パリ観光で定番を回るならここ!絶対行きたい見どころ・スポットまとめ

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。フランス・パリの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。

芸術の都・パリのオルセー美術館

芸術の都・パリのオルセー美術館

image by iStockphoto / 58705176

オルセー美術館は中規模で外観の美しいことが特徴です。
この美術館はもともと1900年のパリ万博博覧会開催の際にオルセー駅の鉄道駅舎兼ホテルとして建設されました。
主に19世紀美術を展示している美術館で、印象派の画家の作品が数多く所蔵されていることで有名です。
絵画・彫刻・写真・グラフィックアートから家具・工芸品まで幅広くさまざまな作品が展示されています。
半日から1日をかけてゆっくり見て回りたい美術館です。

オルセー美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 オルセー美術館
名称(英語) Musee d\’Orsay
住所 1, Rue de la Légion d\’Honneur, 75007 Paris, France
営業時間・開場時間 9:30-21:45
利用料金や入場料 11ユーロ
参考サイト http://www.musee-orsay.fr
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オルセー美術館のスポットページ

ゴシック建築の代名詞ノートルダム大聖堂

ゴシック建築の代名詞ノートルダム大聖堂

image by iStockphoto / 59292570

フランスを代表する大聖堂といっても過言ではないノートルダム大聖堂はセーヌ川の小島に建つ大聖堂で「聖母マリア」のことを刺しており、ゴシック建築の建物としても世界的に有名です。
周辺の文化遺産とともに1991年にユネスコの世界遺産に登録されました。
映画や小説の舞台としても有名で、世界のおすすめスポットランキングにも常に登場するほどフランスを代表する観光地です。
中央の門には最後の審判が描かれています。
内部は高さ33メートルにもおよび厳かで神聖な空気に包まれています。

ノートルダム大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 ノートルダム大聖堂
名称(英語) Notre Dame Cathedral
住所 6 Parvis Notre-Dame | Place Jean-Paul II, 75004 Paris, France
営業時間・開場時間 8:00-18:45
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.notredamedeparis.fr/-English-
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ノートルダム大聖堂のスポットページ

「星の広場」に建つパリの凱旋門

「星の広場」に建つパリの凱旋門

image by iStockphoto / 87792271

シャンゼリゼ大通りの西端のシャルル・ド・ゴール広場にあるのがエトワール凱旋門で、凱旋門と言えばこの門を指すことが多いです。
世界有数の観光スポットでエッフェル塔と並ぶフランス・パリの定番観光地として根強い人気があります。
かの有名な英雄ナポレオン1世によって建設され、アウステルリッツの戦いの勝利を記念して造られた戦勝記念碑です。
高さが50メートル、幅45メートルもあり巨大な新古典主義建築です。
外観見学と合わせて、凱旋門の上に登ることもできます。

凱旋門の住所・アクセスや営業時間など

名称 凱旋門
名称(英語) Arc de Triomphe
住所 Place Charles de Gaulle Etoile, 75008 Paris, France
営業時間・開場時間 10:00-10:30
利用料金や入場料 9.5ユーロ
参考サイト https://www.monuments-nationaux.fr
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

凱旋門のスポットページ

パリのシンボル、エッフェル塔

パリのシンボル、エッフェル塔

image by iStockphoto / 51180428

言わずと知れたパリの名所、エッフェル塔です。
1889年の万博博覧会のために会場のモニュメントとして建設された鉄塔で建築技師のギュスターヴ・エッフェルによって建設されました。
高さは324mあり、高さ57.6m、115.7m、276.1mの3ヵ所に展望台が設けられていて、第2展望台までは階段で上ることもできます。
エッフェル塔はエトワール凱旋門と並んで、パリの観光地の代名詞ともなっています。
その姿は昼間見ても見ごたえがありますが夜にはライトアップされた姿も最高です。
内部はパリの景色を一望できるレストランがあり、景色を楽しみながら食事ができます。








