今はマイナーな「スロベニア」「クロアチア」旅行。必ずメジャーになると感じた旅行体験談

連載一覧はこちらから

スロベニアにはスロベニア語、クロアチアにはクロアチア語とありますが非常に言語自体は似ています。
またほとんどの人が英語を話せるので、無理して現地の言葉を覚える必要はありません。
治安も良く、のどかでのんびりした海沿いの町、という感じです。
ふむふむ。
参考になりますね。
最後に、一言お願いします。
総じてクロアチア、スロベニアという国はヨーロッパらしい、もっとメジャーになっても良いくらいの観光地であると思います。
料理もドイツ、イタリアの食文化の影響を多分に受けているのでとてもおいしいですし、観光地も非常にたくさんあります。

旅行をするうえで、食べ物のおいしさは特筆。
逆にパンやパスタといった炭水化物系のものがほとんどないので、それらが好みの人には寂しいかも知れませんが、肉料理がとても絶品ですよ。

なぜか今はメジャーではないクロアチア、スロベニアへの旅行。
良さが広まっていくと、もっと定番旅行地として定着していくのではないかと思いました。







ありがとうございました。

さあ、旅にでよう

いかがでしたか。
スロベニア、クロアチアの旅行体験記として、本日はさんぞうさんのお話を聞くことができました。
他人の旅行記は、不思議と旅に出かけたくなるパワーがありますね。
ぜひスロベニア、クロアチアへの旅行の際には参考にしてください。

※なお、本記事はwondertripが独自に取材・編集をしています。