難攻不落の城塞!ロシア「ノヴゴロドのクレムリン」の魅力

ノヴゴロドのクレムリン。クレムリンという名を聞くと某映画を思い出し生き物?と感じる方もいるのではないでしょうか。クレムリンとは、ロシアの言葉で要塞を意味する名詞(正確にはクレムリ)。ノヴゴロドのクレムリンとは、ノヴゴロドにある要塞、という意味となっています。今回は数あるクレムリンの中からノヴゴロドのクレムリンをご紹介していきたいと思います。


緑の大地に佇む巨大な要塞

緑の大地に佇む巨大な要塞

image by iStockphoto / 85101757

眩しい黄緑色の草原の上に佇む巨大な壁。
要塞という名にふさわしく、とてもシンプルなつくりとなっています。
道ゆくものの進行を阻むように、周辺には長い壁がずらりと設置されています。

ロシアに存在する最古の要塞

ロシアに存在する最古の要塞

image by iStockphoto / 101463635

ノヴゴロドのクレムリンは、ロシア最古の要塞と謳われているんだそう。
時代の流れを感じるその存在感に圧倒されそうですね。
初期のクレムリンは今から1000年近く前に建設が始められました。
世界遺産にも登録されています。

現代のクレムリンは、どこか穏やか

現代のクレムリンは、どこか穏やか

image by iStockphoto / 101463711

太陽の光を燦々と浴び、湖に映りこむその姿はとても穏やか。
要塞という厳粛なる雰囲気というより、長い時を過ごしてきた遺跡としての側面の方が強く感じられますね。
1400年代に、初期の木造のものからレンガ造りの現在の形式に建て替えられたのだそうです。

西洋、東洋の間に位置するロシアならではの建築美

西洋、東洋の間に位置するロシアならではの建築美

image by iStockphoto / 96744699

ロシアは西洋の文化も東洋の文化にも影響された国であると言われています。
このクレムリンも要所要素でヨーロッパの建物のようなエッセンスと、中国や日本のような東洋の建物の雰囲気が感じられるのがなんだか不思議ですよね。

ぐるりと敷地内を守るように設置された壁

ぐるりと敷地内を守るように設置された壁

image by iStockphoto / 85933807

要塞内を守るよう、ぐるりと敷地を取り囲むよう巨大な壁に囲まれています。
今の私たちには、壁に囲まれた生活など想像できませんが、過去にはこの要塞内で生活をし、戦いに勤しんでいた人々がいたということを忘れてはいけないような気がします。

センチメンタルさが残る夕暮れのクレムリン

センチメンタルさが残る夕暮れのクレムリン

image by iStockphoto / 95813585

ほのかな太陽の光に照らされ、徐々に闇に飲まれていくクレムリンはどこか哀愁が漂っているようにも見えます。
イリメニ湖、ヴォルホフ川がノヴゴロドのクレムリンの周辺に位置しています。
水辺に隣接した要塞、というの理にかなっているのかもしれません。

ロシアといえば、雪国

ロシアといえば、雪国

image by iStockphoto / 83765161

一面真っ白な雪に染められたノヴゴロドのクレムリンの姿はまた格別。
全くの別世界に迷い込んでしまったような錯覚を覚えることでしょう。
どこか儚げな美しさで、思わず見とれてしまいますね。
次のページでは『雪国でしか見られない貴重な光景』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

ヨーロッパの記事を見る

神戸・三宮デートでイタリアンならここ!予約推奨&記念日対応OKなイタ飯レストランランキングTOP7
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコース3選【ローマ在住15年超の筆者が伝授!】
絶対行きたい!「麗しきヨーロッパの古城・宮殿」選りすぐり9選!
どんな国?意外と知らないポルトガルの”絵になる”歴史的スポット10選
北欧の大国スウェーデンで出会う歴史ある重厚な建造物たち
スペイン観光ならここ!魅力がギュッと詰まった歴史的スポット10選
スペイン随一の絶景「ラ・コンチャ海岸」。白い砂浜と美しい海は必見!
歴史的建造物の宝庫!魅惑の国オーストリアで中世へタイムトリップ
ビッグ・ベンって何だっけ?知っておきたいイギリスの歴史的建造物6選
ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット
そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
【マリメッコの歴史】かわいらしくて斬新なデザインが特徴、フィンランド生まれの「マリメッコ」