ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選

ヨーロッパには可愛い街や息を飲むような絶景が沢山あります。もし一人で旅行に行くなら可愛い街や壮大な自然に触れてみませんか?今回は、ヨーロッパ旅行の予算や費用、ツアー季節ごとのおすすめに加え、海外女子旅におすすめのヨーロッパの可愛い街を30個所ご紹介いたします。ぜひ、次の旅行で行ってみては。

ヨーロッパ旅行の前に知りたい!基本ガイド

いつか行きたい憧れのヨーロッパ旅行。
まずはおすすめ都市の前に、ビザ・予算や費用・治安についてなどの基本ガイドをお伝えします。

ヨーロッパ旅行ではビザは必要?

結論からいうと、ヨーロッパ旅行ではビザは必要ないと考えて問題ありません。
西欧ではすべて、東欧で一部の国を除く、ほとんどのヨーロッパの国では3ヶ月~6ヶ月以内の観光の場合はビザが免除されています。
日本人がヨーロッパ旅行にいくときの主な日程は、フランス・ドイツ・イギリスなどの主要国で1週間や10泊などが多いと思いますが、そのような一般的なヨーロッパ旅行であればほとんど気にしなくていいと言えます。

「旅券残存有効期間」として、パスポートの残り有効期限が3ヶ月あることが条件になっているところは多いので、残り有効期限には気をつけましょう。

ビザが不要な国がほとんどですが、逆にビザが必要なヨーロッパの国は以下の通り。

アゼルバイジャン共和国
アルメニア共和国
ウズベキスタン共和国
タジキスタン共和国
トルクメニスタン
ベラルーシ共和国
ロシア連邦


旅行代理店に行けばもちろんツアー申込時にビザ取得が必要なケースを教えてくれますが、自分たちで旅程を考える場合などは、最新情報を外務省のホームページで確認するようにしましょう。

※上記のビザは日本人の場合を指しています。
また未成年者の場合は渡航に制限が付く場合もあります。

ヨーロッパ旅行の予算・費用は?(1週間滞在、1国のケース)

ヨーロッパ旅行にかかる費用ですが、もちろんどこで何をするか、ホテルのグレードや食事の内容等によって細かく分かれますが、ここではざっくり予算感をご紹介。
大まかに把握をするには下記の相場を覚えておきましょう。
※1ユーロ120円の場合

・海外保険料 7日分では3,000-4,000円程度(保証内容により変わります)

・旅行代金 15万円前後
 ツアー代金。
ホテル代、飛行機、燃油サーチャージ込み

・現地の食事 1日5,000円×7日間=35,000円

・現地の交通費 1日1000円×7日間=7,000円。
ただし国をまたぐ場合は飛行機や鉄道などの費用が別途発生します。

・各国空港税(到着税・保安税など含む) 1,000円~20,000円(国によって違う)

・オプショナルツアーや美術館などの料金 各自別途。
5000円~1万円あれば有名観光スポットの入場料はだいたい範囲内となるでしょう。
現地ツアーガイドの日本人の付き添いを伴うもの、または単に美術館に入場するだけのもの、などでかなり価格は変わってきます。

・お土産 10,000円

上記はかなりざっくりではありますが、ヨーロッパ旅行に1週間行こう!となればひとり30万円を覚悟するイメージになります。
もちろん格安ツアーを組もうと思えば違った結果になりますし、為替・石油の価格などにも左右されるので、異論は多くあると思いますが、相場観としての参考にしてください。
カップルで50~60万円くらい、新婚旅行でホテルのグレードを上げると100万円くらい、というイメージですね。

ヨーロッパ旅行の予算・費用は?(1ヶ月のケース)

先程は1週間滞在で1人30万円というざっくり試算をしましたが、例えば1ヶ月ヨーロッパに行こう!となった場合どのような費用感を覚悟するでしょうか。
やはり1ヶ月間なにをするのか?によって変わってきます。

