ステンドグラスに魅了されるためだけにチェコに行ってもいい!「聖ヴィート大聖堂」

チェコの首都にある、プラハの大聖堂である聖ヴィートは、プラハ場内の内部に位置しています。チェコの中で最も大きく、重要な教会となっています。この建物は、ゴシック建築の代表ともいわれています。

差し込む光による最高の演出

差し込む光による最高の演出

image by iStockphoto

聖ヴィート大聖堂へ早朝に訪れると、外から明るい朝陽が差し込んでいる光景が見られます。
つい見入ってしまうほどの美しさに、うっとりしてしまいそうですね。
晴れていると特にこの光がきれいで、日常の憂さをわすれさせてくれることでしょう。
思わず写真を撮りたくなる衝動にかられますが、内部は“フラッシュ撮影が禁止”されているので気を付けてくださいね。
ぜひともこの美しさを肉眼で鑑賞し、こころに焼きつけるようにしたいものです。

image by iStockphoto

3人の聖人を奉っている場所

3人の聖人を奉っている場所

image by iStockphoto

聖ヴィート大聖堂は、正式な名称を“聖ヴィート、聖ヴァーツラフ、聖ヴォイチェフ大聖堂”といいます。
これは、3人の聖人の名前を合わせてつくられた名前です。
アルフォンス・マリア・ミュシャという、アール・ヌーヴォーを代表するグラフィックデザイナーによってつくられたステンドグラスは、色彩の美しさが際立っています。
このステンドグラスを近くで見るためには、別料金が必要となりますが、お金を払ってでも見たくなる価値のある芸術作品ですね。

image by iStockphoto







夜もライトアップで魅了

夜もライトアップで魅了

image by iStockphoto

聖ヴィート大聖堂の魅力は、昼間だけではありません。
日が落ちた夜にもきらびやかにライトアップされます。
このライトアップも、今ではプラハ観光の売りのひとつとなっています。
この荘厳な建物がライトアップされた姿は、プラハに行った際には、ぜひとも見ておきたい光景ですね。
夜間は、昼間より観光客も少なくなるので、じっくりと見ることができるかもしれません。
大切な人と一緒に行きたくなるような、ロマンティックなシチュエーションです。

image by iStockphoto

オーラを感じるステンドグラス

オーラを感じるステンドグラス

image by iStockphoto

大聖堂の中は、壁面に大々的なステンドグラスが組み込まれています。
アーチ形に湾曲したデザインにより、重さが分散され、大きなステンドグラスを設置することができるよう、計算されたつくりとなっています。
このステンドグラスは、宗教的な意味合いも濃いですが、宗教に明るくない人が見ても、ひとつの芸術作品として楽しむことができます。
人気の観光地であるため混雑も予想されますが、プラハに行ったら見るべきスポットのひとつですね。
次のページでは『圧倒的な存在感の聖ヴィート大聖堂』を掲載!
次のページを読む >>