ヘルシンキからフェリーで約15分!フィンランドの絶景「スオメンリンナ」は外せない

フィンランドには、大小合わせて330の群島があるといわれています。その中でも「スオメンリンナ島」は、首都ヘルシンキからフェリーで約15分で訪れることのできる人気の観光地です。都会の喧騒から離れた場所で、ゆったりとした余暇を過ごしてみませんか。今回は、スオメンリンナ島での遊び方についてご紹介いたします。

スオメンリンナ島とは?

スオメンリンナ島とは?

image by iStockphoto / 31305530

フィンランドの首都・ヘルシンキから南東へ約1.5kmのところにあるスオメンリンナ島は、4つの島から成り、それぞれが橋で行き来出来るようになっています。
元々は、フィンランドの南の海岸を守る要塞として防御壁が張り巡らされたのでした。
スウェーデン・ロシア戦争、クリミア戦争、フィンランド国内の戦争において重要な舞台となりましたが、現在ではその当時に備えた大砲や砲台をはじめ、教会や博物館などが点在し島全体が美しい公園となっています。

image by iStockphoto

スウェーデン統治下となっていた18世紀後半当時、勢力を拡大していたロシアからの侵略を防ぐために造られたのがスオメンリンナの要塞。
海の上に浮かぶ要塞としては、世界的に大きなものと認められているのです。
現在では、ヘルシンキから気軽にピクニックに訪れられるような憩いの場となっている他、活動の拠点をこちらへ移したアーティストなども暮らしているのだそう。

スオメンリンナ島の住所・アクセスや営業時間など

名称スオメンリンナ島
名称(英語)Suomenlinna
住所Suomenlinna, Helsinki, Suomi
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.suomenlinna.fi/ja/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スオメンリンナ島のスポットページ

スオメンリンナ 世界遺産への道

スオメンリンナ 世界遺産への道

image by iStockphoto

この島の要塞などの建設が始まったのは、1748年のこと。
1808年にはロシアの支配下に入ることとなり、以後110年間もの間ロシアの駐屯地として使用されていました。
1917年にフィンランドは独立を果たし、翌年にはスウェーデンの要塞という意味のスヴェァボリからフィンランドの城という意味のスオメンリンナへと改名。
1991年には、歴史上で重要な建築物群が多数残っていることや景観の美しさで世界遺産への登録がされました。

スオメンリンナの要塞群の住所・アクセスや営業時間など

名称スオメンリンナの要塞群
名称(英語)Fortress of Suomenlinna
住所Suomenlinna, Helsinki, Suomi
営業時間・開場時間ガイドツアー:13:30− (9月-5月は土日のみ)
利用料金や入場料大人11ユーロ 子供4ユーロ
参考サイトhttp://whc.unesco.org/en/list/583
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スオメンリンナの要塞群のスポットページ

スオメンリンナ島へのアクセスは?

スオメンリンナ島へのアクセスは?

image by iStockphoto

ヘルシンキのマーケット広場(Kauppatori)から、公共のフェリーや私営のJT-Lineが運航するフェリーで向かいます。
船酔いを心配すること無く、わずか15分でスオメンリンナ島へ到着! フェリーのメインターミナルからは、島の中央に向かって10分ほど歩いて行くと、ビジターセンター兼スオメンリンナ博物館があります。
まずはここで島の情報収集をしましょう。


マーケット広場の住所・アクセスや営業時間など

名称マーケット広場
名称(英語)Kauppatori
住所Eteläranta, 00170 Helsinki
営業時間・開場時間8:00−21:00(季節により異なる)
利用料金や入場料フェリー:大人往復7ユーロ 子供往復3.5ユーロ
参考サイトhttp://www.jt-line.fi/eng/suomenlinna-vallisaari-lonna
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マーケット広場のスポットページ

ダンジョン感あるザンデル砦

ダンジョン感あるザンデル砦

image by iStockphoto

スオメンリンナ内には、いくつものトンネルがありちょっとした冒険感覚を味わうことができるでしょう。
特にザンデル砦は、ヘルシンキの中でも最も古い歴史を持つ建物の一つで、スオメンリンナの要塞群を形どる4つの砦のひとつです。
照明が一切付けられていないトンネル内部は薄暗く、大人でも無邪気に遊べてしまいそう。

ザンデル砦の住所・アクセスや営業時間など

名称ザンデル砦
名称(英語)Bastion Zander
住所Kustaanmiekka, Helsinki
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.suomenlinna.fi/en/visitor/sights/bastion-zander/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ザンデル砦のスポットページ

灯台としての役割もあるスオメンリンナ教会

灯台としての役割もあるスオメンリンナ教会

image by iStockphoto

フェリー乗り場から100m程の所にある、地ビールが自慢のレストラン「パニモ」。
重厚なサーモンピンクの門をくぐり抜けると、見えてくるのは「スオメンリンナ教会」。
灯台としての役割と建てられた教会で、ヘルシンキ内で最も人気の結婚式場でもあるのです。
タイミングによっては、結婚式を執り行っているHappyなカップルの姿を見かけるかもしれませんね!

スオメンリンナ教会の住所・アクセスや営業時間など

名称スオメンリンナ教会
名称(英語)Suomenlinnan kirkko
住所Suomenlinna C 43, 00190 Helsinki
営業時間・開場時間[水]11:30−13:30 [木-日]12:00−16:00 (季節により異なる)
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.suomenlinna.fi/en/visitor/sights/suomenlinna-church/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スオメンリンナ教会のスポットページ

スオメンリンナはこの人にあり

スオメンリンナはこの人にあり

image by iStockphoto / 71071421

ビジターセンターのすぐ傍の橋を渡った先にあるのが、「エーレンスヴァ―ルド博物館」。
要塞の建築を指揮したスウェーデン軍指揮官のアウグスティン・エーレンスヴァ―ルドが住居として使っていた場所が、現在では博物館となっています。
内部には、彼の肖像画、家具、武器、他の将軍にまつわる品々等が並びます。

関連記事を見る

フィンランドの記事を見る

【留学】有料化していく「無料だった留学渡航先」、なぜ有料化?フィンランド留学の費用や条件は?
【留学フィンランドの大学院留学って何が学べる?費用は?快適?
フィンランド第3の都市である「トゥルク」で見たい絶景10選
地元民の気分が味わえる!フィンランドの「マーケット広場」
ヨーロッパ旅行に行きたい!女子旅におすすめの美しい都市30選
フィンランド観光なら次はここ!「ロヴァニエミ」で見た絶景10選
想像以上に過酷なフィンランドの歴史。スウェーデンとロシアに翻弄された国
フィンランド旅行なら「ヌークシオ国立公園」は外せない!森と湖の国フィンランドで自然と溶け合おう
フィンランド・ヘルシンキに行くならここ!旅行のヒントになるおすすめスポット10選
都市だけど自然の宝庫でもあるフィンランド第2の都市「タンペレ」を遊び尽くそう!
ムーミンの世界を通して見るフィンランドの旅
やっぱり大好き! 「かもめ食堂」映画ロケ地巡り