パリ観光で行きたい!歴史的観光名所をぐるりと一巡り

パリは20の区でできていて、広さは東京23区よりずっと狭くて、山手線の外側に少し土地を加えた程度の広さ。とはいえ市壁に囲まれていたふつうの中世都市が歩いて移動できる程度の広さだったことを考えると、パリはとてつもなく巨大な都市。パリにも市壁の跡がいくつか残されていますが、それはたしかにごく狭い範囲。パリは時代とともに生き続け、世界有数の大都市になりました。このパリをブラリと歩いてみて、いくつかの歴史スポットを見てみることにしましょう。

セーヌ川の中洲にサン=ルイ島とシテ島があります

セーヌ川の中洲にサン=ルイ島とシテ島があります

image by iStockphoto

パリの中心部を流れる川がセーヌ川。
パリをおおきく二つに分けるとすればセーヌ川の右岸の北側と左岸の南側。
このセーヌ川にはサン=ルイ島とシテ島という二つの島があり、これがパリの発祥の地ですね。
パリをぐるりと一周する旅をこれらの島から始めることにしましょう。

サン=ルイ島は富豪たちの住む高級住宅地です

サン=ルイ島の名前の由来は、カペー家のフランス王ルイ9世で、死後聖人に列せられたので「聖ルイ」と呼ばれたのですよ。
聖王ルイの名をもつサン=ルイ島はシテ島より少し上流にあります。
この小さな島の名前になった聖王ルイは1248年に第7回十字軍に参加してエジプトで捕虜になりました。
1270年に参加した第8回十字軍ではチュニスでペストにより死亡。
最後の言葉が「エルサレム!」だったということですね。

サン=ルイ島は観光地というよりは高級住宅地。
フランソワ・ル・ヴォーという建築家が建てたサン=ルイ=アン=リル教会のほか、有名な邸宅が建ち並んでいるのですよ。
『悪の華』で有名な詩人のシャルル・ボードレール、ラジウムの発見者として有名なキュリー夫人、有名な画家のセザンヌなど、ここに住んだ有名人の名前を何人も挙げることができますね。
日本人の女優でフランス人の映画監督と結婚した岸惠子もここに住んでいたとか。

シテ島にはパリの象徴ノートルダム大聖堂があります

サン=ルイ橋を渡ってシテ島に行くと、そこにはパリの象徴であるノートルダム大聖堂があります。
フランスにはパリのノートルダム大聖堂以外に「ノートルダム」という名前の教会がいくつもありますが、「ノートルダム」とは聖母マリアの意味。
カトリックの国であるフランスでは聖母マリア信仰が盛んなのですよ。
ノートルダム大聖堂は1163年に建設が開始されたゴシック様式の教会。
正面の入口には最後の審判の彫刻がありますが、なんといっても円形のステンドグラスの薔薇窓が有名。
ナポレオンの皇帝戴冠式も1804年にここで行われたのですよ。

シテ島はもちろんユネスコ世界文化院に登録されていますが、大聖堂の近くにあるオテル・ディユはホテルではなく、病気の人たちを看護する神の館、つまり病院です。
ドイツの詩人リルケの『マルテの手記』の冒頭にも出てきますが、いまでもオテル・ディユは市立病院。
シテ島の西の端にあるコンシェルジュリーはかつては牢獄で、マリー・アントワネットもここに収監されたのですよ。
隣にあるゴシック様式の教会はサント・シャペルという礼拝堂。
聖王ルイは聖遺物を集めるのが好きだったので、集めた聖遺物を保管するためにこの礼拝堂を建築したとのこと。

ルーヴル美術館にあるのは「モナ・リザ」だけではありません

ルーヴル美術館にあるのは「モナ・リザ」だけではありません

image by iStockphoto / 32527868

シテ島の西の端にかかる橋がポン・ヌフ。
日本語に訳せば新橋で、この橋はセーヌ川の両岸をつないでいます。
ポン・ヌフをわたってセーヌ川の右岸に沿って西に行くとルーヴル美術館があります。
もともとは12世紀の要塞だったのですが、その後宮殿になり、美術館として開館されたのは1793年。
ちょうどフランス革命のときのことで、王室が所蔵していた美術品を市民に公開したということですね。
その後ナポレオンが皇帝になり、世界各地から美術品を収集。
今では世界最大規模の美術館として知られていますね。

レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」はいつもたくさんの人を集めていますが、展示品は絵画だけではありません。
古代エジプトからはスフィンクスやミイラまでが運び込まれて展示されているのですよ。
古代ギリシャの彫刻では「ミロのヴィーナス」や「サモトラケのニケ」などが有名ですね。
もちろん絵画もとても一日ではゆっくり見られないほどのものが展示されていますよ。
1983年の大ルーヴル計画により、ナポレオン広場にガラス製のピラミッドが建設され、宮殿として建設された建物との見事なコントラストはさすが芸術の都パリ。







