ベルギー第三の都「ヘント」ってどんなところ?

チョコレートやワッフルといった美味しいお菓子で有名な国ベルギー。この国を観光する際、多くの方が首都のブリュッセルやフランダースの犬でお馴染みアントワープを訪れるかと思います。そこで今回は、これらの大都市と並ぶベルギー第三の都市「ヘント」について紹介します。


ベルギー3大都市を回ってみよう

ベルギー3大都市を回ってみよう

image by iStockphoto / 66117995

ヘント(またはゲント)はベルギー中心部に位置する都市であり、上記で述べたとおり第三の都市と呼ばれています。
地図で見るとすぐ近くにブリュッセルとアントワープがあり、双方からでも高速道路で40分ほどで到着するので、弾丸旅行で3大都市を一日で回ることも出来ます。

優雅なクルーズで街を楽しんでみよう

優雅なクルーズで街を楽しんでみよう

image by iStockphoto / 92331107

ヘントに到着したら、まずはクルーズに乗って街をのんびりと眺めてみましょう。
運河沿いには多くの観光スポットがあり、次の行く先を決める手段としても使うことが出来ます。

ヘント観光で欠かせない移動手段

ヘント観光で欠かせない移動手段

image by iStockphoto / 77084873

もちろん自らの足で街を散策するものいいですが、時間を有効活用したい方はトラムを利用しましょう。
トラムはいわゆる路面電車のようなものであり、地域住民の足として多くの方が利用しています。

兄弟で描き上げた名作を見よう

兄弟で描き上げた名作を見よう

image by iStockphoto / 20725203

ヘント観光において絵画好きなら必ず訪れたいスポットが、この聖バーフ大聖堂です。
中の色鮮やかなステンドグラスも見どころですが、フランドル絵画の名作と呼ばれるファン・エイク兄弟による「神秘の仔羊」が展示されています。


聖バーフ大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖バーフ大聖堂
名称(英語) St Bavo\’s Cathedral, Ghent
住所 Sint-Baafsplein, 9000 Gent, Belgium
営業時間・開場時間 現地時間:9:30-17:00(4-10月)、10:30-16:00(11-3月)
利用料金や入場料 無料(神秘の仔羊のみ3ユーロ)
参考サイト http://www.sintbaafskathedraal.be/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

聖バーフ大聖堂のスポットページ

街の中心に佇む教会

街の中心に佇む教会

image by iStockphoto / 101581151

教会建築において聖バーフ大聖堂と並び人気のスポットが、この聖ニコラス教会です。
トラムの駅からすぐ近くに位置しており、多くの住民が祈りのために利用しています。
また、教会の目の前には広場があるので、ちょっとした休憩に広場を訪れるのもいいでしょう。

聖ニコラス教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖ニコラス教会
名称(英語) St. Nicholaaskerk
住所 Prins Hendrikkade 73 Amsterdam
営業時間・開場時間 現地時間:11:00-16:00(火曜-金曜)、12:00-15:00(月曜・土曜)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.nicolaas-parochie.nl/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

聖ニコラス教会のスポットページ

中世の雰囲気満点の城

中世の雰囲気満点の城

image by iStockphoto / 87459397

トラムの車窓から眺めることも出来るフランドル伯の城は、まさに中世の城らしい趣のある外見となっています。
中には騎士の装備や拷問器具といった中世に関連する品々が展示されており、気軽に歴史を学ぶことが出来ます。

フランドル伯の城の住所・アクセスや営業時間など

名称 フランドル伯の城
名称(英語) Gravensteen Castle
住所 Sint-Veerleplein 11, 9000 Gent
営業時間・開場時間 現地時間:9:00-18:00(4-9月)、9:00-17:00(10-3月)
利用料金や入場料 大人10ユーロ、シニア7.5ユーロ、青年(19-25歳)6ユーロ
参考サイト https://gravensteen.stad.gent/en
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フランドル伯の城のスポットページ

川沿いに並ぶギルドハウス

川沿いに並ぶギルドハウス

image by iStockphoto / 63131015

クルーズでも見ることが出来ますが、川沿いには中世の雰囲気を残したギルドハウス(同業者による職業組合)が軒を連ねています。
中世の頃は貿易業で財を成した街であり、その名残として現在の運河が形成されています。
次のページでは『ヘントのシンボル』を掲載!
次のページを読む >>
Manila

Writer:

大学生。音楽と美味しいものが好き。いつかは世界一周のグルメ一人旅をしてみたいと思っています。

この記事のカテゴリ

ベルギー
ヨーロッパ

関連記事を見る

ベルギーの記事を見る

元住民が解説!ブリュッセルの観光完璧ガイド
鎖国時代の日本にとって「世界」の窓だったオランダの歴史
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
ベルギーのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選
運河クルーズで優雅に巡りたいベルギーの古都「ブルージュ」
1都市に2言語が存在するのはなぜ?不思議な都市、ブリュッセルの歴史
結婚式も行われるベルギー「モダーヴ城」がおとぎ話の舞台みたい!
EUが出来る前から共同体を作ってきた、ヨーロッパの要。ベルギーの歴史
ルーベンスを生んだ芸術の街、ベルギー「アントワープ」で見ておきたいスポット7選
かつてパリに次ぐ人口を誇った大都市!壮麗なギルドハウスが立ち並ぶベルギーヘントの歴史
ブリュッセルから電車で1時間・自然に囲まれた「ベルギー・リエージュ」で見ておきたい7選
ため息がでるほど美しい街、ベルギー・ブルージュの魅力