人間ってすごい!ベルギーで見れる歴史的な建築物8選

ベルギーには19世紀末に建てられた「アール・ヌーヴォー」建築をはじめとする歴史的建造物がいくつも現存しています。特にベルギー人口の約半数の方が住むブリュッセル、アントワープ、ゲントでは、中世ヨーロッパの街並みが色濃く残っているので、ご紹介します。

アール・ヌーヴォー建築って?

アール・ヌーヴォー建築って?

image by iStockphoto

「アール・ヌーヴォー」とは「新しい芸術」という意味で、19世紀末から20世紀初頭にフランス、ベルギーを中心にヨーロッパで流行った芸術様式とのことです。
花、草、木のツタや枝、 昆虫や動物など、自然界で見られる物がモチーフとなっていますので、木のツタが絡み合ったような装飾が階段に施されていたり、流動的で自然な曲線があちこちに見られます。

しかし、徐々に衰退しはじめ、第1次世界大戦後には、アール・デコ様式にとって変わられ、アール・ヌーボーは、ひろく普及した様式ではなかったようですが、ブリュッセルには約1000棟のアール・ヌーヴォー建築が現存しています。

image by iStockphoto

あの有名なスペイン・バルセロナのサグラダ・ファミリアもアール・ヌーヴォー様式に属しています。

Musee Hortaの住所・アクセスや営業時間など

名称 Musee Horta
住所 Rue Americaine 25, 1060 Bruxelles?
営業時間・開場時間 14:00~17:30
利用料金や入場料 8ユーロ
参考サイト http://www.hortamuseum.be/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Musee Hortaのスポットページ

世界初のアール・ヌーヴォー建築家「ヴィクトール・オルタ」

世界初のアール・ヌーヴォー建築家「ヴィクトール・オルタ」

image by iStockphoto

ベルギー出身の建築家「ヴィークトール・オルタ」は、それまで装飾品に用いられていたアール・ヌーヴォーを建築に用いた世界初の人物です。

ブリュッセルにある彼が建築した「タッセル邸」「ソルヴェー邸」「ヴェン・エドヴェルド邸」「オルタ邸」は、【建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群】として世界遺産に登録されています。

ルイーズ通りとシャルルロワ通りの界隈は、かつてオルタの邸宅だった建物が美術館として見学出来ますので、絶対に見ていただきたいです。
きっと溜め息が出る程の凝り様に驚くこと間違いなしです。







H?tel Tasselの住所・アクセスや営業時間など

名称 H?tel Tassel
住所 Rue Paul Emile Janson 6 1050 Brussels
営業時間・開場時間 外観のみ
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/1005
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

H?tel Tasselのスポットページ

気軽に行ける「アール・ヌーヴォー」

気軽に行ける「アール・ヌーヴォー」

image by iStockphoto

現存しているアール・ヌーヴォーのほとんどが事務所やアパートとして使用されているので、内装まで見ることは難しいのですが、ブリュッセルの観光スポットやカフェなどはアール・ヌーヴォー建築が沢山あるんです!まず「パレ・デ・ボザール」のコンサートホール、楽器博物館では内装もじっくり見れます。

おすすめはホテル・メトロポール内のカフェ「メトロポール」、もう1つが「ファルスタッフ」です。
建築散策で疲れたら、アール・ヌーヴォーの中で休憩なんていかがでしょうか?

Horta Museumの住所・アクセスや営業時間など

名称 Horta Museum
住所 Rue Am?ricaine 25, Bruxelles 1060,Belgium
営業時間・開場時間 14:00~17:30
利用料金や入場料 10ユーロ
参考サイト http://www.hortamuseum.be/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Horta Museumのスポットページ

アントワープで「建築巡り」

アントワープで「建築巡り」

image by iStockphoto

ブリュッセルから電車で40分、中世の街が色濃く残るアントワープへ移動してアール・ヌーヴォー巡りをします。
ズーレンボルグ・ベルヘム地区はアール・ヌーヴォー建築が保存されている世界でも珍しい住宅街で、1980年に景観保護地区に指定されました。
次のページでは『ゲントで「建築巡り」』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

ベルギーの記事を見る

元住民が解説!ブリュッセルの観光完璧ガイド
鎖国時代の日本にとって「世界」の窓だったオランダの歴史
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
ベルギーのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選
運河クルーズで優雅に巡りたいベルギーの古都「ブルージュ」
1都市に2言語が存在するのはなぜ?不思議な都市、ブリュッセルの歴史
結婚式も行われるベルギー「モダーヴ城」がおとぎ話の舞台みたい!
EUが出来る前から共同体を作ってきた、ヨーロッパの要。ベルギーの歴史
ルーベンスを生んだ芸術の街、ベルギー「アントワープ」で見ておきたいスポット7選
かつてパリに次ぐ人口を誇った大都市!壮麗なギルドハウスが立ち並ぶベルギーヘントの歴史
ブリュッセルから電車で1時間・自然に囲まれた「ベルギー・リエージュ」で見ておきたい7選
ため息がでるほど美しい街、ベルギー・ブルージュの魅力