テュイルリー公園とコンコルド広場には悲しい歴史があります

テュイルリー公園とコンコルド広場には悲しい歴史があります

image by iStockphoto

ルーヴル美術館の隣には広いテュイルリー公園がありますが、「テュイルリー」という名前を聞いたことがありませんか。
もとはここにテュイルリー宮殿があり、フランス革命のときにルイ16世一家がヴェルサイユ宮殿から連れてこられて、ここがしばらく宮廷になったのでした。
1563年に王妃で摂政のカトリーヌ・ド・メディシスがここに宮殿建設を指示。
100年かけて完成したときの王はあの太陽王ルイ14世。
1683年にヴェルサイユ宮殿に宮廷が移ったあとも宮殿だったのですが、普仏戦争のあとのパリ・コンミューンの内戦のとき、1871年に焼失。
その後は再建計画もままならず、公園になっています。

この公園の隣はエジプトのオベリスクが立っているコンコルド広場。
「クレオパトラの針」と呼ばれるオベリスクは、1836年にエジプトのルクソール神殿の遺跡から運ばれてきたもの。
テュイルリー宮殿の前の広場なので、1755年にこの広場ができたときにはルイ15世の騎馬像があったのですね。
しかしフランス革命により「革命広場」となってその像は破壊され、さらに1793年にはルイ16世と王妃マリー・アントワネットがここで処刑されました。
華やかなパリの華麗な広場にそんな歴史があったのですよ。

シャンソンに歌われるシャンゼリゼ通りはパリの表通り

シャンソンに歌われるシャンゼリゼ通りはパリの表通り

image by iStockphoto

コンコルド広場から西に向かってまっすぐに伸びる広い通りは有名なシャンゼリゼ大通り。
この通りの名前は古代ギリシャで信じられていた楽園エリシオンからきているのですよ。
コンコルド広場から凱旋門まで、およそ3キロメートルで幅100メートルの通りには高級ブティックやカフェやレストランに映画館などが建ち並んでいます。
マロニエが植えられ歩道が整備されていますから、カフェも店の中ではなく歩道に置かれたテーブルで楽しむもの。
ベルリンのクーダムと呼ばれる大通りはシャンゼリゼ大通りをまねしたものですが、東京の銀座も1990年に友好関係を結んでいるのですよ。

有名なシャンソン「オー・シャンゼリゼ」は日本でも流行しましたが、夜はイルミネーションが美しく、7月14日の革命記念日には盛大な軍事パレードが行われています。
しかし、マリー・ド・メディシスの時代の前、このあたりはまだ沼地と畑ばかりだったのですが、この王妃の時代にテュイルリー宮殿から続く並木道が整備されたのでした。
この通りにシャンゼリゼという名前がつけられたのは1709年のこと。
科学の時代の19世紀になって、1828年にガス灯の灯がともり、この大通りの「近代」が始まったのですね。

エトワール凱旋門が完成したときナポレオンは?

エトワール凱旋門が完成したときナポレオンは?

image by iStockphoto / 58358082

シャンゼリゼ通りの終点は、シャルル・ド・ゴール広場の中央に建つエトワール凱旋門。
この広場から12本の道路が放射状に出ているので、もともとは「星」を意味するエトワール広場と呼ばれていたのですよ。
第二次世界大戦でフランスはドイツ第三帝国に敗北しヴィシー政権ができたのですが、陸軍のシャルル・ド・ゴールが中心となってロンドンに亡命政府を樹立。
戦後はその功績により首相と大統領を歴任した人物で、その名前がこの広場につけられたのですね。

凱旋門は、古代ローマ時代に遠征した軍隊の勝利を記念して都市の入口に建てられた門。
パリのエトワール凱旋門は、フランス皇帝ナポレオンが1806年にアウステルリッツの戦いに勝利したのことを記念して建てさせた門なのですね。
しかし完成したのは1836年。
ナポレオンはすでに失脚してセント・ヘレナ島に流され、1821年に死亡していました。
ただしその遺体は1840年にここに戻ってきたのですよ。
その後、ナポレオンの甥が皇帝ナポレオン3世になり、1852年に凱旋門を通ってパリに入城。
伯父の果たせなかった夢を実現したのでした。

次のページでは『パリ万国博覧会のときに建設されたエッフェル塔はパリのランドマーク』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

Piaristenというのは、教育を主体とする修道会のことで、あちにちにそれが運営する教会や学校があり、ウィーンに住んでいたとき、うちの子どもが八区にあるピアリステン小学校に通いました。専門はオーストリア文学ですが、私の研究している劇作家もここのギムナジウムを卒業し、壁には彼のレリーフが飾ってあります。

この記事のカテゴリ

フランス
ヨーロッパ
歴史

関連記事を見る

フランスの記事を見る

そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
フランス観光で行きたい!マニアックな歴史的観光地区10選
【フランス世界遺産一覧】絶景も歴史もすべてここに!フランスの世界遺産を全部解説
フランス旅行でいきたい!フランスで絶対見ておくべき歴史的スポットは?
18時間以上続く「世界一長いピアノ音楽」を生んだエリック・サティとは?
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【フランスの世界遺産】42個の世界遺産を全部一挙ご紹介!(2017年時点)
【映画「レ・ミゼラブル」の時代背景】ジャンバルジャンはなぜパンを盗んだ?実はフランス革命の後の出来事って本当?
【元住民が解説】エッフェル塔の観光完璧ガイド
【時代背景】ディズニー/劇団四季「ノートルダムの鐘」を観る前に知っておきたいパリの歴史
意外!低コストなフランス留学でグローバル人材になろう