ビールの街、チェコの「チェスケー・ブディヨヴィツェ」で見たい絶景10選

チェスケー・ブディヨヴィツェはプシェミスル・オタカル2世が建設した都市です。ここで特に有名なのが町の名を冠したビールです。アメリカのビールブランド、バドワイザーの名前はこのビールに由来しています。
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

運河に囲まれた町

運河に囲まれた町

image by iStockphoto

美しいフルボカー城や世界遺産のホラショヴィツェ村に行くには、この町が拠点となります。
町はマルシェ川がヴルタヴァ川に流れ入る合流地点に建設されました。
ムリーンスカー運河が楕円形に町を取り囲み、旧市街には東西南北に整然と道が並んでいます。

チェスケー・ブディヨヴィツェの住所・アクセスや営業時間など

名称チェスケー・ブディヨヴィツェ
名称(英語)České Budějovice
住所České Budějovice, Česko
営業時間・開場時間
利用料金や入場料
参考サイトhttp://www.c-budejovice.cz/en/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

チェスケー・ブディヨヴィツェのスポットページ

町の中心に大きな広場がある

町の中心に大きな広場がある

image by iStockphoto

この町は、1265年にプシェミスル家のオタカル2世が建設しました。
当時この地方一帯は南ボヘミアの貴族ロジェンベルグ家支配していました。
ロジェンベルグ家は隣町に拠点を持つ大貴族でした。
その勢力に対抗するために、オタカル2世はあえてロジェンベルグ家の拠点にほど近いチェスケー・ブディヨヴィツェを建設しました。
ボヘミア国王の権力を見せつけるように、中心部に大きな広場を作り、整然とした道路も作りました。
町にはビール醸造権も与えました。

オタカル2世広場の住所・アクセスや営業時間など

名称オタカル2世広場
名称(英語)オタカル2世広場
住所Náměstí Přemysla Otakara II., 370 01 České Budějovice
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.visitceskebudejovice.cz/en/ceske-budejovice-square-of-premysl-otakar-ii-/47/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オタカル2世広場のスポットページ

早くからビール作りが盛んだった

早くからビール作りが盛んだった

image by iStockphoto

南ボヘミアのチェスケー・ブディヨヴィツェは早くからビール作りが盛んでした。
ハプスブルク家がボヘミア王国を引き継ぐようになってからは、チェスケー・ブディヨヴィツェのビールが宮廷で好んで飲まれるようになりました。
しかし、ブディヨヴィツェというチェコ語をドイツ人はうまく発音できず、ブドヴァイゼルと言っていました。
この結果、次第にドイツ語圏でブドヴァイゼルという名が定着していくようになります。

世界50ヵ国に輸出されているビール

世界50ヵ国に輸出されているビール

image by iStockphoto

市民の自家用ビール作りはやがて広く販売するためのビール製造へと変わり、18世紀になるとそのような醸造所は387軒を数えました。
近代的な大量生産が可能な設備を備えたブディェヨヴィツキー・ブドヴァル醸造所では、年間約1億2000万ℓものビールが製造され、700人以上が働いています。
工場では見学ツアーを催行しています。
工場見学では、モルトの仕込み、発酵、熟成、瓶詰というビール製造のほぼ全工程を見ることができます。


ブディェヨヴィツキー・ブドヴァル醸造所の住所・アクセスや営業時間など

名称ブディェヨヴィツキー・ブドヴァル醸造所
名称(英語)Budějovického Budvaru
住所Karolíny Světlé 512/4, 370 04 České Budějovice
営業時間・開場時間9:00−17:00 1月-2月は日・月曜休
利用料金や入場料見学ツアー:120チェココルナ(要予約)
参考サイトhttp://www.visitbudvar.cz/en/brewery-tours/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ブディェヨヴィツキー・ブドヴァル醸造所のスポットページ

水上輸送で栄えた町

水上輸送で栄えた町

image by iStockphoto

中世のチェスケー・ブディヨヴィツェは、オーストリア方面からの通商路の途上の町として栄えました。
18世紀になるとリンツとプラハを結ぶ中心都市となりました。
馬車でここまで運ばれた荷はヴルタヴァ川を利用してプラハへ向かい、この馬車と水上輸送の切り替える場所として、町は大いに発展しました。

美しい建物に囲まれた広場

美しい建物に囲まれた広場

image by iStockphoto

国王は町の中心に縦横133mの巨大な正方形の広場を作り、自分の名前を付けて権力を見せつけました。
このプシェミスル・オタカル2世広場という長い名前は今日まで受け継がれています。
広場の周囲は柱廊のある建物で囲まれ、レストランや銀行、両替所などの商業施設が並んでいます。
大きな広場で目立っているのが南西角の市庁舎。
1730年にシュヴァルツェンベツク家おかかえの建築家マルチネリによりルネサンス様式で建設されました。
市庁舎屋根の彫刻はヨセフ・ディートリッヒの作品で、秤を手にした正義の神や知恵の神を表しています。

市庁舎の住所・アクセスや営業時間など

名称市庁舎
名称(英語)České Budějovice Town Hall
住所nám. Přemysla Otakara II. 2, 370 01 České Budějovice, 370 01 České Budějovice
営業時間・開場時間[月,水]9:00−17:00 [金]9:00−11:30
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.c-budejovice.cz/en/tourism-sport-culture-leisure/tips/stranky/ceske-budejovice-town-hall.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

市庁舎のスポットページ

美しい彫刻の施された噴水

美しい彫刻の施された噴水

image by iStockphoto

ディートリッヒは広場のサムソンの泉も手がけています。
サムソンは旧約聖書に登場する、神の力を与えられて多くの勝利を得たイスラエルの最後の士師で、サムソンがライオンと戦う様子が描かれています。
噴水の周りのベンチでは、人々がゆったりとくつろいでいます。
チェコ最大級のこの噴水に使われている水は、ヴルタヴァ川から引かれた水で、旧市街のやや南にある揚水塔から送られています。

チェコの記事を見る

チェコ観光なら次はここ!「チェスキー クルムロフ」で見たい絶景10選
チェコ旅行なら「クロムニェジーシュの庭園群と城」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
チェコの世界遺産、カラフルでかわいらしい村「ホラショヴィツェ」
カラフルな家がかわいいチェコの世界遺産「テルチ」
チェコ観光なら次はここ!「オロモウツ」で見たい絶景10選
チェコ観光なら次はここ!「カルロヴィ・ヴァリ」で見たい絶景10選
チェコ旅行なら「オロモウツの聖三位一体柱」は外せない!世界遺産になった理由は?
チェコ観光なら次はここ!「ブルノ」で見たい絶景10選
プラハから日帰りOK! 中世の宝石「城郭都市チェスキー・クルムロフ」の見どころ
チェコ・プラハの歴史の生き証人「カレル橋」の物語
チェコ観光ならここ!首都・百塔の街「プラハ」の絶景10選

関連記事を見る