美しいだけじゃない!パリの世界遺産「セーヌ河岸」の歴史や特徴は?

フランスのパリへ旅行に来たら「セーヌ河岸」にある観光スポットをチェックしてみましょう。なぜならパリは街の中心を東から西に向かってセーヌ河が流れており、河を中心に栄えてきたといっても過言ではないからです。セーヌ河の両岸に立つ、パリの長い歴史を伝える貴重な遺産の数々を散策してみましょう。

「セーヌ河岸」ってどんなところ

「セーヌ河岸」ってどんなところ

image by iStockphoto / 72029225

世界遺産に登録された「セーヌ河岸」とは、フランス・パリの中心部にあるサン・ルイ島東端のシュリー橋からエッフェル塔前のイエナ橋までの約5kmの区間のことです。
ここには2300年の間積み重ねられてきた各時代の建築物が並んでいます。

またセーヌ河はパリがヨーロッパ随一の大都市に発展するのに、重要な交易ルートとしての役割も担ってきました。

夜のライトアップも美しい

夜のライトアップも美しい

image by iStockphoto / 43488780

セーヌ河岸の美しさは昼間だけではありません!ぜひ夜のライトアップも楽しんでみてください。
エッフェル塔、ノートル・ダム大聖堂といった観光スポットの昼間とは一味違う魅力気づけるはずです。
河岸には歩道がある場所も多いので、夜風に吹かれながら散歩をしてみるのもいいですね。

セーヌ河の中州にそびえ立つ「ノートル・ダム大聖堂」

セーヌ河の中州にそびえ立つ「ノートル・ダム大聖堂」

image by iStockphoto / 83072867

セーヌ河岸でぜひ見ておきたい、おすすめスポットをご紹介したいと思います。

まず1つめは、ノートル・ダム大聖堂です。
セーヌ河の中州であるシテ島にあります。
フランス・カトリックの総本山であるノートル・ダム大聖堂は、見事の彫刻の数々でゴシック宗教建築の最高峰とも言われています。

アクセス:メトロ4号線シテ駅から徒歩3分

料金:無料、塔€10(2016年1月現在)

ノートルダム大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 ノートルダム大聖堂
名称(英語) Cathedrale Notre-Dame
住所 6 Parvis Notre-Dame – Pl. Jean-Paul II, 75004 Paris
営業時間・開場時間 8:00 – 18:45
利用料金や入場料 無料, 塔10ユーロ
参考サイト http://www.notredamedeparis.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ノートルダム大聖堂のスポットページ

世界最大級の芸術の殿堂「ルーヴル美術館」

世界最大級の芸術の殿堂「ルーヴル美術館」

image by iStockphoto / 31365486

ルーヴル美術館は1793年に開館した国立美術館です。
あの有名な「モナリザ」や「ミロのヴィーナス」など名だたる絵画や彫刻を所蔵しています。
建物はかつてのルーヴル宮という城館で、大きさはなんとセーヌ河にかかるロワイヤル橋からポン・デザール橋まで約1kmにもなります。

アクセス:メトロ1・7号線パレ・ロワイヤル・ミュゼ・デュ・ルーヴル駅から徒歩3分

料金:ドラクロワ記念館との共通券€15、18歳未満無料(2016年1月現在)








ルーヴル美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ルーヴル美術館
名称(英語) Louvre Museum
住所 Place du Carrousel, 75001 Paris
営業時間・開場時間 月木土日 9:00 – 18:00, 水金9:00 – 21:45, 火曜休館
利用料金や入場料 15ユーロ(ドラクロワ記念館との共通券),18歳未満無料
参考サイト http://www.louvre.fr/jp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ルーヴル美術館のスポットページ

パリのランドマークはセーヌ河と相性抜群

パリのランドマークはセーヌ河と相性抜群

image by iStockphoto / 57495018

セーヌ河背後にそびえ立っているのが、エッフェル塔です。
エッフェル塔は1889年に開催されたパリ万国博覧会の目玉として建設されました。
当初は博覧会後に取り壊される予定でしたが、電波塔として残され、今ではパリを代表する景観となっています。

セーヌ河越しのエッフェル塔を眺めるなら、ビラケム橋からがおすすめですよ。

アクセス:RER C線シャン・ド・マルス・トゥール・エッフェル駅から徒歩5分

料金:2階まで€7(階段)、€11(エレベーター) 最上階まで€17(エレベーター)

   (2016年1月現在) 子ども料金別途あり

エッフェル塔の住所・アクセスや営業時間など

名称 エッフェル塔
名称(英語) La tour Eiffel
住所 Champ de Mars, 5 Avenue Anatole France, 75007 Paris
営業時間・開場時間 9:30 – 11:00(9/2-6/14), 9:00 – 0:00(6/15-9/1)
利用料金や入場料 大人17ユーロ, ユース(12~24歳)8.50ユーロ, 子供4ユーロ
参考サイト http://www.toureiffel.paris/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

エッフェル塔のスポットページ

かつて駅舎だった建物にも注目「オルセー美術館」

かつて駅舎だった建物にも注目「オルセー美術館」

image by iStockphoto / 4191503

オルセー美術館はセーヌ河をはさんでルーヴル美術館の対岸に位置します。
所蔵・展示されているのは印象派を代表するモネやルノワールといった作家たちの作品です。

かつてオルセー駅舎だった頃の名残をとどめる金色の大時計や吹き抜けのドームとプラットホームといった建物にもぜひ注目してみてください。

アクセス:メトロ12号線ソルフェリノ駅から徒歩10分

料金:€12、18~25歳€9(2016年1月現在)

オルセー美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 オルセー美術館
名称(英語) Musee d\’Orsay
住所 1 Rue de la Legion d\’Honneur, 75007 Paris
営業時間・開場時間 9:30 – 18:00(火曜は9:00まで), 月曜休館
利用料金や入場料 12ユーロ, 18~25歳9ユーロ, 18歳以下無料
参考サイト http://www.musee-orsay.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オルセー美術館のスポットページ

パリの暗い歴史を伝える「コンシェルジュリー」

パリの暗い歴史を伝える「コンシェルジュリー」

image by iStockphoto / 83904995

コンシェルジュリーはとんがり屋根の3つの塔をもつ建物で、セーヌ河の右岸からシテ島を眺めると見つけることができます。
14世紀前半にフィリップ4生が建てた城で、フランス革命時にはマリー・アントワネットの独房にもなっていた場所です。
現在は博物館になっており、当時の歴史を知ることができます。

アクセス:メトロ4号線シテ駅から徒歩3分

料金:€8.5(2016年1月現在)

次のページでは『ギリシャ神殿風の現国民議会』を掲載!
次のページを読む >>