ブルガリア「ソフィア」観光に行ったらやってみたい8つの体験

ソフィアという都市はどこにあるかご存知ですか?そう、ヨーロッパの東、バルカン半島に位置するブルガリア共和国の首都です。今回はソフィアに行ったらぜひやってみたい体験をご紹介します。

地下鉄に乗って街へ出よう

地下鉄に乗って街へ出よう

image by iStockphoto / 90778727

ブルガリアの空の玄関口ソフィア空港へ着いたら、地下鉄に乗って街へ出かけましょう。
かつては空港から街への移動手段はバスかタクシーしかなく、旅行者にとってはアクセスの悪さが問題となっていました。
しかし念願の地下鉄が、2015年ついに開通!今では格段にスムーズに街まで移動できるようになっています。

ソフィア空港の住所・アクセスや営業時間など

名称 ソフィア空港
名称(英語) Sofia Airport
住所 Sofia Bulgaria
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sofia-airport.bg/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ソフィア空港のスポットページ

世界遺産を見に行こう「ボヤナ教会」

世界遺産を見に行こう「ボヤナ教会」

image by iStockphoto / 25957526

ソフィアへ行ったら訪れたいユネスコ世界遺産は2つあります。
その一つがこのボヤナ教会です。
この教会が建設されたのは、10世紀末から11世紀初頭にかけてですが、その後13世紀と19世紀の二度にわたり増築がなされ、現在の形となっています。
時代によって姿を変えつつも、上手くバランスをとって美しさを保っているのがすごいですね。
世界遺産には1979年に登録されました。

ボヤナ教会は小さな建物で、こじんまりとした印象ですが、中に入ると綺麗なフレスコ画が目に入ってきます。
この教会の価値を高めているのはこれらのフレスコ画で、歴史上非常に貴重なものです。
最古の区画にもフレスコ画が残っていますが、特に13世紀のものが保存状態も良く、特に価値が高いとされています。
ブルガリア絵画発展の礎となった芸術作品の数々は、どれも一見の価値有りです。

ボヤナ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 ボヤナ教会
名称(英語) Boyana Church
住所 1-3 Boyansko Ezero St., Sofia 1616, Bulgaria
営業時間・開場時間 9:30 -17:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.boyanachurch.org/indexen.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ボヤナ教会のスポットページ

世界遺産を見に行こう「リラ修道院」

世界遺産を見に行こう「リラ修道院」

image by iStockphoto / 99562813

ソフィアから行くのにおすすめな、もう一つの世界遺産がリラ修道院です。
10世紀の前半に創立されたブルガリア正教会の修道院で、1983年に世界遺産に登録されました。
ボヤナ教会はソフィア市内にありますが、こちらは市内から約120キロ離れてたリラ山脈の中にあり、アクセスが少し不便なので、ツアーなどを利用して行くことをおすすめします。








image by iStockphoto / 11010302

リラ修道院もまた美しいフレスコ画が見所となっています。
壁も天井も色鮮やかな絵で埋め尽くされていて、実際目の前にしたら言葉を失ってしまいそうです。
リラ修道院は現在も修道院として機能しているので、僧院に宿泊してミサの雰囲気を味わうこともできます。
併設の博物館も見所が多く、ソフィアへ行ったら絶対に体験しておきたい観光地と言えるでしょう。

リラ修道院の住所・アクセスや営業時間など

名称 リラ修道院
名称(英語) Rila Monastery
住所 Rila, Bulgaria
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://rilamonastery.pmg-blg.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

リラ修道院のスポットページ

アレクサンドル ネフスキー大聖堂を見に行こう

アレクサンドル ネフスキー大聖堂を見に行こう

image by iStockphoto / 73502263

ソフィアにあるブルガリア正教会の大聖堂で、ソフィアの街のシンボルにもなっているのが、このアレクサンドル ネフスキー大聖堂です。
ソフィア大学や国立美術館などが立ち並ぶ街中にあるので、市内観光の際に立ち寄ってみると良いでしょう。
収容人数5,000人を誇る荘厳な聖堂で、黄金のドーム型の屋根は45メートルの高さがあるので、遠くからも容易にその姿を見つけることが出来るでしょう。

アレクサンドル ネフスキー大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 アレクサンドル ネフスキー大聖堂
名称(英語) Cathedral Saint Alexandar Nevski
住所 Aleksander Nevski Square, Sofia, Bulgaria
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 6レフ
参考サイト http://www.sofia-guide.com/attraction/alexander-nevsky-crypt-icon-museum/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アレクサンドル ネフスキー大聖堂のスポットページ

ブルガリア料理を楽しもう

ブルガリア料理を楽しもう

image by iStockphoto / 86162797

ここまで歴史的な建造物を紹介してきましたが、グルメもまた旅の大事な楽しみの一つですね。
ブルガリアと言えばヨーグルトのイメージが強い国ですが、毎日多くのヨーグルトを食べているわけではないそうです。
とはいえ、ヨーグルトは大切な食材のひとつには違いなく、ヨーグルトとキュウリを使ったサラダやスープも好んで食べられているとのこと。
現地でぜひトライしてみてはいかがでしょうか。
次のページでは『ショッピングやカフェでのひと時を楽しもう』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

ブルガリアの記事を見る

ブルガリア旅行なら「古代都市ネセバル」は外せない!行き方、料金や営業時間は?「古代都市ネセバル」の観光情報まとめ
古代ローマの息を感じよう「ブルガリア・プロヴディフ」で見たい観光スポット5選
神はここにいたか…ルーマニアで見れる幻想的な絶景5選
ヨーロッパの古都を堪能しよう!ブルガリア・ソフィアの歴史的建造物7選
黒海を望むブルガリアの沿岸都市「ヴァルナ」
地球という星を実感…ブルガリアで見れる大自然の絶景5選
ブルガリア最大で最も著名な「リラ修道院」
歴史を感じる絶景ばかり!ブルガリアの世界遺産5選
暖かみとソ連っぽさが同居する都、ブルガリア「ソフィア」で見るべき観光スポット10選
廃墟マニア垂涎!時が止まったかのようなヨーロッパの廃墟の写真
ブルガリアに実在する謎の建築物、足を踏み入れると明かされる暗い歴史があった…