美しい聖堂に海岸線沿いが素晴らしい…フランス・ニースに行きたい理由5選

コートダジュールに面したフランスの南東部に位置する街フランス・ニース。かつてヨーロッパ王族が避寒地として利用したこの地は透明な海や美術館など、高級感のある街並みが旅行者を出迎えてくれます。今回はそのセレブ感漂う街フランス・ニースの観光スポット5選を紹介します。


#1 ロシア国外では最大級のロシア大聖堂に、歴史を感じる!

ロシア国外では最大級のロシア大聖堂に、歴史を感じる!
サンニコラ大聖堂は、1912年に建設されたロシア正教の大聖堂。
高さ52mはロシア国外の正教大聖堂としては最大級で、緑色と金色の尖塔5本の外観が特徴的。
内部には聖人画やフレスコ画、木工細工が施されています。
大聖堂が建っている地はかつてロシア人貴族が冬の避寒地として訪れた場所で、ソビエト連邦成立時には亡命してきた人にとっての安息の場ともなったようです。

ニースのホテル「LE GRIMALDI」からの北方にある「サン・ニコラ大聖堂」へ徒歩15分。
ニースの美しいロシア正教会です。
エキゾチックな教会で壮麗です。
モスクワの壮麗なロシア正教会はテレビで何度も見たことがあるけど、本当にそのまんまの教会です♪丸味の帯びたグリーンの尖塔に黄金が散りばめられて。
まるでおとぎのような世界です。
サン・ニコラ大聖堂の周りをゆったりと歩いて、じっくりと鑑賞してください♪ 4travel.jpより

サン ニコラ ロシア正教会大聖堂 St Nicholas Orthodox Cathedral, Niceの住所・アクセスや営業時間など

名称 サン ニコラ ロシア正教会大聖堂 St Nicholas Orthodox Cathedral, Nice
住所 Avenue Nicolas II, 06000 Nice, フランス
営業時間・開場時間 9:00 – 12:00, 14:00 – 18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sobor.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

サン ニコラ ロシア正教会大聖堂 St Nicholas Orthodox Cathedral, Niceのスポットページ

#2 ニースの歴史的建造物「ニースオペラ座」の外観・内観に圧倒される!

ニースの歴史的建造物「ニースオペラ座」の外観・内観に圧倒される!
ニース旧市街地にあるニースオペラ座は1776年開館のオペラホールで、1992年には歴史的建造物に指定されています。
フランス最大と言われるパリオペラ座より規模は小さいですが、外観の彫刻や内観の重厚感は見事で、存在感は決して負けていません。
先代の建物は1881年の火災で一度消失し、現在の建物は1885年に再建されたものです。

ニースの旧市街にあるオペラ座は小さめですが、パープルとゴールドの装飾が美しい内装で、今も秋から冬にかけて魅力的なプログラムを組んではニースの文化活動を担っています。
オペラも一番安い上階の席は10ユーロ位からあって、誰でも手ごろに楽しめるような料金設定ですが、安いのはベンチのような自由席のため。
なので、このチケットを買った場合は、開演の1時間ほど前からオペラ座の前に並んで、場所取りをしなくてはいけません。
フランス工房ジャーナルより

Opera de Niceの住所・アクセスや営業時間など

名称 Opera de Nice
住所 4 rue Saint Francois de Paule, 06364 Nice, France
営業時間・開場時間 公演のチケットによる
利用料金や入場料 公演のチケットによる
参考サイト http://www.opera-nice.org/fr
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Opera de Niceのスポットページ

#3 「ノートルダム寺院」の被昇天は必見!

「ノートルダム寺院」の被昇天は必見!
1868年に建設されたニース最大のゴシック式教会。
ニース市駅からすぐの場所にあるため、すぐに建物を確認することができます。
最大の観光ポイントは「聖母の被昇天(生涯を終えようとしている聖母マリアの肉体と魂が天に召される様子)」を模した2つの塔で、高さは31mにも及びます。
夜のライトアップでは、建物が持つ荘厳な雰囲気がより際立って見えます。

建設の為の借金や震災などいくつかの困難を乗り越えニース ノートルダム寺院は1925年3月に奉献、1978年4月に”Minor basilica”の地位を賜った。
少ない装飾の為パリのノートルダム寺院の様にも見えますが、この地域で最も美しい教会だと考えられています。
ステンドグラスは1868年、描かれたのは19世紀、木製作品や鉄作品等…..インテリアの芸術作品も集まります。
現在では地域の式典だけではなくコンサートも1年中行われています。
クール・フランス:プロヴァンスより

Cathédrale Notre-Dame de Paris ノートルダム大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 Cathédrale Notre-Dame de Paris ノートルダム大聖堂
住所 6 Parvis Notre-Dame – Pl. Jean-Paul II, 75004 Paris, フランス
営業時間・開場時間 現地時間 月-金曜 8:00-18:45  土・日曜 8:00-19:15
利用料金や入場料 無料 ※大聖堂内にある塔(屋上)は有料となります オーディオガイド5ユーロ
参考サイト http://www.notredamedeparis.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Cathédrale Notre-Dame de Paris ノートルダム大聖堂のスポットページ

#4 3.51㎞の散歩道で壮大なビーチを眺めよう!

3.51㎞の散歩道で壮大なビーチを眺めよう!
ニースに来たら必ず寄っていきたい場所と言われるのが、全長3.51㎞のプロムナード・デ・サングレ。
1820年に当時在留していたイギリス人によって作られた道で、名前は「イギリス人の散歩道」を意味するもの。
この道からは老舗ホテル「ネグレスコ」をはじめとする高級ホテルや邸宅、壮大なビーチを眺められます。
リゾート感満載の雰囲気を味わうには最高のスポットと言えるでしょう。
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

フランス

関連記事を見る

フランスの記事を見る

そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
フランス観光で行きたい!マニアックな歴史的観光地区10選
【フランス世界遺産一覧】絶景も歴史もすべてここに!フランスの世界遺産を全部解説
パリ観光で行きたい!歴史的観光名所をぐるりと一巡り
フランス旅行でいきたい!フランスで絶対見ておくべき歴史的スポットは?
18時間以上続く「世界一長いピアノ音楽」を生んだエリック・サティとは?
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【フランスの世界遺産】42個の世界遺産を全部一挙ご紹介!(2017年時点)
【映画「レ・ミゼラブル」の時代背景】ジャンバルジャンはなぜパンを盗んだ?実はフランス革命の後の出来事って本当?
【元住民が解説】エッフェル塔の観光完璧ガイド
【元住民が解説】ルーヴル美術館の観光完璧ガイド