ドイツ・ケルンの観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。ドイツ・ケルンの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。

ケルン大聖堂とホーエンツォレルン橋

ケルン大聖堂とホーエンツォレルン橋

image by iStockphoto / 39905182

ケルンは、2000年以上の歴史があり、人口100万人を超える、ドイツで4番目に大きな都市です。
西側のノルトライン=ヴェストファーレン州にあります。
大きなライン川が街の中心に流れ、両岸に市街がひろがっています。
ライン川と、ホーエンツォレルン橋越しに見るケルン大聖堂は一番のフォトスポットで、夜景も魅力です。

旧市街のカラフルな家

旧市街のカラフルな家

image by iStockphoto / 85953933

ホーエンツォレルン橋の近くにある、旧市街は、カラフルな家が立ち並びます。
メルヘンの世界に迷い込んだような景色は、まるで絵本の中にいるようです。
ライン川沿いにあるので、休日の天気のよい日はたくさんの人が日光浴やビールを飲んで楽しんでいます。
おしゃれなカフェや、レストランもあるので、観光客にも人気のスポットです。

カーニバル

カーニバル

image by iStockphoto / 36269584

ケルンと言えば、ドイツの中でも三大カーニバルといわれる、ケルン・カーニバルが有名です。
毎年2月に数日間開催されます(毎年日程は違います)。
おおらかで、気さくな人柄のケルンの市民は、老若男女街中の人達がそれぞれに好きな仮装をして、ビールを飲んで楽しみます。
国内外から100万人が訪れる伝統的なイベントです。

クリスマスマーケット

クリスマスマーケット

image by iStockphoto / 22242307

ドイツ各地で開催されるクリスマスマーケット。
ケルンのマーケットも、たくさんの店が並びます。
クリスマスには家族をはじめ、友人知人にプレゼントを配る習慣があるので、この時期はたくさんのプレゼント商品が街中を埋め尽くします。
夜の美しい照明の中に並ぶクリスマスを楽しむ商品は、観光客の目も楽しませてくれます。







ホーエンツォレルン橋

ホーエンツォレルン橋

image by iStockphoto / 72846315

ホーエンツォレルン橋はケルンのライン川に架かる橋で、鉄道と歩行者用の橋で、ケルン中央駅とケルン・メッセドイツ駅を結んでいます。
橋のフェンスには、観光客のカップルによる「愛の南京錠」がびっしりと取り付けられています。
ここから眺めるケルン大聖堂は素晴らしく、夕日が照らす時間はデートコースにもおススメです。

ホーエンツォレルン橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 ホーエンツォレルン橋
名称(英語) Hohenzollern Bridge
住所 50679 Cologne, Germany
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%83%AB%E3%83%B3%E6%A9%8B
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ホーエンツォレルン橋のスポットページ

ケルン大聖堂

ケルン大聖堂

image by iStockphoto / 29020910

ケルンといえば、中央駅を出てすぐ目に飛び込んでくるケルン大聖堂です。
正式名称はザンクト・ペーター・ウント・マリア大聖堂。
高さ157m、ゴシック様式の建築では世界最大です。
とにかく大きいので、写真を撮るにも全てを入れるのは困難です。
中に入ると、ステンドグラスからの光が辺りを照らし、神聖な気持ちになります。

ケルン大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 ケルン大聖堂
名称(英語) Cologne Cathedral
住所 Domkloster 4, 50667 Köln, Germany
営業時間・開場時間 現地時間:夏期6:00-21:00、冬期6:00-21:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.koelner-dom.de/index.php?id=19167&L=1
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ケルン大聖堂のスポットページ

ルートヴィヒ美術館

ルートヴィヒ美術館

image by iStockphoto / 63061849

ケルン中央駅の近くにある、ルートヴィヒ美術館は、ポップアート、抽象絵画、シュルレアリスムを中心に近代?現代美術のコレクションが充実しています。
斬新な企画展はもちろん魅力的ですが、常設展示の作品も有名な物ばかり。
ピカソの作品の収蔵数がヨーロッパで一番多いと言われ、ピカソファンはもちろん、近代美術ファン必見の美術館です。
次のページでは『ケルン=コロン香水』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

ドイツの記事を見る

ドイツの歴史をたどる中世都市の旅
ミュンヘン観光で行きたい、世界遺産&歴史スポットあれこれ
「国母」として16人の子どもを生んだマリア・テレジアの歩んだ歴史
全世界に戦火が飛んだ第二次世界大戦の歴史
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった
ドイツ旅行なら「テレビ塔」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?
中部ドイツ・バッハゆかりの美しい街をめぐる旅
ブドウ畑が美しい、ドイツ「リューデスハイム」で見たい絶景10選
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
観光の前に知りたい!ドイツの近代史が詰まった「ベルリン」の歴史
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選