歴史を感じる絶景ばかり!オーストリアの世界遺産5選

オーストリアには、すばらしい世界遺産がいくつも存在します。歴史的価値のある建築物であったり、自然の景観であったりその様子はさまざま。こうした歴史を感じる美しい世界遺産を、選りすぐってご紹介します。オーストリアをめぐる世界遺産ツアーなんて、夢のようですね。


皇帝の贅が堪能できるシェーンブルン宮殿

皇帝の贅が堪能できるシェーンブルン宮殿

image by iStockphoto

シェーンブルン宮殿は、オーストリアのみならず、ヨーロッパでも指折りの美しさを誇る宮殿です。
1569年にハプスブルク家が所有することとなったこの宮殿は、夏の離宮として利用されていました。
シェーンブルン宮殿は、ヴェルサイユ宮殿をしのぐ豪華な宮殿にしようと建設されたため、絢爛豪華な宮殿となりました。
そのため、贅を尽くしすぎてしまい、一時は資金難により工事が中断するほどでした。
そのような美しく豪華な宮殿は、現在、世界遺産に登録されています。

image by iStockphoto

シェーンブルン宮殿の住所・アクセスや営業時間など

名称 シェーンブルン宮殿
住所 Schlosstrasse 47, Vienna 1130, Austria
営業時間・開場時間 日 – 土 午前 8:30 – 午後 5:00
利用料金や入場料 大人 13.3  子供(6歳-18歳) 9.8  学生(19歳-25歳) 11.9
参考サイト http://www.howtravel.com/europe/austria/vienna/vie-sightseeing/vie-building/schloss-schonbrunn/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シェーンブルン宮殿のスポットページ

モーツアルトの出生地ザルツブルク

モーツアルトの出生地ザルツブルク

image by iStockphoto

ザルツブルクは、オーストリア中北部にある都市です。
1996年には、街全体がユネスコの世界遺産として登録されています。
ザルツとは「塩」を意味し、ブルクは「砦」の意味をもちます。
その昔、近隣の街でとれる塩を運ぶ際、積載量に応じた通行税を徴収することで財源を確保していたことから、この名前がつけられたといわれています。
また、ザルツブルクでは1756年にモーツアルトが誕生し、25歳まで暮らしていたことで知られています。
街のゲトライデ通りに、その生家があります。

image by iStockphoto


ホーエンザルツブルク城の住所・アクセスや営業時間など

名称 ホーエンザルツブルク城
住所 Moenchsberg 34, Salzburg, 5020 Austria
営業時間・開場時間 現地時間 9~19時(5/1~9/30)、9時30分~17時(10/1~4/30)
利用料金や入場料 大人:12ユーロ、 子供:6.50ユーロ、 団体:10.40ユーロ(ケーブルカー込みの料金。城塞のみの入場料は大人:9.20ユーロ)
参考サイト http://www.salzburg-burgen.at/de/hohensalzburg/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ホーエンザルツブルク城のスポットページ

美しい湖畔の町、ハルシュタット

美しい湖畔の町、ハルシュタット

image by iStockphoto

ハルシュタットは、ザルツブルクの東南にあり、標高が500m~800mほどある場所の、ザルツカンマーグート地方とよばれるところに位置しています。
そこでは70以上もの湖がありますが、そのひとつにハルシュタット湖があります。
この湖とダッハシュタイン山塊に挟まれた町が、世界遺産のハルシュタットです。
世界にある湖畔の町で、一番美しいといわれるハルシュタット。
ここでは、“塩の町”といわれるほどの岩塩抗があり、現在でも採掘されています。

image by iStockphoto

Hallstattの住所・アクセスや営業時間など

名称 Hallstatt
住所 Hallstatt, Austria
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.hallstatt.at/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Hallstattのスポットページ

オーストリア第2の都市、グラーツ

オーストリア第2の都市、グラーツ

image by iStockphoto

グラーツとは、スラブ語で“小さい城”を意味するグラデツからきています。
15世紀ごろには、ハプスブルク家の支配下となり、発展をとげました。
グラーツ市内には美術館博物館が多く、また、中世の建物も多く残されています。
かつて、オスマン帝国に対する防衛拠点として重要な役割を果たしていたため、高度な城塞建築技術を持っていたイタリアの建築家を呼んだことから、イタリアルネッサンス様式の建築物が数多く建てられました。
この町は、1999年に世界遺産登録されています。

関連記事を見る

オーストリアの記事を見る

歴史的建造物の宝庫!魅惑の国オーストリアで中世へタイムトリップ
ウィーン観光ならここ!ウィーン近郊にある自然と歴史が溶け合った観光スポット
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
パプスブルク家の悲しみの皇妃!「バイエルンのバラ」と称された、最後の皇妃エリザベートの物語
西洋音楽史上で最も偉大な音楽家「ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト」の生涯・エピソード
初めてのウィーンを旅行するなら必見!ハプスブルク家の足跡を巡るスポット7選
しきたりも人も大嫌い!だけど絶世の美女・皇妃エリザベート
オーストリア「インスブルック」観光で是非とも見たい歴史的スポットあれこれ
「国母」として16人の子どもを生んだマリア・テレジアの歩んだ歴史
全世界に戦火が飛んだ第二次世界大戦の歴史
オーストリア観光なら次はここ!「クラーゲンフルト」で見たい絶景10選
イギリス・フランス・ロシア間の友好協力体制が出来上がった結果起こったのは、第一次世界大戦だった