チェコの世界遺産、カラフルでかわいらしい村「ホラショヴィツェ」

バロック風の農家が立ち並ぶ小さな村ホラショヴィツェは、1998年に世界遺産に登録されました。カラフルでかわいらしい村ホラショヴィツェを紹介します。

池の周りにかわいらしい家が並ぶ

池の周りにかわいらしい家が並ぶ

image by iStockphoto

チェスケー・ブジェヴィツェから西へ、田舎道を約10kmほど進んで行くとホラショヴィツェの標識があらわれます。
なお車で進んで行くと道は行き止まりになり、明るい広場に出ます。
広場というよりは中央に緑地帯がある、幅の広い道路という感じですが、その両側にかわいらしい家がずらりと並んでいます。

ホラショヴィツェの歴史地区の住所・アクセスや営業時間など

名称ホラショヴィツェの歴史地区
名称(英語)Holašovice Historical Village
住所Holašovice, Jankov, Česko
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://whc.unesco.org/en/list/861
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ホラショヴィツェの歴史地区のスポットページ

パステルカラーで彩られた家の壁

パステルカラーで彩られた家の壁

image by iStockphoto

ホラショヴィツェにある建物の数は800年間変わっておらず、離れの穀物倉庫、馬小屋のある民家17軒、鍛冶場、居酒屋が2軒、聖ヤン・ネポムツキーの小礼拝堂があります。
南方には景観保護区域であるブランスキーの森があります。
この村はペストの大流行で、村民がたったの2人にまで減少したことがあると言われています。
村の北端にあるペスト柱は、この出来事がきっかけで造られました。
村が復興されると、様々な人が引っ越してきて村の人口は回復しました。

素朴でかわいらしい雰囲気

素朴でかわいらしい雰囲気

image by iStockphoto

家々の壁は淡いクリーム色や水色、ピンクとカラフルで、通りに面したファサードの形もさまざま。
ほとんどが平屋建てで、大きな屋根の下に屋根裏部屋を持っています。
どの家もファサードに記号のような模様がついています。
これは家を識別するための住所のようなもので、植物などをモチーフにした装飾が見られます。
建物を開放している家もあり、中を見せてもらうこともできます(有料)。
民家の前には井戸が掘られています。

まるで絵本の中に出てくる家のよう

まるで絵本の中に出てくる家のよう

image by iStockphoto

ホラショヴィツェの名前が初めて古文書に現れるのは1292年。
1524年から30年にかけ、オーストリアやバイエルン地方の農民たちが南ボヘミアに移住し始め、このあたりに17の大農場ができあがりました。
そのひとつがホラショヴィツェ村でした。
当時地元の農民たちは農奴制から開放され、それぞれ自分の家屋をかわいらしい南ボヘミア風バロック様式の家屋に改築しはじめました。
1840年から1880年の間に民家の建て替えが始まり、新しいバロック様式の家に次々と変わりました。


素朴で落ち着いたデザイン

素朴で落ち着いたデザイン

image by iStockphoto / 20578283

バロック様式といっても、宮廷や貴族の館で見られるような華やかなものではなく、庶民の間で流行った素朴なものばかりで、南ボヘミア風バロック様式と呼ばれています。
素朴風バロックと呼ばれることもあり、田園風景と調和させた、この地方独自のスタイルです。
南ボヘミア地方一体で見られるスタイルですが、農村の集落がこれほど完全な形で残っているのはめずらしく、1998年に世界遺産に登録されました。

少しずつデザインが違う家が並ぶ

少しずつデザインが違う家が並ぶ

image by iStockphoto

南ボヘミア風バロック様式の家々は、同じようにかわいらしい家々が並ぶテルチよりも素朴でこじんまりとしており、ゆっくり見て回っても15分程と集落は小さく、レストランとバーが1軒ずつありますが、オフシーズンは閉まっています。
飲み物やお菓子程度なら、中央の広場にある雑貨屋さんで買うことができます。
おみやげはバス停裏の観光案内所で売られています。
観光案内所のそばには、陶器のショップがあります。
花や木などの自然を描いたカップや皿は、どれも素朴であたたかみのあるデザインです。

ホラショヴィツェ観光案内所の住所・アクセスや営業時間など

名称ホラショヴィツェ観光案内所
名称(英語)Infocentrum Holašovice
住所Holašovice 6 373 84 p. Dubné
営業時間・開場時間9:00〜17:00 (4月-11月)
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.holasovice.eu/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ホラショヴィツェ観光案内所のスポットページ

春の到来を喜ぶ祭り使われるメイポール

春の到来を喜ぶ祭り使われるメイポール

image by iStockphoto

地元の住民は数多くの文化行事を催しており、2月の謝肉祭、4月にメイポール(五月の柱)を立てて行う春祭りのほか、毎年7月には農業祭が行われ、伝統工芸品やお菓子の露店、ブラスバンドやバグパイプの演奏、民族衣装を着た人々のダンスなどでにぎわいます。

関連記事を見る

チェコの記事を見る

チェコ観光なら次はここ!「チェスキー クルムロフ」で見たい絶景10選
チェコ旅行なら「クロムニェジーシュの庭園群と城」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
ビールの街、チェコの「チェスケー・ブディヨヴィツェ」で見たい絶景10選
カラフルな家がかわいいチェコの世界遺産「テルチ」
チェコ観光なら次はここ!「オロモウツ」で見たい絶景10選
チェコ観光なら次はここ!「カルロヴィ・ヴァリ」で見たい絶景10選
チェコ旅行なら「オロモウツの聖三位一体柱」は外せない!世界遺産になった理由は?
チェコ観光なら次はここ!「ブルノ」で見たい絶景10選
プラハから日帰りOK! 中世の宝石「城郭都市チェスキー・クルムロフ」の見どころ
チェコ・プラハの歴史の生き証人「カレル橋」の物語
チェコ観光ならここ!首都・百塔の街「プラハ」の絶景10選