代建築まで!イギリス世界遺産を全部解説
恋も愛も捨てた処女王・エリザベス1世の波乱の生涯
【香港の歴史】4億年前から21世紀まで~できる限り調べてみました!
元住民が解説!スコットランドの観光の観光完璧ガイド
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった
元住民が解説!ロンドン観光完璧ガイド
イギリス観光なら次はここ!「エジンバラ」で見たい絶景10選