エッフェル塔の住所・アクセスや営業時間など

名称 エッフェル塔
名称(英語) Eiffel Tower
住所 5 avenue Anatole France, 75007 Paris, France
営業時間・開場時間 09:00-24:00
利用料金や入場料 17ユーロ
参考サイト http://www.toureiffel.paris/jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

エッフェル塔のスポットページ

「モナリザ」で有名なパリのルーブル美術館

「モナリザ」で有名なパリのルーブル美術館

image by iStockphoto / 32527868

世界最大の美術館として名高いルーブル美術館はその広大さや展示物の多さで有名で、とても1日ではまわりきれません。
ルーブル美術館はパリ中心部1区のセーヌ川右岸に位置しているフランスの国立美術館で、収蔵品は380000点以上にもなります。
フランス王フィリップ2世が12世紀にもともと要塞として建設した「ルーヴル城」に収容されていて、幾度となく増改築を繰り返して現在のルーヴル美術館の姿となっています。
現在ナポレオン広場に設置されたガラス製のピラミッド「ルーブル・ピラミッド」はメイン・エントランスとして使用されています。

ルーブル美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ルーブル美術館
名称(英語) Musee du Louvre
住所 99 rue de Rivoli, 75001 Paris, France
営業時間・開場時間 9:00-18:00
利用料金や入場料 15ユーロ
参考サイト http://www.louvre.fr
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ルーブル美術館のスポットページ

パリ市内で最も美しいシャンゼリゼ大通り

パリ市内で最も美しいシャンゼリゼ大通り

image by iStockphoto / 84361847

シャンゼリゼ大通りとはパリの市内北西部にある大通りで、シャルル・ド・ゴール広場からコンコルド広場へまっすぐ伸びていて、カフェが多く立ち並びお店も数多くあるので買い物を楽しむことができます。
道幅が広いので歩きやすく、マロニエの並木道になっていて、世界で最も美しい通りとも称されています。
「オー・シャンゼリゼ」という曲で日本でもおなじみです。
自転車レースの「ツール・ド・フランス」のゴール地点としても使われています。

シャンゼリゼ大通りの住所・アクセスや営業時間など

名称 シャンゼリゼ大通り
名称(英語) Champs-Elysees
住所 Avenue des Champs Elysees, 75008 Paris, France
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://jp.france.fr/ja/information/38795
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シャンゼリゼ大通りのスポットページ

近年注目のモンマルトルの丘

近年注目のモンマルトルの丘

image by iStockphoto / 85635929

モンマルトルはパリでも一番高い丘で、長い間パリから独立した村でしたが、1860年に一部がパリに併合されました。
現在ではパリ側の地域を指すようになり、パリの観光名所が数多くあることでも有名です。
モンマルトル博物館にはその昔、モンマルトルがブドウ畑だった時代からの歴史を知ることができます。
またかつては芸術家の多く集まる街でした。
19世紀半ば、ヨハン・ヨンキントらがパリの大改造で市内を離れ農村風景の残るモンマルトルへと居を移すようになりました。
有名な画家、ゴッホやルノワール、ユトリロらもここに居を構えていました。
次のページでは『悲しい歴史を持つコンコルド広場』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

フランスの記事を見る

そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
フランス観光で行きたい!マニアックな歴史的観光地区10選
【フランス世界遺産一覧】絶景も歴史もすべてここに!フランスの世界遺産を全部解説
パリ観光で行きたい!歴史的観光名所をぐるりと一巡り
フランス旅行でいきたい!フランスで絶対見ておくべき歴史的スポットは?
18時間以上続く「世界一長いピアノ音楽」を生んだエリック・サティとは?
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【フランスの世界遺産】42個の世界遺産を全部一挙ご紹介!(2017年時点)
【映画「レ・ミゼラブル」の時代背景】ジャンバルジャンはなぜパンを盗んだ?実はフランス革命の後の出来事って本当?
【元住民が解説】エッフェル塔の観光完璧ガイド
【時代背景】ディズニー/劇団四季「ノートルダムの鐘」を観る前に知っておきたいパリの歴史