思わず住みたくなる街!フランス・モンペリエで見るべき観光スポット5選

フランス南部・エロー県の県庁所在地であり人口26万8456人(2012年)の小都市モンペリエ。ここはフランスの名門大学・モンペリエ大学がある学園都市であり、「フランス国民が住みたい都市ランキング」にランクインする国民に大人気の都市でもあります。ではそんなフランス国民を引き付ける街・モンペリエにはどのような観光スポットがあるのか、今回は5つのスポットを紹介します。

モンペリエ観光の拠点・コメディ広場

モンペリエの中心地・旧市街にあり、モンペリエ観光の拠点にもなる大きな広場。
モンペリエの観光名所はこの広場周辺に集まっており、広場の中心からは旧市街の古風な街並みを楽しむことができます。
この広場では2000年に導入されたトラム(路面電車)が走っており、クールなブルーカラー、カラフルでかわいらしい花柄と様々な車両を目にすることができます。
見るのも乗るのも楽しいことでしょう。

モンペリエ1番の観光中心地です。
人が行き交う広場ですが、トラムも次々に来て便利です。
モンペリエのトラムは路線毎に色もデザインも違い、初めて見たときはハデさにビックリしました。
古い建物をバックに走るのが違和感ですね。
最初は賛否両論だったそうですが、今は人気モノだそう。
モスラ好きの私はなんか可愛くて気に入りました。
ラクロアデザインの物もありますTripadvisorより

コメディ広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 コメディ広場
住所 Montpellier, France
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.montpellier-tourisme.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コメディ広場のスポットページ

こじんまりとした雰囲気・凱旋門

フランスで「凱旋門」と言えばパリの有名な観光スポットですが、このモンペリエには小さな凱旋門があります。
こちらは当時の国王・ルイ14世王朝を称えて建設されたもので、デザインはパリにあるサン・マルタンの凱旋門に影響を受けたとされています。
凱旋門を抜けた先には「ペイルー公園」がありそこにはルイ14世の像、市街地に水を運搬するため18世紀に造られた水道橋が現在も残っています。






街散策を続けていくと、凱旋門(Arc de Triomphe)に到着。
うわ〜キレイ! だけど、なぜここに凱旋門? その理由を確かめに、広場へと参りましょう。
馬にまたがった、勢いのあるルイ14世の銅像がお出迎え。
「Place Royale du Peyrou」は、給水塔や公園を有する見晴らしのよい広場です。
17世紀に建設された後、現在はモンペリエの歴史地区に指定されています。
Pouchより

エトワール凱旋門の住所・アクセスや営業時間など

名称 エトワール凱旋門
住所 Place Charles de Gaulle, 75008 Paris, フランス
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 イベント・施設による
参考サイト http://www.paris-arc-de-triomphe.fr/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

エトワール凱旋門のスポットページ

中世の美術品が揃う・ファーブル美術館

1828年に開館した美術館。
モンペリエ生まれの画家であり、大の美術コレクターであったフランソワ・グザヴィエ・ファーブルが自身のコレクションを故郷に寄贈したことから建設されました。
館内は15世紀から18世紀のフランス、イタリア美術が中心で、中でもギュスターヴ・クールベ(1819-1877)の「出会い」。
これはクールベが自身の後援者アルフレッド・ブリュイヤス(1827-1877)と出会った様子を描いたものであり、彼の人生の分岐点と言える一場面。
次のページでは『圧倒的な存在感・モンペリエ大聖堂』を掲載!
次のページを読む >>