ラベンダー畑の絶景!フランス・プロヴァンスで見れる紫の景色に癒やされる

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。フランス・プロヴァンスの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。

プロヴァンスの見所は何と言ってもラベンダー畑

プロヴァンスの見所は何と言ってもラベンダー畑

image by iStockphoto / 37364736

一面、鮮やかな紫色で染め上げられた美しい大地。
フランス、プロヴァンスで見ることのできるこのラベンダー畑の壮大な光景は、毎年6月頃からが見頃と言われており、一定の時期にしか見ることができない奇跡の景色です。
あたり一面ラベンダーの花で埋め尽くされた光景はまさに絶景。
また、ラベンダーの良い香りを楽しむことができるので、視覚からも嗅覚からも癒しの効果を得ることができそうです。
南フランスの伝統的な光景が楽しめます。

大自然が生み出した芸術

大自然が生み出した芸術

image by iStockphoto / 56883808

目に眩しいくらいの空の蒼色、色とりどりに散りばめられた緑、規則的に立ち並ぶ紫のラベンダーに、それらの隙間から垣間見える真っ白な大地と雲の色。
自然と人の手で作り上げられた一つの芸術作品は、まるで絵画のようですね。
見目麗しいラベンダーは日本でもアロマの香りとしても有名です。
リラックス効果が多く得られることでも知られていますが、実際に大地に根付くラベンダーの香りを楽しんだことがある方は多くはないのではないでしょうか。
ぜひ体感してみていただきたい香りです。

プロヴァンスの風景

プロヴァンスの風景

image by iStockphoto / 52603368

クラシック音楽で、プロヴァンスの風景という楽曲があるのをご存知でしょうか。
ポール・モーリスと呼ばれるフランスの女流作曲家が残したサックスとピアノのための楽曲です。
クラシックに聞き馴染みのない方には近代的かつ幻想的な印象を持たれる楽曲ですが、とても美しく、時に楽しく、時に怪しく、プロヴァンスの風景を表現した作品となっています。
こうして写真を見ながらプウラヴァンスの風景を聞くと、モーリスが見たプロヴァンスの風景はどんなものだったのか、と想像が膨らみます。

太陽のようなひまわりと、夜のようなラベンダー

太陽のようなひまわりと、夜のようなラベンダー

image by iStockphoto / 50600688

相反する二色の花の競演が美しいこちらの光景。
サンフラワーの名の下、太陽をイメージさせられるひまわりと、ちょっぴりシックで夜のようなイメージのあるラベンダー。
二色のいろ鮮やかな花がお互いの存在を強調しあうように生き生きと咲き誇っていますね。
花というものは、特に女性にとっては特別なもの。
時に宝石よりも大きな価値を見出す美しさを誇るものです。
この美しさを見れば、地球が生み出した天然のジュエリーと言っても過言ではないでしょう。







ラベンダーの道

ラベンダーの道

image by iStockphoto / 88136145

プロヴァンスの内陸部で数多く見られるラベンダー畑。
複数の街をまたいで続くラベンダー街道は元も観光客が多いとされている場所なんだとか。
ラベンダー畑が所狭しと立ち並び、どこまでも紫色の光景が続いている姿は圧巻です。
死ぬまでに見たい絶景とも称されるほど、この時期のラベンダー畑の美しさは世界的に定評があるようです。
写真を見ているだけでもその美しさは息をのむほど、実際に目にしたら、あなたは何を思うのでしょうか。

静かで、神秘的なラベンダー畑

静かで、神秘的なラベンダー畑

image by iStockphoto / 67258979

今までの壮大なラベンダー畑の光景とは打って変わって、どこか静かで神秘的な雰囲気が残るこちらの写真。
空のブルーと同じよう、淡い水色に見える昔の建物と、ラベンダーの色が優しく心を落ち着かせてくれますね。
ラベンダーの種類も今までと比べて青に近い紫であることから察するに少々違うようです。
ほんわかとした柔らかな色合いの建物は自然に溶け込んでおり、その美しさが際立っているようにも感じます。
歴史ある建物とともにあるラベンダー畑もプロヴァンスには残されているのですね。

地平の彼方まで続く、ラベンダーの海辺

地平の彼方まで続く、ラベンダーの海辺

image by iStockphoto / 85484653

地平線の向こうまで続く紫色の光景は、まるで海のよう。
これだけ豊かな色彩の花が大地一面に広がっている姿はなかなか目にすることができませんよね。
ラベンダーを生み出してくれたのは地球そのものですが、これをこのような美しい光景に仕上げてくれている人の力も侮ることはできません。
見頃は6月に始まり、8月中旬頃までとされ、その頃にはとある村ではラベンダーの収穫祭も行われるんだそうです。
昔ながらの村の収穫祭を体感してみたい方は8月中旬時期を狙ってみては。
次のページでは『ラベンダー畑を見ながら、一杯』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

フランスの記事を見る

そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
フランス観光で行きたい!マニアックな歴史的観光地区10選
【フランス世界遺産一覧】絶景も歴史もすべてここに!フランスの世界遺産を全部解説
パリ観光で行きたい!歴史的観光名所をぐるりと一巡り
フランス旅行でいきたい!フランスで絶対見ておくべき歴史的スポットは?
18時間以上続く「世界一長いピアノ音楽」を生んだエリック・サティとは?
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【フランスの世界遺産】42個の世界遺産を全部一挙ご紹介!(2017年時点)
【映画「レ・ミゼラブル」の時代背景】ジャンバルジャンはなぜパンを盗んだ?実はフランス革命の後の出来事って本当?
【元住民が解説】エッフェル塔の観光完璧ガイド
【時代背景】ディズニー/劇団四季「ノートルダムの鐘」を観る前に知っておきたいパリの歴史