ボスニア・ヘルツェゴビナ観光でいきたい「モスタル」の風景

東ヨーロッパの南側の内陸国、「ボスニア・ヘルツェゴビナ」をご存知でしょうか。独立を巡ったボスニア・ヘルツェゴビナ紛争から20年ほど過ぎた現在でも、町の建物には銃弾の跡が残り、戦争が遠い昔のことではないことを感じさせられます。町の様子や人々の表情は徐々に明るくなってきた今日、観光客が年々増えてきているボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルについてご紹介いたします。


ボスニア・ヘルツェゴビナってどんな国?

ボスニア・ヘルツェゴビナってどんな国?

image by iStockphoto

東ヨーロッパの南側に位置し、北側から時計回りにクロアチア、セルビア、モンテネグロ、クロアチアに囲まれています。
事実上、内陸国とされていますが、わずか10km程アドリア海に面した場所があるのです。
これは、モナコに次いで世界で2番目に短い海岸線なのだとか。
ボスニア・ヘルツェゴビナは、単一国家でありながらもボスニア・ヘルツェゴビナ連邦と、セルビア人共和国とに分かれています。

モスタルへのアクセスは?

モスタルへのアクセスは?

image by iStockphoto

国内の鉄道は、連邦側のボスニア・ヘルツェゴビナ連邦鉄道と、共和国側のセルビア人共和国鉄道とに分かれて運行されています。
そのため、鉄道路線は全土に網羅されているわけではなく、使い勝手はあまり良くないと感じることもあるでしょう。
サラエヴォ~モスタル間では、1日に2便列車が運行しており、2時間半で両都市を結んでいます。
バスは、1日に12便程運行されており、より計画が立てやすいので利用してみる価値はありそうです。

モスタル駅の住所・アクセスや営業時間など

名称 モスタル駅
名称(英語) Željeznička stanica Mostar
住所 Maršala Tita, Mostar 88000
営業時間・開場時間 時刻表による
利用料金や入場料 サラエボ〜モスタル間 9.9マルカ
参考サイト http://www.turizam.mostar.ba/index.php?option=com_content&view=article&id=210&Itemid=442&lang=hr
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

モスタル駅のスポットページ

スターリ・モストを中心に発展した世界遺産の町モスタル

モスタルは、ボスニア語で「橋の守り人」という意味があるように、町のシンボル的存在である橋「スターリ・モスト」を中心に発展を遂げてきた町です。
そんな町の重要な橋も紛争中の1993年11月に破壊されてしまいました。
ユネスコの協力により復元されたのは、10年も跡のことになってしまいましたが、その後2005年にはこのスターリ・モストと旧市街が世界遺産に登録されることとなったのです。

モスタルの住所・アクセスや営業時間など

名称 モスタル
名称(英語) Mostal
住所 Mostar, Federacija Bosne i Hercegovine, Bosna i Hercegovina
営業時間・開場時間
利用料金や入場料
参考サイト https://www.mostar.ba/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

モスタルのスポットページ

美しく高い建築技術で建てられたスターリ・モスト

中央駅・バスターミナルから約1km程の所に、スターリ・モストはあります。
オスマン朝支配下であった1566年にこの橋は建てられました。
橋台を用いることなく両岸からアーチ状に橋が架かり、その時代の建築技術としてはレベルの高いものとされています。
橋の両端には塔がそびえ建ち、東側はスターリ・モスト博物館として使われいます。
橋の構造や、スターリ・モストより以前に建てられた橋の遺跡など興味深い解説がされているので、ぜひのぞいてみてはいかがでしょうか。


スターリ・モストの住所・アクセスや営業時間など

名称 スターリ・モスト
名称(英語) Stari most
住所 Stari Most, Mostar 88000
営業時間・開場時間 スターリ・モスト博物館:10:00−18:00(4月-11月)
利用料金や入場料 無料, 博物館:大人5マルカ 子供3マルカ
参考サイト http://www.muzejhercegovine.com/web/index.php/muzejstarimost
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スターリ・モストのスポットページ

モスタルを代表する2つのモスク

モスタルを代表する2つのモスク

image by iStockphoto

複数の民族、文化、宗教が交差するボスニア・ヘルツェゴビナでは、イスラム教を信仰するムスリム人の割合が4割以上となります。
そのため、他の宗教施設が立ち並ぶなかでもモスクの存在は大きく感じることでしょう。
スターリ・モストのすぐ北側に見えるのがコスキ・メフメット・パシナ・ジャミーヤで、1618年に建てられたイスラム教のための寺院です。
寺院の中庭や尖塔からの眺めは良く、スターリ・モストの絶景ポイントともなっています。

image by iStockphoto

この町のもうひとつのモスクが、カラジョズ・ベゴヴァ・ジャミーヤ。
1557年に建てられたもので、イスラム教の宗教教育施設も併設されています。
均整がとれ美しい外観のこの建物は、オスマン朝の宮廷建築家であったミマール・スィナンによるもの。
ボスニア・ヘルツェゴビナを代表するイスラム建築とも謳われているのです。

コスキ・メフメット・パシナ・ジャミーヤの住所・アクセスや営業時間など

名称 コスキ・メフメット・パシナ・ジャミーヤ
名称(英語) Koski Mehmed-pašina džamija
住所 Mala Tepa 16, Mostar 80807
営業時間・開場時間 8:30−13:00, 13:30−19:30(夏期) 10:00−17:00(冬期)
利用料金や入場料 6マルカ
参考サイト http://www.visitmostar.net/Mosques.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コスキ・メフメット・パシナ・ジャミーヤのスポットページ

どんな建て方をしたのか気になるトルコの家

どんな建て方をしたのか気になるトルコの家

image by iStockphoto

ネレトヴァ川沿いに飛び出すように建てられている「トルコの家」。
これは、17世紀頃に建てられたオスマン朝時代の伝統家屋で、当時の面影を残すようにオリエンタルな雰囲気が漂います。
2階の応接間が、川に突き出るように建てられているので、外観だけではなく内側からも見学してみたいスポットではないでしょうか。

関連記事を見る

ヨーロッパの記事を見る

ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット
ユニークな税を導入したものからを持つものから暴君まで・個性的な歴代ローマ皇帝まとめ
そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
【マリメッコの歴史】かわいらしくて斬新なデザインが特徴、フィンランド生まれの「マリメッコ」
フランス観光で行きたい!マニアックな歴史的観光地区10選
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
ロンドン観光で絶対行きたい!歴史的観光スポット13選
大英帝国になるまでのイギリスの歴史を知ろう!中世イングランドをひも解くスポット6選
こんな残酷な最期はひどすぎる…ニコライ2世とその家族の悲劇
ギリシャ観光で行きたい!神話と歴史に魅了されるおすすめスポット10選
【フランス世界遺産一覧】絶景も歴史もすべてここに!フランスの世界遺産を全部解説
恐ろしい黒魔術師から血を求めた者まで「歴史上に残るヨーロッパの個性的な女性・悪女たち」まとめ