何気ない日常に乾杯!イタリアの「アペリティーボ」に学ぶ、日常を楽しむコツ

イタリアには、夕食前にカフェやバールで友達や家族と食前酒を飲んで過ごす「アペリティーボ」という習慣があります。人との触れ合いや会話を大切にするイタリア人らしい習慣。このアペリティーボを通して、何気ない日常も楽しくリラックスして過ごせます。仕事に追われがちな平日の夕方、ちょっとリラックスして一日を振り返ってみても良いかもしれません。

仕事終わりや夕食の前にのんびり一杯「アペリティーボ」の習慣

仕事終わりや夕食の前にのんびり一杯「アペリティーボ」の習慣

image by iStockphoto / 91583925

「アペリティーボ(aperitivo)」とはイタリア語で食前酒という意味。
食前酒は食欲を促進する効果があると言われており、パスタや肉・デザートまでたっぷりと食べるイタリア人が夕食をより美味しく食べるために飲んでいたのが始まりといわれています。
今では夕食前にワインやカクテルと一緒に軽食をつまむ欠かせない習慣として定着しています。

image by iStockphoto / 64812335

またアペリティーボは単に「飲む」というだけでは無く、「新しい靴を履いてみたから」「夕焼けが綺麗だから」などなど、何気ない日常の小さなことに乾杯して、なんでもない日を楽しむスパイスでもあるんです。

日常を楽しむことの上手いイタリア人、どんな感じでアペリティーボをしているのかご紹介します。

アペリティーボは18時頃から

アペリティーボは18時頃から

image by iStockphoto / 58087804

地域にもよりますが、アペリティーボはだいたい18~19時頃から始まります。
日本と異なるのは、軽く一杯飲んであまり長居しないこと。
アペリティーボの後は家やレストランでゆっくりと夕食を食べるので、軽く乾杯した後は夕食に向かいます。

アペリティーボの時間帯にバールやカフェで注文すると、ドリンクとセットでおつまみが出てきます。
おつまみと言っても、ワンプレートにハムやミニピザ、大粒のオリーブが盛られていたりと充実。
ミラノなどの北イタリアでは、ブッフェ形式の充実した軽食を楽しむのが主流。
一方ナポリなどの南イタリアでは、ワンプレートや軽いおつまみが主流。
日本にも普及してほしい、お財布にも優しいシステム。

旅行者も楽しめる、美味しい習慣

旅行者も楽しめる、美味しい習慣

image by iStockphoto / 92411559

レストランだと量が多すぎて好きな分だけオーダ出来なかったり、一人旅だとお店に入りずらかったり…と海外での食事は何かと気を使ってしまうもの。

でもアペリティーボなら、一人で立ち寄るイタリア人も多く、料理もオーダーする必要が無いのでさっと立ち寄れます。
地域やお店ごとに味や雰囲気も異なるのでお気に入りの一軒を見つけみるもの旅の楽しみ。







日常の小さな喜びに乾杯

日常の小さな喜びに乾杯

image by iStockphoto / 88326681

「アペリティーボ」は、美味しいワインやドリンクを楽しむという目的ももちろんありますが、それ以上におしゃれべりやリラックスすることも大切な目的の一つ。
今日一日の出来事や、テレビのニュースなど日常の会話を楽しみます。
日本で「飲みに行く」というと、お祝いごとやイベント等の何かをしに行くことをイメージしがち。
アペリティーボと大きく違うのは、何かをしに行くのでは無くて何もない日を楽しむ、小さなことを喜ぶということ。

日本で馴染みの薄いアペリティーボ。
いきなり始めるのは難しいですが、小さな喜びに乾杯するなら日本でもすぐにできます。
一日頑張ったご褒美に、小さな喜びに、夕食前に乾杯してみるのもいいかもしれません。

「何でもない日」を楽しもう!

アペリティーボにルールはありません。
必要なのは、小さな事やちょっとしたことをお祝いする楽しい気持ち。
イタリアでアペリティーボをする機会が無くても、自分の周りのちょっとしたことをお祝いして何でもない日に乾杯しましょう! 何気ない日常が、大切な今日に変わるかもしれません。
もちろん、イタリアに旅行する際は本場のアペリティーボにも挑戦してみてくださいね!
photo by iStock