ロマンチックな旧市街を散策しよう!クロアチア旅行で行きたい「ドゥブロヴニク旧市街」

「アドリア海の真珠」とも讃えられるクロアチアのドゥブロヴニク。紺碧の海と旧市街のオレンジ屋根のコントラストがとても美しく、まさに宝石と例えるのに相応しい観光地です。今回は、クロアチアの中でも最も人気の観光地「ドゥブロヴニク旧市街」についてご紹介いたします。

ドゥブロヴニクはどんな町?

ドゥブロヴニクはどんな町?

image by iStockphoto

ドゥブロヴニクは、クロアチアの最南端のアドリア海に面した街です。
15世紀頃からイタリアのヴェネチアと並び、ラグーサ共和国として貿易都市として繁栄を遂げました。
アドリア海に突き出した旧市街は城壁で囲まれ、その中にはオレンジ色のかわら屋根の家々がぎっしりと並びます。
ジブリファンの間では、この場所が「紅の豚」の舞台なのではと推測されているのだとか。

ドゥブロヴニクの住所・アクセスや営業時間など

名称 ドゥブロヴニク
名称(英語) Dubrovačka
住所 Dubrovnik, Croatia
営業時間・開場時間
利用料金や入場料
参考サイト http://www.tzdubrovnik.hr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ドゥブロヴニクのスポットページ

ドゥブロヴニクへのアクセスは?

首都ザグレブなどの主要都市からのアクセスは良く、スケジュールや予算に合わせた交通手段を利用するといいでしょう。

飛行機…ザグレブからクロアチア航空が1日6便程度運航。
所要約1時間。
空港から町の中心部のバスターミナルまでは、空港バスで約30分。

バス…ザグレブから1日5便、所要約11時間。
スプリットから1日17便、所要5時間。
コルチュラから1日1~2便、所要約3時間。

ロマンチックな旧市街を散策してみよう

ロマンチックな旧市街を散策してみよう

image by iStockphoto

旧市街の入り口は3ヶ所ありますが、その中でも西側のピレ門は数世紀の間、メインの入り口として使われてきました。
その玄関口であるこの門が現在の姿となったのは1537年のことで、門前には木製の跳ね橋があり、かつては夕刻になると鎖で巻き上げられ、門は固く閉じられていました。
門の上には、ドゥブロヴニクの守護聖人である聖ブラホ像が祀られています。

image by iStockphoto

旧市街をぐるっと囲む城壁の建造が始まったのは8世紀頃のこと。
その後、町の発展によって少しずつ増改築が繰り返され、現在の形となったのは16世紀頃のことだといいます。
実は、この城壁の上は1周約2kmの遊歩道となっているのです。
時には立ち止まって、旧市街のオレンジ屋根や、キラキラと輝くアドリア海の絶景をスナップしてみましょう!







ピレ門の住所・アクセスや営業時間など

名称 ピレ門
名称(英語) Vrata od Pila
住所 Ul. Vrata od Pila, 20000, Dubrovnik
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.tzdubrovnik.hr/lang/en/get/spomenici/5367/pile.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ピレ門のスポットページ

様々な時代を経て建てられたフランシスコ会修道院

ピレ門をくぐり、すぐ目の前にあるのがフランシスコ会修道院。
14~15世紀に建てられたこの修道院は、城壁の外にあったものを外敵から守るために14世紀に現在の城壁内部へ移されたのだそう。
修道院内は、1391年に開業したクロアチア最古の薬局があり、現在でも営業しています。
また、薬学博物館にもなっており、薬壺や古い器具など2万点以上もの展示は見応え充分。

フランシスコ会修道院の住所・アクセスや営業時間など

名称 フランシスコ会修道院
名称(英語) Franjevački samostan
住所 Stradun 2, 20000, Dubrovnik
営業時間・開場時間 9:00−18:00(夏期) 9:00−14:00(冬期)
利用料金や入場料 薬学博物館:大人30クーナ 子供15クーナ
参考サイト http://www.tzdubrovnik.hr/lang/ja/get/sakralni_objekti/4943/_%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%82%B3%E4%BF%AE%E9%81%93%E9%99%A2.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フランシスコ会修道院のスポットページ

路地裏までくまなく歩きたいプラツァ通り

路地裏までくまなく歩きたいプラツァ通り

image by iStockphoto

ピレ門から東へ200m延びるプラツァ通りは、旧市街のメインストリート。
レストラン、カフェ、ショップなどが並び華やかな雰囲気が感じられます。
この通りの両側からは狭い路地が網目のように巡っていて、一歩足を踏み入れればがらっと空気が変わり、いい意味でこの町の人々の生活感を感じられることでしょう。
このような路地裏にこそ素敵なカフェやショップが隠れていたりするんですよね。

プラツァ通りの住所・アクセスや営業時間など

名称 プラツァ通り
名称(英語) Placa
住所 Stradun, 20000, Dubrovnik
営業時間・開場時間 店舗による
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://www.dubrovnik-travel.net/stradun-placa/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

プラツァ通りのスポットページ

大震災にも耐えた貴重な建築物 スポンザ宮殿

大震災にも耐えた貴重な建築物 スポンザ宮殿

image by iStockphoto

旧市街の東側のルジャ広場に面するスポンザ宮殿は、建立された1516年当初は、貿易でドゥブロヴニクを出入りする物資などを管理する場所とされていました。
ゴシック様式とルネッサンス様式が用いられた建築で、1667年に大震災が起きた際に被害を免れた数少ない建築物とされています。
そのため、ドゥブロヴニクの歴史に関する歴史的な書物などが無事に残り、現在ではそれらの貴重な古文書を保管する古文書館としての役割を担っているのです。
次のページでは『夜のライトアップも美しい大聖堂』を掲載!
次のページを読む >>