北欧・ノルウェー王国に行くなら「ムンク美術館」は外せない!アクセスの他、入館料を無料にする方法も解説

北欧インテリア、北欧家具、またイッタラ、アラビア、マリメッコなどの北欧食器。日本では北欧のデザインが注目されてしばらく経ち、一つのジャンルとして日本人に馴染んでいます。独自の洗練された雰囲気をもつ北欧諸国の一つにノルウェー王国(以下、ノルウェーと表記)があります。ノルウェーには見逃せないさまざまな観光スポットがありますが、なかでも外せないのが「ムンク美術館( Munch Museum )」です。






北欧有数の世界都市オスロ

北欧有数の世界都市オスロ

image by iStockphoto / 62220590

ノルウェー王国の首都であるオスロは国内最大の都市です。
北欧諸国全体で見ても影響力が大きく、世界都市と呼べるほど重要性が高い都市です。

ここには国の中枢機関や王宮もあり、街中の建物は美しく、それ自体が芸術品のようで目を奪われます。
オスロには様々な美術館や博物館がありますが、そのなかでもとりわけ「ムンク美術館」は必見といえるでしょう。

image by iStockphoto / 74920929

image by iStockphoto / 99616439

ムンク美術館とは、どんな美術館なのか?

ムンク美術館とは、どんな美術館なのか?

image by iStockphoto / 103861477

ムンク美術館とは、画家のエドヴァルド・ムンク生誕100周年を記念して1963年にオープンした美術館です。
ムンクと言えば「叫び」が有名な画家ですよね。
ムンクは「叫び」以外にも晩年まで数多くの作品を生み出しており、その絵画作品の半数以上と版画作品の全てがこの美術館に収蔵されています。
また作品だけではなく、ムンクが幼少期に描いた絵や手紙なども展示されており、ムンクの人となりを垣間見ることができる施設です。







ムンク美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ムンク美術館
名称(英語) Munch-museet
住所 Tøyengata 53, 0578 Oslo
営業時間・開場時間 10:00-16:00
利用料金や入場料 100クローネ
参考サイト http://munchmuseet.no/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ムンク美術館のスポットページ

ムンク美術館へのアクセス

ムンク美術館へのアクセス

image by iStockphoto / 104004231

ムンク美術館へは公共交通機関を用いる場合、T-baneと呼ばれる地下鉄が便利です。
地下鉄の路線は全部で5つ(2016年4月3日より前は6路線)で、美術館へはオスロ中央駅から東に向かう路線に乗りトイエン駅で下車します。
そこから徒歩3~5分ほどで到着します。

この他にバスを利用する方法もあります。
バスの場合は「ムンク美術館行き(Muncmuseet)」というバスがあるので、それに乗ると到着します。
また、公共交通機関ではなく車を利用する場合でも、美術館には駐車場があるので困ることはありません。

image by iStockphoto / 103850593

体を動かすことが好きな方には自転車という方法もあります。
オスロではレンタサイクルが普及しており、返却は市内10か所以上にある自転車置き場どこでも可能です。
美術館へ向かいがてら、サイクリングでオスロの街並みを楽しむのも素敵ですね。

関連記事を見る

ノルウェーの記事を見る

ダイナミックなフィヨルドとミッドナイトサン、ヴァイキング時代を彷彿させる!ノルウェーの歴史的スポット8選
ノルウェー観光なら次はここ!「リレハンメル」で見たい絶景10選
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
ノルウェー観光なら次はここ!可愛い色の建物が立ち並んでいるトロムソの街並み
野生のトナカイに会いに、ノルウェーのロンダン国立公園へ。その結果は?
テーマパークのような可愛い町並み!北欧の街『ベルゲン』で行くべき観光スポット10選
フィヨルドと夏の白夜が人々を魅了するノルウェーはこんな歴史を持っていた
「アナと雪の女王」モデルになったノルウェーの海洋都市「ベルゲン」の歴史
国立大学やハイテク産業研究所が集まるノルウェーの大学都市・トロンハイムで見ておきたい歴史的スポット4選
ノルウェーの首都「オスロ」で訪れたいおすすめスポット10選
ノルウェーの世界遺産の街・ローロスで見られるファンタジックな風景5選
ノルウェー最北端の地へ ノールカップを目指す最果ての旅