イタリア・フィレンツェ旅行ならここ!絶対行きたい観光スポット・大聖堂・美術館18選

次の連休を見つけたら、常に旅行の計画を企ててしまう…そんな旅行好きの方も、非日常の世界へ旅立ちたい方も、次はイタリア・フィレンツェへの旅お出かけはいかかがでしょうか。きっとあなたを魅了する観光スポットが見つかるはず。


花の聖母大聖堂 ドゥオーモ

花の聖母大聖堂 ドゥオーモ

image by iStockphoto / 87989315

フィレンチェを代表するイメージといえば、まず思い浮かべるのはこの優雅で美しいドゥオーモではないでしょうか。
街のどこからでも眺めることのできるドゥオーモはフィレンチェのシンボルです。
ドゥオーモの外観は「花の聖母大聖堂」と呼ばれるだけあって、荘厳で重厚でありながら、繊細で美しい装飾が施されています。
聖堂内の天井壁画「最後の審判」もうっとりため息が出る素晴らしさです。
ドゥオーモに登ることもできるのですが、ドゥオーモとフィレンチェの街並みを同時に写真に収めたいのなら、隣にあるジョットの鐘楼に登る必要があります。
400段を超える階段で最上階まで行くと、そこにはこの絶景が待っています。

ドゥオーモの住所・アクセスや営業時間など

名称 ドゥオーモ
名称(英語) Duomo
住所 Piazza del Duomo, 50122 Firenze
営業時間・開場時間 10:00-17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://operaduomo.firenze.it/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ドゥオーモのスポットページ

アカデミア美術館

アカデミア美術館

image by iStockphoto / 50472498

image by iStockphoto / 26985066

19世紀に開館された、アカデミア美術館。
なんといってもここの目玉は、ミケランジェロの最高傑作と言われている“ダヴィデ像”!街のいたるところに置かれているレプリカではなく、正真正銘の本物ですよ。
大理石から掘り出すその過程を見ることのできる、ミケランジェロの貴重な未完の作品も置いてあります。
せっかくフィレンツェに訪れたのならここは欠かさずに押さえておきたい場所です。

とても人気の観光地なので、行列は当たり前だそうで、予約をしていくのがおすすめ。
予約をしていても並ぶことは必至だそうですが、はるかに時間は短縮されます。

アカデミア美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 アカデミア美術館
名称(英語) Galleria dell\’Accademia
住所 Via Ricasoli 60, 50122 Firenze
営業時間・開場時間 8:15-18:50
利用料金や入場料 12.5ユーロ
参考サイト http://www.accademia.org/it/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アカデミア美術館のスポットページ

サンタ マリア ノヴェッラ教会

サンタ マリア ノヴェッラ教会

image by iStockphoto / 64420065

サンタマリアノヴェッラ駅から程近いところにある教会です。
荘厳で重厚な「花の聖母大聖堂ドゥオーモ」とはまた違った、美しさがあります。
数え切れないほどの重要な美術作品が収められており、見どころは沢山ありますが、中でもマザッチョ作の「三位一体」とブルネレスキ「十字架像」は見逃すことはできません。
教会は大きくないですが、ギルランダイオのフレスコ画などじっくりと時間をかけて鑑賞したい作品が多いのが特徴です。
教会前には花壇のある大きな広場があり、地元の方がくつろぐ様子を見ることができます。

サンタ マリア ノヴェッラ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 サンタ マリア ノヴェッラ教会
名称(英語) Santa Maria Novella
住所 Piazza di Santa Maria Novella, 18, 50123 Firenze
営業時間・開場時間 9:00-17:00
利用料金や入場料 5ユーロ
参考サイト http://www.smn.it/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サンタ マリア ノヴェッラ教会のスポットページ

ヴェッキオ橋

ヴェッキオ橋

image by iStockphoto / 74529571


image by iStockphoto / 68361129

フィレンツェを流れる川、アルノ川に架かる橋です。
正式名称は「ポンテ・ヴェッキオ」これはイタリア語で“古い橋”を意味しています。
その名の通り、フィレンツェで最も古い橋です。
氾濫などで何度か修繕はされているようですが。
夜にはライトアップされ、昼間とはまた違った表情を見せてくれます。

橋の真ん中には、シニョリーア広場に設置されている、ペルセウス像の作者である“チェッリーニ”という人物の彫像が置かれています。
橋の真ん中に彫像が置かれるほどの人物…チェッリーニがどのような人物だったのか気になります。

