フランスだけどドイツっぽい「ストラスブール」で見るべき観光スポット5選

年間を通じて多くの観光客で賑わうフランス。特にパリには一度は訪れてみたり興味を持ったという方も多いかと思います。ですが、せっかくのフランス旅行にパリ観光だけではもったいない!アルザス地方のストラスブールまで足を延ばしてみませんか。世界遺産となっている美しい伝統家屋が建ち並ぶプティット=フランスは必見!今回はフランス・ストラスブールを訪れたらぜひ見に行きたいスポットをご紹介します。

可愛らしくて住みたくなる プティット=フランス

可愛らしくて住みたくなる プティット=フランス
国境に近く歴史上ドイツとの領地争いを繰り返したことから、フランスにいながらもドイツ文化を垣間見ることができるとても興味深い町となっています。
ストラスブールのほぼ中心に位置し、運河に挟まれた1画がプティット=フランスと呼ばれ、アルザス伝統の可愛らしい木組みの建物が並びクラシカルな雰囲気が。
まるでジブリの世界に迷い込んだようですね!
おしゃれなカフェにレストラン、ショップなども多く集まっていることもあり、多くの観光客で賑わっています。
写真にこだわる人なら早朝か夜、人がまばらな時間にシャッターチャンスを狙ってみては。

便利な運河クルーズも運行されていますが、時間があるならじっくり歩いて見学することをおすすめします。
幅の細い道もくまなく回れるのは、やはり徒歩ならでは。

プティット・フランスの住所・アクセスや営業時間など

名称 プティット・フランス
住所 Petite France 67000, Strasbourg, France
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.otstrasbourg.fr/fr/decouvrir/monuments-musees-et-autres-sites-a-visiter/les-incontournables/F223007616_la-petite-france-strasbourg.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

プティット・フランスのスポットページ

世界の教会で第6位を誇る ストラスブール大聖堂

世界の教会で第6位を誇る ストラスブール大聖堂
土産店やブティックなどが入ったレトロな建物を進んでいくと、突如現れる茶褐色をしたストラスブール大聖堂。

高さが142メートルもある尖塔には、階段を歩いて登りますが、かなり大変です。
上まで登ると、町中そして遠方まで見渡すことができます。
下りは別の階段を通って下まで降ります。
 TripAdvisorより

この大聖堂は、「天使の柱」と言われているたった1本の柱で天井が支えられてれていることでも有名です。
そんなことがあるわけない!と言った男に天罰が下り、今でもからくり時計のところから見張らされているんだとか。

また、聖堂内を彩るステンドグラスの美しさにもため息が。
晴れた春分、秋分の日には、ガラスから透ってきた緑の光がキリスト教を神秘的に照らします。







Cathédrale Notre Dame de Strasbourgの住所・アクセスや営業時間など

名称 Cathédrale Notre Dame de Strasbourg
住所 place de la cathedrale 67000 Strasbourg
営業時間・開場時間 7:00-19:00 (11:20-12:40昼休憩のため閉門)
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.cathedrale-strasbourg.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Cathédrale Notre Dame de Strasbourgのスポットページ

アルザス博物館に昔の生活を見に行こう

入口の看板からして可愛らしく期待が高まる「アルザス地方博物館」は、イル川沿いのサン・ニコラ通りに建っています。
昔ながらの木組みの家の中に、伝統衣装、家具などの生活が映し出されています。
たまにはこんなほっこりする博物館に行ってみるのもいいですね!

建物も木組みのおうちでとてもかわいらしく、受付もこじんまりとしていてかわいいです。

館内を周るときに館内の説明書を渡してもらうのですが、

それも古い木に紙が挟まっていて、とてもかわいいです。

展示品は木組みのおうちの説明から、アルザスの民族衣装、暮らし、陶器などアルザスに関わるいろんなもので構成されていて、とても楽しいです。
 4travelより

Musee Alsacienの住所・アクセスや営業時間など

名称 Musee Alsacien
住所 23 – 25 quai St-Nicolas, 67076, Strasbourg, France
営業時間・開場時間 10時から18時
利用料金や入場料 6.5ユーロ
参考サイト http://www.musees.strasbourg.eu/index.php?page=musee-
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Musee Alsacienのスポットページ

川の向こうはドイツ ジャルダン・デ・デュ・リーブ公園

川の向こうはドイツ ジャルダン・デ・デュ・リーブ公園
ストラスブールには、素敵な広場や公園が多くありますが、一風変わった景色を見てみませんか。
ライン川沿いにあるジャルダン・デ・デュ・リーヴ公園からは、川の向こうにドイツが迫っています。

この公園から延びる歩行者用の橋かE52道路で簡単に国境越えができてしまいます。
川幅200m程なので本当に目と鼻の先ですね!

次のページでは『クリアな政治はここから 欧州本会議場』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

フランスの記事を見る

そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
フランス観光で行きたい!マニアックな歴史的観光地区10選
【フランス世界遺産一覧】絶景も歴史もすべてここに!フランスの世界遺産を全部解説
パリ観光で行きたい!歴史的観光名所をぐるりと一巡り
フランス旅行でいきたい!フランスで絶対見ておくべき歴史的スポットは?
18時間以上続く「世界一長いピアノ音楽」を生んだエリック・サティとは?
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【フランスの世界遺産】42個の世界遺産を全部一挙ご紹介!(2017年時点)
【映画「レ・ミゼラブル」の時代背景】ジャンバルジャンはなぜパンを盗んだ?実はフランス革命の後の出来事って本当?
【元住民が解説】エッフェル塔の観光完璧ガイド
【時代背景】ディズニー/劇団四季「ノートルダムの鐘」を観る前に知っておきたいパリの歴史