ポルトガル・リスボンの観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。ポルトガル・リスボンの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。






リスボンを訪れる趣き

リスボンを訪れる趣き

image by iStockphoto / 67586547

傾斜に沿った家々の茶色の屋根を見るたびにポルトガルに来たのだなと感じ入ります。
色とりどりに塗った壁面やアズレージョの標識や看板が見えるポルトガルオリジナルの街並み。
隙間の路地は広場や教会に続きます。
バーでコーヒーブレイクもまた旅行の目的の一つ。
ほのかにスパイスの薫るお菓子に苦味の深いコーヒーはどこか和菓子と抹茶のコンビネーションにも似ています。
ポルトガルからたくさんの伝来を受けた日本。
西洋志向のルーツを辿る旅が始まります。

リスボンの住所・アクセスや営業時間など

名称 リスボン
名称(英語) Lisbon
住所 Lisbon, Portugal
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/リスボン/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

リスボンのスポットページ

個性的なポルトガルワイン

個性的なポルトガルワイン

image by iStockphoto / 77660303

ポルトガルのワインは少し独特です。
スタンダードでも芳香が深い赤、発泡系の白ヴィーニョベルデ、そして甘みほのかなロゼ。
日本でも有名なポルトワインの甘さも食前酒としてついやみつきになります。
お手軽なハウスワインも美味ですが良質の年代物はポルトガルでなくては手に入りません。
コルクの産地でも有名なビンテージワインは、木の香りをふんだんに含み喉越しがまろやかな特別品です。
これははるばる訪れる人こそ味わえるご褒美となります。

ポルトガルコーヒーは夕日の色

ポルトガルコーヒーは夕日の色

image by iStockphoto / 46812872

ポルトガルのコーヒーはとても濃厚です。
通常のエスプレッソの数倍の濃さと風味に人々はミルクや砂糖を入れて、カフェはもちろん、スーパーや駅の一角などのスタンドバーでで日に何度も楽しみます。
小さいデミタスカップのブラックを飲んでいると、隣のおじさんから「胃に悪いから砂糖を入れなさい」と指南を受けます。
濃く焙煎された黒い豆から淹れたコーヒーの表面は、鮮やかなオレンジの被膜が浮かびます。
まるで最西の地ポルトガルに沈む夕日の色のようです。

様々な様式を駆使したエヴォラ大聖堂

様々な様式を駆使したエヴォラ大聖堂

image by iStockphoto / 86403459

ポルトガルの歴史はキリスト宣教の歴史とも言えます。
侵攻、戦争の歴史の中、年代ごとに移り変わる様式を集めた建築物も数多く残されています。
現在でも人々の敬虔さはヨーロッパで一番ではないかと言われます。
代表的なエヴォラ大聖堂の風光明媚な佇まいにふとため息がつくほどです。
城跡のようなシンプルなフォルムの外観とバロック様式の礼拝堂、装飾を施した支柱が連なる回廊、全てが崇高でアカデミックな建築物としても興味をそそられます。
また、エヴォラ大聖堂はポルトガル音楽様式の発祥でもあります。
数々の作曲家がこの聖歌隊から生まれました。







エヴォラ大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 エヴォラ大聖堂
名称(英語) Sé de Évora
住所 Largo do Marquês de Marialva, 7000 Évora, ポルトガル
営業時間・開場時間 9:00-12:00, 14:00-16:00
利用料金や入場料 1.5ユーロ, 屋上へは3ユーロ
参考サイト http://www.evora-portugal.com/Attractions/Se-Cathedral-Evora.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

エヴォラ大聖堂のスポットページ

アズレージョのある街角

アズレージョのある街角

image by iStockphoto / 96682359

ポルトガルの建物には必需のタイル壁アズレージョ。
色とりどり、デザインも豊富なタイルは、夏の暑さを防ぐための知恵です。
ペルシャ人からその製法を学んだムーア人がポルトガルに伝えた芸術的なタイルは、街の至る所で見かけることができます。
特徴はそのオリジナル性にあります。
駅や教会など人が集う場所はもちろん、路面電車や家の玄関の壁や、カフェの外壁まで同じ模様は二つとありません。
有名な壁画タイルを探索したり、のんびり街角のアズレージョ巡りもお楽しみの一つです。

名物イワシの塩焼き

名物イワシの塩焼き

image by iStockphoto / 25009491

ポルトガルを訪れるならイワシの季節がいいよと薦めます。
6月12日の聖アントニオのイワシを食べる風習は有名です。
レストランの軒先で大きなグリルで大量に焼いているイワシを見るとついつい足を止めたくなります。
テーブルに着くや否や白ワインとイワシで至福のランチタイムが始まります。
一人分1ダースの塩焼きが普通のオーダー。
半分頼み、ピリッと辛めの玉ねぎのサラダとともに豊満な脂ののったイワシを味わう、ポルトガルのシンプルグルメの一つです。

坂を登るトラムの風景

坂を登るトラムの風景

image by iStockphoto / 89039579

リスボンをくまなく観光するには健脚が必要です。
なだらかな坂道を幾度となく登り続けなくてはなりません。
でもご心配なく、トラムがあります。
短い区間をゆっくり上り下りする路面電車がお手伝いをしてくれます。
ただ、目の前に人々が歩いていたり、子供たちの自転車の波に巻き込まれたら一旦停止。
前が開けるまで待ちます。
トラムの走行は歩行者が優先、せっかちは禁物です。
細い路地をすれ違うトラム、対向車中の人と目が合います。
ゆっくりと一期一会を経験するリスボンの旅です。
次のページでは『人気の待ち合わせ場所、ロシオ広場』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

ポルトガルの記事を見る

どんな国?意外と知らないポルトガルの”絵になる”歴史的スポット10選
【ブラジルの世界遺産】一度は行きたいブラジルの歴史を感じる!世界遺産を全部解説
ポルトガルのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる20選
リスボン観光なら絶対行きたい絶景・観光スポット12選
アズレージョを知らなければポルトガルの芸術は語れない!アズレージョの歴史を少しだけ見てみませんか?
日本はがっかりされた国だった!?初めて日本に来たヨーロッパ、ポルトガルと日本の歴史に迫る
ポルトガルを代表する祈りの街「ブラガ」で見ておきたいスポット10選
【旅行体験記】中国とポルトガルの2つの文化が交錯する興味深い街、マカオ
ポルトガル「城郭都市オビドス」に見とれてしまう絶景6選
ノスタルジックな風景がいっぱい!ベトナム・ホイアンの魅力5選
大自然の神秘…ポルトガルで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景
日本にも大きな影響を与えたポルトガル第二の都市、ポルト歴史地区