元住民が解説!ブリュッセルの観光完璧ガイド

日本から直行便がでているベルギーの首都ブリュッセル。小さい国だけど、魅力がいっぱいな国です。ぶらりと訪れても楽しい国ですが、さらに楽しむためにおすすめの情報をご紹介します。


ブリュッセル観光の前に知っておこう!

ずばりブリュッセルってどんなところ?

ずばりブリュッセルってどんなところ?

image by iStockphoto

ヨーロッパの小国ベルギー。
その首都となるブリュッセルは、多国籍な都市として知られています。
多言語が多く飛び交い、EUの本部もある都市です。
公式言語は、フランス語とフレミッシュと呼ばれるオランダ語。

市内には空港もあり、電車も方々へ伸びているので、欧州各国を旅行するのに、とても便利なところ、それがブリュッセルです。

ブリュッセルの住所・アクセスや営業時間など

名称 ブリュッセル
名称(英語) Bruxelles
住所 Bruxelles, Belgique
営業時間・開場時間
利用料金や入場料
参考サイト https://visit.brussels/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ブリュッセルのスポットページ

テロは大丈夫…?ブリュッセルの治安は?

テロは大丈夫…?ブリュッセルの治安は?

image by iStockphoto

欧州全般が様々な面で、以前と比べると不安定な状況にあります。
だから、治安は?ときかれると何とも言えない状況です。
以前のテロと違って、観光名所などが狙われている現状では、いつ何時また欧州の主要都市が標的になるかわかりません。

海外に行かれる場合は、指針となるのが外務省のページ。
そちらで警告がでている時は、なるべく必要がない場合は行かないようにしましょう。

ブリュッセル観光ってどのくらいの日数があれば楽しめる?

ブリュッセル観光ってどのくらいの日数があれば楽しめる?

image by iStockphoto

ブリュッセルの中心部だけを見て歩くなら、3日ほどあるといいのではないでしょうか。
ブリュッセル郊外に足をのばしたいとなると、5日から7日ほどあると十分に楽しむことができます。


ブリュッセル観光で必要な費用・予算は?

ブリュッセル観光で必要な費用・予算は?

image by iStockphoto

飛行機代はいつ行くかによってかなり値段の幅がありますので、カウントしません。

ホテル代もぴんきりですが、ブリュッセルの駅そばに滞在するとなると1泊7~8000円ほどが平均的な値段かと思います。

ホステルなどにするともう少し安く宿泊できますが、シェアルームだったりするので、プライバシー的に嫌という人もいるかもしれませんね。

ブリュッセル駅そばの宿泊にすると、ほかの移動費は必要なく、美術館にはいる入館料ほどになります。

ブリュッセル中央駅より徒歩で行くことができる美術館、博物館が多くあります。
もし美術館、博物館を多く見て歩かれる人ならば、ブリュッセルカードなるものを購入しておくとお得に観光ができます。
これは、スマートフォーンなどでも提示ができ、とても便利。

39のブリュッセル市内にある美術館、特別展示を含めてみることができたり、協賛しているツアーなどだと割引値段で参加することができます。
また、市内のお店ではこのカードを提示することで安くお土産などが購入できます。

バー、レストランなどでも利用できる場所もあるので、結構便利ですよ。
ブリュッセルカードは自分の滞在時間にあわせて24時間、48時間、72時間などと時間を選ぶことができ、その選んだ時間によって料金が変わってきます。

王立美術館が大人だと入館料が8€ほどから。
24時間ブリュッセルカードが24€なので、11時に購入し、翌日の11時までと仮定すると、ざっくりと見る形となりますが、美術館を3館ほど翌日の11時までの間に訪れるとお得になりますね。

もちろん、お金がかからないで見て回ることができる場所も多いので、カードを買う前に計画をよく練りましょう。

ホテルに食事が付いてないと考えると、朝、昼、晩の食事料金がかかります。
朝は、駅などの売店にあるサンドウィッチかなにかにし、昼と夜を外食という形にしたとします。
ブリュッセル生まれのクイックというファーストフードがあるので、それを値段の参考にすると、500円前後で食べることができます。
マクドナルドもありますが、そちらより値段は安いはずです。

また、同じようなファーストフードでもオーガニックな健康ものにこだわるなら、Exkiというのがあります。
人参のマークでかわいらしいカフェで、3€ぐらいからコーヒー、クロワッサンを食べることができますよ。
wifiが無料で使えます。

このようなところや、駅のスーパーなどをうまく利用すると食費もかなり安く済みます。
浮いた分、土産に回すのもいいでしょう。

また、ベルギーで有名なムール貝をランチにと思った場合、いくらぐらいかというと、店にもよりますが、観光客に有名なchez leon で、昼、夜同じメニューで15€ほどから。

ローストチキンがとてもやすいヘクターなる店なんかだと、テイクアウトもできるし、10€出すとおなかがいっぱいなるほど食べることができますよ。
もちろん、ベルギー独特のフライドポテトであるフリッツもついてきます。

ホテルディナーや、よほど高いレストランでディナーをたべないかぎり、一日食費には、50€使えばいいほうではないでしょうか。

天気はどんな感じ?服装の注意点はある?

天気はどんな感じ?服装の注意点はある?

image by iStockphoto

天気は、日本から行くと、夏でもかなり肌寒く感じるかもしれません。
国としてベルギーはあまり天気が良いところではありません。
首都ブリュッセルも例外ではなく、夏でも25度行かない日が多いですよ。

四季の違いは、ないですが、荷造りをするときに、寒がりの人は、なるべく着脱が簡単な薄手のジャケットなど気持ち多めに持っていくといいでしょ。

ブリュッセル観光のモデルコースはこう!

次のページでは『ブリュッセルに3泊する場合のモデルコース』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

学生時代を英国で過ごしたため、英国映画と英国音楽が大好きなライターです。今も機会があるごとに英国をはじめ、欧州へぶらりと一人旅に出かけます。暮らしたことがある欧州の国を中心に、旅行へ出かける人に役立つ情報をお届けします。

この記事のカテゴリ

ベルギー
ヨーロッパ

関連記事を見る

ベルギーの記事を見る

鎖国時代の日本にとって「世界」の窓だったオランダの歴史
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
ベルギーのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選
運河クルーズで優雅に巡りたいベルギーの古都「ブルージュ」
1都市に2言語が存在するのはなぜ?不思議な都市、ブリュッセルの歴史
結婚式も行われるベルギー「モダーヴ城」がおとぎ話の舞台みたい!
EUが出来る前から共同体を作ってきた、ヨーロッパの要。ベルギーの歴史
ルーベンスを生んだ芸術の街、ベルギー「アントワープ」で見ておきたいスポット7選
かつてパリに次ぐ人口を誇った大都市!壮麗なギルドハウスが立ち並ぶベルギーヘントの歴史
ブリュッセルから電車で1時間・自然に囲まれた「ベルギー・リエージュ」で見ておきたい7選
ため息がでるほど美しい街、ベルギー・ブルージュの魅力
【旅行体験記】ドイツ、オランダ、ベルギーをまわり、童話のような静かな街に巡り合った幸運