ルーベンスを生んだ芸術の街、ベルギー「アントワープ」で見ておきたいスポット7選

ブリュッセルからiCで約50分、オランダ国境まで約30㎞のベルギー北部・アントワープ。15世紀から商業などで発展したこの街はバロック期最大の画家ピーテル・パウル・ルーベンスなど「フランドル派」の画家が多く活躍、現在も芸術家を目指す人や観光客、商人などが行き交うベルギー屈指の芸術の街として栄えています。そんなベルギー・アントワープにはどのようなスポットがあるのか見ていきましょう。

重厚な鉄道の大聖堂「アントワープ中央駅」

重厚な鉄道の大聖堂「アントワープ中央駅」

image by iStockphoto

鉄道で街を移動する際は、ターミナル駅である「アントワープ中央駅」を見ていきましょう。
駅舎は1895年から10年をかけて建設されたもので、国の重要文化財にも指定された貴重な建築物。
正面部分にある巨大なドームはフランス・ヴェルサイユ宮殿でも使用されたベルギー特産の重厚な大理石、ホーム部分には産業革命時代を思い起こさせる鉄とガラスを使用した造り。
その重厚な雰囲気は抜群の存在感で、親しみを込めて「鉄道の大聖堂」と呼ぶ人もいるほど。
観光プランにこのおしゃれな駅舎も入れてみては。
住所: Koningin Astridplein 27, Antwerp 2018, Belgium

image by iStockphoto / 66343827

image by iStockphoto

アントワープ中央駅の住所・アクセスや営業時間など

名称 アントワープ中央駅
名称(英語) Station Antwerpen-Centraal
住所 Koningin Astridplein 27, Antwerp 2018, Belgium
営業時間・開場時間 5:45 – 22:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.belgianrail.be/nl/stations-en-trein/zoek-een-station/6/antwerpen-centraal.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アントワープ中央駅のスポットページ

古きヨーロッパを思い出す「ズーレンボルグ・ベルヘム地区」

古きヨーロッパを思い出す「ズーレンボルグ・ベルヘム地区」

image by iStockphoto

中央駅からトラムで15分ほど行った場所にあるのが「ズーレンボルグ・ベルヘム」と呼ばれる地区。
地区内は地元民が住む閑静な住宅街で、ここに残る建物の多くはアール・ヌーヴォー様式(19世紀末から20世紀初頭のヨーロッパで流行した様式)のもの。
ほとんどの建物は人が住んでいるため内部見学はできませんが、美しい外観を眺めるだけでも見る価値はあり。
建築デザイン好きな方にはたまらない場所と言えるでしょう。
外観にうっとりしたり色々なアイデアを膨らませたりして、古いヨーロッパに入り込んだ感覚を味わえるこの場所、ぜひ歩いてみては。
住所:Zurenborg-Berchem, Antwerpen








image by iStockphoto

ズーレンボルグ・ベルヘム地区の住所・アクセスや営業時間など

名称 ズーレンボルグ・ベルヘム地区
名称(英語) Zurenborg-Berchem
住所 Zurenborg-Berchem, Antwerpen
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visitantwerpen.be/detail/wandeling-zurenborg
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ズーレンボルグ・ベルヘム地区のスポットページ

中世ヨーロッパが詰まっている小道「フラーイケンスガング」

中世ヨーロッパが詰まっている小道「フラーイケンスガング」

image by iStockphoto

ホーフ通りの近く、ひっそりとした細道にあるこの場所は1951年に建設されたもの。
当時は貧しい人たちが住んでいた住居でした。
非常に小さいため見逃してしまうこともある通りですが、石畳が敷き詰められた細い路地は「古き良きヨーロッパ」を思い起こさせる雰囲気。
またこの場所にはレストランやカフェもあり、建物の窓辺にはかわいらしい雰囲気の花や飾りが飾られています。
見つけられた人のみが味わえる中世ヨーロッパの雰囲気、ぜひ体感してみては。
住所:oude Koornmarkt Nr 16 Antwerp

image by iStockphoto

次のページでは『3000個の「手」が埋め込まれているMAS』を掲載!
次のページを読む >>
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

オランダ
ベルギー
ヨーロッパ
絶景

関連記事を見る

オランダの記事を見る

【オランダ】元住民が解説!アムステルダムの観光完璧ガイド
費用は?モデルコースは?元住民が解説する、オランダの観光完璧ガイド
鎖国時代の日本にとって「世界」の窓だったオランダの歴史
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
オランダ観光「城郭都市・マーストリヒト」は外せない!息を呑む絶景写真・観光情報まとめ
初めてのアムステルダム観光ならこれ!「ホランド・インターナショナル・カナル・クルーズ」観光&アクセス情報
アンネの面影を訪ねて。「アンネ・フランクの家(Anne Frank Huis)」の観光情報・アクセスまとめ
オランダで楽しむスポーツ観戦。アムステルダム・アレナに行こう!
なんでアムステルダムは首都なのに首都機能がないの?オランダ・アムステルダムの歴史
「ライデン」観光で見たいオランダの絶景10選
教会や美しい運河が残るオランダ第4の都市「ユトレヒト」とその周辺で見ておきたいスポット8選
アムステルダムにある「ゴッホ美術館」に行こう!入場料や営業時間は?