アイルランドで唯一城壁が残る城郭都市「北アイルランド・ロンドンデリー」で見る観光スポット4選

ロンドンデリーは、北アイルランドで首都ベルファストに次ぐ第2の都市。546年に守護聖人コルムキルが修道院を建設し「デリー・コルムキル」という名前になりますが、17世紀にイギリス支配下になると「ロンドンデリー」に名を変え城壁が完成。現在は国で唯一城壁が残る地となり、そこから「歴史的な城郭都市」として人気となっています。今回はそんなアイルランド唯一の城郭都市・ロンドンデリーの観光スポットを見てみましょう。

街の城壁で戦いの歴史を知る

街の城壁で戦いの歴史を知る

image by iStockphoto / 72636505

アイルランドで唯一城壁が残る街ということで、まずはその城壁を見てみましょう。
城壁はイングランド、スコットランドから移った人々を守るために築かれたもので、最終的な門の数は7つにもなりました。
105日間包囲(1689年)など幾度も砲撃を跳ね返し、城壁を破られたことは一度もないというヨーロッパでも珍しい城壁でもあります。
この街の力強い一面を城壁の姿から感じ取ってみては。
また近くの聖コラムズ大聖堂では城壁についていた鍵が残されており、そちらも見てみましょう。

image by iStockphoto / 95095905

image by iStockphoto / 72636583








城壁の住所・アクセスや営業時間など

名称 城壁
名称(英語) Derry City walls
住所 Londonderry, UK
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.discovernorthernireland.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

城壁のスポットページ

ギルドホール

ギルドホール

image by iStockphoto / 94675523

1887年に建立されたゴシック様式の建物で、この街のシンボルとされる存在。
現在は市役所として使用されており1階の市議会議場、その上にあるコンサート並みの大ホールという構成で入場は自由。
大ホール全体に飾られたステンドグラスは街の歴史をテーマに描かれており、ステージには豪華なパイプオルガン。
1908年の火事と1972年のIRA(アイルランド共和軍)爆破テロで破壊されますが復活。
2013年に終了した改修工事によって現在の形になりました。

image by iStockphoto / 94849365

次のページでは『ピースブリッジ』を掲載!
次のページを読む >>