河川の氾濫で流されたこともありますが、1345年に再建され、今なお中世の形をそのまま残している歴史の長さも、しみじみと感じてしまいます。

橋の上には、時計店と宝飾店がたくさん建ち並んでいるので観光がてらショッピングを楽しむことができます。
アルノ川沿いから見るヴェッキオ橋は、何ともいえない趣があります。
とりわけ、夕暮れ時に、少し離れた川岸から見るとヴェッキオ橋の美しさが一層際立ちますね。

ヴェッキオ橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 ヴェッキオ橋
名称(英語) Ponte Vecchio
住所 Ponte Vecchio, 50125 Firenze
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.visitflorence.com/florence-monuments/ponte-vecchio.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ヴェッキオ橋のスポットページ

ウッフィツィ美術館

ウッフィツィ美術館

image by iStockphoto / 102151361

ルネッサンス美術の集大成ともいえる美術館です。
展示室の番号順に古代彫刻から18世紀絵画まで展示されており、美術様式の変遷を理解しやすい造りになっています。
ボッティチェッリの「春」「ヴィーナス誕生」、レオナルド・ダヴィンチの「受胎告知」、ラファエロ「ひわの聖母」など、見ごたえのある作品がずらりと展示されています。
教科書や美術書等で一度は見たことのある作品も多いので、美術品に普段興味がない方も楽しむことができるでしょう。
また、美術館の建物自体も美しく、フィレンチェ観光には外せない場所です。

ウッフィツィ美術館の住所・アクセスや営業時間など

名称 ウッフィツィ美術館
名称(英語) Galleria degli Uffizi
住所 Piazzale degli Uffizi 6, 50122 Firenze
営業時間・開場時間 8:15-18:50
利用料金や入場料 8ユーロ
参考サイト http://www.polomuseale.firenze.it/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ウッフィツィ美術館のスポットページ

ヴェッキオ宮殿

ヴェッキオ宮殿

image by iStockphoto / 82992243

シニョーリア広場に面し、ウッフィツィ美術館の横に建っている、高さ94mの鐘楼が印象的な宮殿です。
優美なゴシック建築で建てられたこの宮殿内部には、ヴァザーリが担当したルネサンス期の歴史空間が広がっており、素晴しいの一言です。
ヴァザーリの壁画の裏にレオナルド・ダ・ヴィンチの幻の壁画が有るのではとも言われており、そのことに思いを馳せながら見学するのも一興ではないでしょうか。
今現在は、フィレンツェ市庁舎として使われています。

ヴェッキオ宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 ヴェッキオ宮
名称(英語) Palazzo Vecchio
住所 Piazza della Singnoria, 50122 Firenze
営業時間・開場時間 9:00-23:00
利用料金や入場料 10ユーロ
参考サイト https://it.wikipedia.org/wiki/Palazzo_Vecchio
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ヴェッキオ宮のスポットページ

サン マルコ美術館

サン マルコ美術館

image by iStockphoto / 65402937

14世紀に建設された修道院で、現在は美術館としても公開されています。
ドメニコ派の修道僧である、フラ・アンジェリコの作品が多く収蔵されています。
中でも、アンジェリコの最高傑作と言われる「受胎告知」は、思わず息をのむ美しさです。
天使の画僧と呼ばれる、フラ・アンジェリコの宗教画はどれも神秘的で、気品に溢れています。
ウッフィツィ美術館のように混雑していないので、ゆっくりと静かに、贅沢な環境で絵画を鑑賞することができます。
次のページでは『ボーボリ庭園』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

イタリアの記事を見る

神戸・三宮デートでイタリアンならここ!予約推奨&記念日対応OKなイタ飯レストランランキングTOP7
イタリア観光、リピーターにおすすめのマニアックコース3選【ローマ在住15年超の筆者が伝授!】
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
イタリア在住15年の私が決める!イタリア観光スポットランキングBEST 20
毒殺に暗殺!?スキャンダラスな一族「ボルジア家」とは
日本でも話題の世界最古の薬局!イタリアフィレンツェにある「サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局」の歴史を調べてみた
【イタリア在住者が伝授】イタリア観光の攻め方&モデルコースを徹底解析
「ローマの休日」を辿るイタリア・ローマ観光のすすめ。観光スポット・舞台はここ!
ヨーロッパ最大の帝国となったローマ!ローマはなぜ帝国になったの?ローマ帝国への道
政府公認観光ガイドが伝授!アルベロベッロとプーリア州
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選
政府公認観光ガイドが伝授!愛の小道を歩きたいチンクエテッレ