イタリア・フィレンツェの観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。イタリア・フィレンツェの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。

夕暮れに染まる大聖堂

ルネサンスが誕生した街フィレンツェ。
その中心にどっしりとたたずむサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂。
建設当時は世界一の大きさを誇ったクーポラは、名建築家のブルネッレスキの天才的な発案によって造り上げられました。
一説によれば、現在の技術をもってしても、まったく同じ建設方法は不可能だとさえ言われている名建築です。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂
名称(英語) Cattedrale di Santa Maria del Fiore
住所 Piazza del Duomo, Firenze
営業時間・開場時間 10:00 – 17:00(場所により異なる)
利用料金や入場料 15ユーロ
参考サイト https://www.ilgrandemuseodelduomo.it/monumenti/1-cattedrale
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のスポットページ

ダヴィデ像とドゥオモ

ダヴィデ像とドゥオモ

image by iStockphoto / 20377367

フィレンツェの中心にそびえるドゥオモ。
そして天才ミケランジェロが作ったダヴィデ像。
どちらもフィレンツェを代表する建造物として、一目見ようという観光客を世界中から呼び集める役割を果たしています。
本物のダヴィデ像はアカデミア美術館に置かれていますが、この街ではあちこちでそのレプリカを目にすることもできます。

アカデミア美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 アカデミア美術館
名称(英語) La Galleria dell\’Accademia a Firenze
住所 Via Ricasoli, 58/60, 50121 Firenze
営業時間・開場時間 8:15 – 18:45 月曜休館
利用料金や入場料 8ユーロ
参考サイト http://www.galleriaaccademiafirenze.beniculturali.it/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アカデミア美術館のスポットページ

フィレンツェの夕暮れ

フィレンツェの夕暮れ

image by iStockphoto / 68929297

まさにこの街を代表する絵葉書のような景観。
ダヴィデ像のレプリカが置かれている高台のミケランジェロ広場からの眺めです。
夕日に照らされてその色合いがさらに際立つ建物。
街中に溢れる緑。
夕日に照らされて金色に輝くアルノ川にかかるヴェッキオ橋。
どんなに遠くからでも一目でそれとわかる花の聖母大聖堂。
やはり一生に一度は目に焼き付けたい光景ではないでしょうか。

ミケランジェロ広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 ミケランジェロ広場
名称(英語) Piazzale Michelangelo
住所 Piazzale Michelangelo, 50125 Firenze
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://it.wikipedia.org/wiki/Piazzale_Michelangelo
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ミケランジェロ広場のスポットページ

カラフルな革細工

カラフルな革細工

image by iStockphoto / 93069307

革製品でも名高いフィレンツェの街中には、数々のレザーショップが軒を並べています。
お土産品としても便利な財布やベルト、馬蹄形コインケースから、本格的なブリーフケースやレザージャケットまで、革製品を見て回るだけでも十分に楽しめます。
イタリアらしく色揃えも豊かです。
日本では手に入りにくい、カラフルな手作りレザーグッズはフィレンツェのおススメ品です。








糸杉が並ぶ丘の小道

糸杉が並ぶ丘の小道

image by iStockphoto / 8897649

フィレンツェから少し南の方へ足を伸ばすと、世界遺産に指定されているオルチャ渓谷があります。
なだらかに広がる緩やかな丘のあちこちには、オリーブやブドウ、小麦などが植えられています。
そしてトスカーナ州を象徴する糸杉が、小高い丘の上へと続く道の両側にこうして植えられているのです。
これは遠くからでも、それぞれの家に続く道がわかりやすくするためだそうです。

オルチャ渓谷の住所・アクセスや営業時間など

名称 オルチャ渓谷
名称(英語) Val d\’Orcia
住所 Val d\’Orcia, Pienza, SI, Italia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://visitaly.jp/unesco/val-dorcia
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オルチャ渓谷のスポットページ

教会のファサードから

教会のファサードから

image by iStockphoto / 74968773

鉄道駅のすぐそばに建つサンタ・マリア・ノヴェッラ教会。
そのファサードには、他の教会にはみられない特徴があります。
それがこの古代ローマ風の飾りです。
その設計をしたルネサンス期の建築家であり、人文学者でもあったレオン・バティスタ・アルベルティは、古代ローマの建築様式に精通していました。
そんな背景を思い浮かべながら、様々な建物のディテールに目を凝らしてみると、まだまだたくさんのことが発見できるはずです。

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 サンタ・マリア・ノヴェッラ教会
名称(英語) Basilica di Santa Maria Novella
住所 Piazza di Santa Maria Novella, 18, 50123 Firenze
営業時間・開場時間 9:00 -19:00(4月-9月), 9:00 – 17:30(10月-3月), 金土日祝は開館時間が異なる
利用料金や入場料 5ユーロ
参考サイト http://www.smn.it/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サンタ・マリア・ノヴェッラ教会のスポットページ

ヴェッキオ橋と花火

ヴェッキオ橋と花火

image by iStockphoto / 32406058

6月24日はフィレンツェの守護聖人サン・ジョバンニの日。
この日は夜10時頃から、小高い丘の上にあるサンミニアート教会の方からたくさんの花火が上がります。
初夏の花火を楽しもうという家族連れで、川沿いの道路は溢れかえり、通り抜けるのも一苦労するほどです。
夏休みには少し早いけれど、ちょうどこの時期にフィレンツェを訪れることができたらラッキーですね。
次のページでは『ヴェッキオ橋と川向う』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

イタリアの記事を見る

神戸・三宮デートでイタリアンならここ!予約推奨&記念日対応OKなイタ飯レストランランキングTOP7
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコース3選【ローマ在住15年超の筆者が伝授!】
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
イタリア在住15年の私が決める!イタリア観光スポットランキングBEST 20
毒殺に暗殺!?スキャンダラスな一族「ボルジア家」とは
日本でも話題の世界最古の薬局!イタリアフィレンツェにある「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」の歴史を調べてみた
【イタリア在住者が伝授】イタリア観光の攻め方&モデルコースを徹底解析
「ローマの休日」を辿るイタリア・ローマ観光のすすめ。観光スポット・舞台はここ!
ヨーロッパ最大の帝国となったローマ!ローマはなぜ帝国になったの?ローマ帝国への道
政府公認観光ガイドが伝授!アルベロベッロとプーリア州
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選
政府公認観光ガイドが伝授!愛の小道を歩きたいチンクエテッレ