フィンランド・デザインの巨匠、アルヴァ・アアルトの世界

建築からインテリアデザイン、都市計画の分野で世界的に名前を残したアルヴァ・アアルト。フィンランドを代表するデザイナーとして様々な作品を残しました。そんなアアルトの生涯と代表的なスポットについてご紹介します。

アルヴァ・アアルトとは?

アルヴァ・アアルトとは?

image by iStockphoto

アルヴァ・アアルトとは、フィンランドが生んだ20世紀を代表する世界的な建築家です。
建築から家具、ガラス食器や日用品のデザイン、絵画といった多岐にわたる分野で活動しました。

フィンランド中西部のオルタに生まれ、ヘルシンキ工科大学卒業後、家具屋照明器具、建造物などを次々と発表。
「家で過ごす毎日の生活をより美しく」という理念に基づいた自然をイメージさせる美しいデザインと機能性を兼ね揃えたデザインが世界的に評価されています。

アアルトゆかりのスポット①アアルト自邸

アアルトゆかりのスポット①アアルト自邸

image by iStockphoto

1936年に完成した、アアルトが晩年まで過ごした自宅。
個性的な2階建の建物で、木を多用した内装で統一されています。
1階はリビングとダイニングと仕事部屋、2階は家族の寝室スペース。
どの部屋に見お明るい日差しが差し込み、生活の名残が感じられます。

公式サイト:http://www.alvaraalto.fi/riihitie.htm

Alvar Aalto houseの住所・アクセスや営業時間など

名称 Alvar Aalto house
住所 Riihitie 20, 00330 Helsinki
営業時間・開場時間 現地ガイド開始時間:13:00~、14:00~、15:00~、16:00~
利用料金や入場料 17ユーロ
参考サイト http://www.alvaraalto.fi/aaltohouse.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Alvar Aalto houseのスポットページ

アアルトゆかりのスポット②アカデミア書店

1969年に完成した書店。
映画「かもめ食堂」の舞台になったことでも夕目になりました。
地上3階、地下1階の建物は中央のロビー部分が吹き抜けになっており、各階から書棚を見渡すことができます。
窓や照明にアアルトらしいこだわりを見て取ることができます。
2階のカフェもアアルトの設計です。

公式サイト:http://www.akateeminen.com/fi/etusivu/

Akateeminen Kirjakauppaの住所・アクセスや営業時間など

名称 Akateeminen Kirjakauppa
住所 Pohjoisesplanadi 39, Helsinki 00100, Finland
営業時間・開場時間 現地時間:9:00-21:00(土曜-19:00、日曜11:00-18:00)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.akateeminen.com/fi/etusivu/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Akateeminen Kirjakauppaのスポットページ

アアルトゆかりのスポット③アアルト・アトリエ

アアルトゆかりのスポット③アアルト・アトリエ

image by iStockphoto

1955年に自宅近くに建てられたアトリエ。
現在ではアアルト財団の事務所になっているため、見学ツアーでのみ一般公開されています。

公式サイト:http://www.alvaraalto.fi/info/guide/helsinki.htm







Studio Aaltoの住所・アクセスや営業時間など

名称 Studio Aalto
住所 Tiilimäki 20, 00330 Helsinki
営業時間・開場時間 open 1.9.–30.6. Tue – Sun 11-18 1.7.–31.8. Tue – Fri 10-18, Sat – Sun 11-18 Closed on Mondays
利用料金や入場料 ガイドツアー17 ユーロ シニア・学生 8 ユーロ
参考サイト http://www.alvaraalto.fi
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Studio Aaltoのスポットページ

アアルトゆかりのスポットでフィンランドデザインを楽しもう。

いかがでしたでしょうか。
フィンランドを代表する建築家、デザイナーであるアルヴァ・アアルト。
自然との融合を感じる邸宅から、「かもめ食堂」でお馴染みのアカデミア書店までフィンランド、ヘルシンキにはアアルトゆかりのスポットが数多くあります。
そのどれもが「家で過ごす毎日の生活をより美しく」という理念が感じられるもので、心地よい空気が流れています。
フィンランド旅行の際には、是非訪れてみてはいかがでしょうか。
photo by iStock

関連記事を見る

フィンランドの記事を見る

【マリメッコの歴史】かわいらしくて斬新なデザインが特徴、フィンランド生まれの「マリメッコ」
【留学】有料化していく「無料だった留学渡航先」、なぜ有料化?フィンランド留学の費用や条件は?
【留学フィンランドの大学院留学って何が学べる?費用は?快適?
フィンランド第3の都市である「トゥルク」で見たい絶景10選
地元民の気分が味わえる!フィンランドの「マーケット広場」
ヘルシンキからフェリーで約15分!フィンランドの絶景「スオメンリンナ」は外せない
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
想像以上に過酷なフィンランドの歴史。スウェーデンとロシアに翻弄された国
フィンランド旅行なら「ヌークシオ国立公園」は外せない!森と湖の国フィンランドで自然と溶け合おう
フィンランド・ヘルシンキに行くならここ!旅行のヒントになるおすすめスポット10選
都市だけど自然の宝庫でもあるフィンランド第2の都市「タンペレ」を遊び尽くそう!
ムーミンの世界を通して見るフィンランドの旅