ドイツ旅行で見ておきたい「ハンブルク」の美しいスポット10選

ドイツ第二の都市「ハンブルク」は壮大なエルベ河に面し、街中にはアルスター湖が広がる事から「水と緑の街」と呼ばれるこの街には、古くからある昔ながらの建物と、モダンで現代的な建物が混在しています。今回はハンブルクのおすすめスポット10選をご紹介します。

街のシンボル・ハンブルク市庁舎

街のシンボル・ハンブルク市庁舎

image by iStockphoto / 60703474

ハンブルクのランドマーク的存在の「ハンブルク市庁舎」はハンブルク中央駅から徒歩およそ15分ほど。
1886年から10年かけて建設された市庁舎は、緑色の屋根と高さ112mもの尖塔が特徴的な建物です。

正面のバルコニーや20体もの彫刻象、豪華なモザイク画が取り付けられたお城のような佇まいは、ハンブルクの繁栄を表す街のシンボルです。
また、クリスマスシーズンに目の前にある市庁舎広場で開かれる大がかりなクリスマスマーケットも必見です。

ハンブルク市庁舎の住所・アクセスや営業時間など

名称 ハンブルク市庁舎
名称(英語) Hamburg Rathaus
住所 Rathausmarkt 1, 20095 Hamburg, Germany
営業時間・開場時間 現地時間7:00-20:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.hamburg.de/rathaus/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハンブルク市庁舎のスポットページ

ヨーロッパを流れる雄大なエルベ河

ヨーロッパを流れる雄大なエルベ河

image by iStockphoto / 83120675

ハンブルクの中央を流れる「エルベ河」は、ヨーロッパを代表する美しい河です。
雄大なこの河ではクルーズが人気で、船の上からドレスデン、マイセン、マグデブルクなど情緒豊かな光景を眺めながらハンブルクを訪れるのもおすすめです。

ハンベルク港は非常に大きく、色とりどりのコンテナを積んだ船がたくさん訪れるので迫力満点の船旅が味わえます。
特に、夕焼けのクルーズは、地上では見られないハンブルクの街並みをロマンチックな夕日とともに味わえます。

ハンブルクを一望できる聖ニコライ教会跡

ハンブルクを一望できる聖ニコライ教会跡

image by iStockphoto / 9559423

守護聖人ニコラウスから名前を付けられた「聖ニコライ教会跡」は、高さ147mもの塔が目印の、ドイツで3番目に高い教会です。
塔の上まではエレベーターで上がることができ、頂上の展望室からは市庁舎やアルスター湖などハンブルクの街を一望出来ます。

また、この教会は正式には「教会跡」で、広島の原爆ドームと同じく、第二次世界大戦の時に攻撃を受けたままの形を留めています。
地下には戦争被害を受けた街の様子を収めた資料が展示されており、戦争の記憶を現代に伝えています。

聖ニコライ教会跡の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖ニコライ教会跡
名称(英語) St Nikolai Memorial
住所 Willy-Brandt-Strasse 60, 20457 Hamburg
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.mahnmal-st-nikolai.de/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

聖ニコライ教会跡のスポットページ

人で溢れるメンケベルク通り

人で溢れるメンケベルク通り

image by iStockphoto / 16646804

近代的な建物と古くからの建物が混在する「メンケベルク通りは」は休みの日になると地元の人々や旅行客で溢れる人気のショッピングストリートです。
デパートにはドイツのカジュアルブランドや、オーガニックのコスメショップなどの店舗でひしめき、ショッピングにもお土産選びにも最適です。

また、メンケベルク通りと途中で合流するシュピターラー通りは歩行者天国はクリスマスシーズンにはハンブルク最大のクリスマスマーケットになる事で有名です。








広い世代の美術作品を一度に見られるハンブルク市立美術館

広い世代の美術作品を一度に見られるハンブルク市立美術館

image by iStockphoto / 56795038

初期のイタリア・ルネッサンス建築様式の建物としてはドイツ最大級の規模を誇る「ハンブルク市立美術館」は、14世紀の美術作品から、現代アート作品にいたるまで多種多様な作品が展示されている美術館です。

フリードリッヒやルンゲといった印象派の絵画や、古代ローマのメダルなど、希少価値の高い所蔵品が展示されている事でも有名で、絵画ファンにとっては欠かせないスポットといえます。
日本の美術館とは違って、広い敷地の中でゆったりと見られるのが魅力です。

ハンブルク市立美術館 の住所・アクセスや営業時間など

名称 ハンブルク市立美術館
名称(英語) The Hamburg Kunsthalle
住所 Glockengießerwall, 20095 Hamburg, Germany
営業時間・開場時間 現地時間10:00-18:00 木曜のみ10:00-21:00 (月曜定休)
利用料金や入場料 大人7.50ユーロ
参考サイト http://www.hamburger-kunsthalle.de/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハンブルク市立美術館 のスポットページ

ハンブルクを流れる2つのアルスター湖

ハンブルクを流れる2つのアルスター湖

image by iStockphoto / 28133210

「アルスター湖」は中世時代、水車小屋を作る際にエルベ河をせき止めて作った人工の湖です。
このアルスター湖は、街の中心部にある「内アルスター湖」と、街の外側を流れる「外アルスター湖」に分かれて流れています。
「内アルスター湖」は都会的な街並みの美しさを引き立てており、ショッピングの間の一息にもってこい。

また、ケネディー橋とロンバルト橋を境に広がる「外アルスター湖」が流れる地域は、同じハンブルクとは思えないのどかな田舎町の景色が広がっています。

世界的に有名なミニチュア・ワンダーランド

世界的に有名なミニチュア・ワンダーランド

image by iStockphoto / 103402213

「ミニチュア・ワンダーランド 」は、世界各国の風景を1/87のスケールで再現した鉄道模型のジオラマが見られるテーマパークとして世界的に有名な場所です。
2000年に建設が始まり、早くて2020年に完成予定で、現在見られるのは完成した一部のみ。

鉄道模型に合わせた各国の街並みは見どころ。
鉄道だけでなく、車が道路を走っていたり、事故現場や検問、空港などもあり、リアルで精巧な街並みは時間を忘れて見入ってしまいます。

次のページでは『ハンブルクの貿易の要・スパイス博物館』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

ドイツの記事を見る

ドイツの歴史をたどる中世都市の旅
ミュンヘン観光で行きたい、世界遺産&歴史スポットあれこれ
「国母」として16人の子どもを生んだマリア・テレジアの歩んだ歴史
全世界に戦火が飛んだ第二次世界大戦の歴史
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった
ドイツ旅行なら「テレビ塔」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?
中部ドイツ・バッハゆかりの美しい街をめぐる旅
ブドウ畑が美しい、ドイツ「リューデスハイム」で見たい絶景10選
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
観光の前に知りたい!ドイツの近代史が詰まった「ベルリン」の歴史
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選