1ヶ月のヨーロッパ旅行では、豪華ホテル宿泊と美食の旅というよりも、多くの国・エリアを周遊する目的になるでしょう。
そのようなイメージで、1週間のケースと違ってツアーではなく、また無理に費用を圧縮しないで計算をしてみると、このようなイメージです。
※1ユーロ120円の場合

・海外保険料 1ヶ月分では1万2000-1万6000円程度(保証内容により変わります)

・航空券(日本←→ヨーロッパ) 10万円×2=200,000円

・航空券(ヨーロッパ域内) 2万円×4=80,000円

・現地交通費 1日3000円、1ヶ月10万円

・飲食代 1日5,000円 1ヶ月15万円(朝は軽食、昼は10ユーロ、夜は普通のレストランでワイン1杯付きのイメージ、ミネラルウォーター等も込み)

・各国空港税 1000円~20,000円

・宿泊費 1泊8,000円 1ヶ月24万円

・オプショナルツアーや観光費用 10個所、5-10万円

・お土産 1万円

1人で合計【85万円】くらいになります。
ただし、1ヶ月をどう過ごすか、食事とホテルのグレードをどこまで工夫するかによってかなり変わりますので、あくまで参考程度に。

もし格安でいく場合、航空券(日本←→ヨーロッパ)は片道6万円程度のカタール経由などを使い、ホテルは1泊3,000円程度のユースホテル、食費を1日2000円程度に抑えれば、40万円くらいで1ヶ月を過ごせます。

ヨーロッパの治安は大丈夫?

2015年と2016年に立て続けにフランスでの同時多発テロが起きたり、ヨーロッパの治安も心配されています。
気を付けておきたいのは、テロに狙われる可能性を指して「治安」と言うことと、地元民による盗難や夜間の犯罪を指して「治安」というかは、少し違うということ。

ただ、「財布やスマホを盗まれない、スリに合わない」「公共交通機関が安心して利用できる」「詐欺に合わない」「夜歩ける」といった程度の治安についての認識は、日本はかなり平和なほうで、すべての国において十分に気をつけたほうが良いと思ってください。

つまり、パリの地下鉄では日本人観光客はスリの標的になりますし、イギリスやドイツも含めて小道に入っただけでも軽犯罪に合う可能性は十分にあり、夜間の外出は出来るだけ避けるのが基本、という認識です。

対策としては、パスポートや財布は外から見えないポーチや内ポケットに。
カバンは常に肌身離さず、ハイヒールは履かず、また現金を多く持たずにクレジットカードを使う
ことなどが挙げられます。
残念ながらヨーロッパ旅行だけではなく、アジアなどでも基本的なテクニックですね。

現地の警察の番号、クレジットカードが盗難にあった場合の即座の停止手続き方法(及び国際電話のかけ方)、スマホ遠隔ロックの方法、その国でのタクシーの相場、なども控えておきましょう。

イギリスの記事を見る

元住民が解説!イギリスの観光完璧ガイド。モデルコースからおすすめスポットまで
アメリカが大勝利した独立戦争って、近代ヨーロッパにも大きく貢献した世界的な歴史なんです
イギリスの現代美術館「アルバート・ドック」の行き方、料金や営業時間は?
世界遺産の中にある!イギリスの近代美術館「テート・リヴァプール」の行き方、料金や営業時間は?
イギリス旅行なら「リヴァプール博物館」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
ビートルズファンならぜひ訪れたい!ロンドンにあるビートルズゆかりの観光地
イギリスのアートの街。「グラスゴー」で見ておきたい美術館・博物館8選
何故起きた?中世で100年続いた英仏の「百年戦争」
イギリスの港町「サウサンプトン」観光で見ておきたい絶景7選
イギリスの絶景・秘境はここにあった!「スカイ島」で見たい断崖絶壁に妖精のプール
映画「ハリーポッター」のロケ地・撮影場所はここ!