フランスにいながらスペインの雰囲気!「フランス・ペルピニャン」で見ておきたい観光スポット4選

フランス南部・ピレネー=オリアンタル県にある人口12万959人(2013年現在)の街ペルピニャン。ここはかつてスペイン・カタルーニャの一部「北カタルーニャ」に属し、1659年のピレネー条約によってフランス領となった歴史があります。今回はそんなカタルーニャの香りが漂う街・ペルピニャンの観光スポットを見ていきましょう。

#1 カタルーニャ時代を振り返る「カスティエ門」

ペルピニャン旧市街の入り口に建つ門で、この街最大の観光スポット。
門自体は14世紀に建造されたもので、15世紀・ルイ11世国王(1461〜1483)時代は牢獄として使われたこともありました。
現在はカタルーニャ時代の文化を紹介する「ペラル博物館」として開放されており、工芸品や民族衣装など当時の人々の生活ぶりを覗くことができます。
また屋上から旧市街の街並みを見渡すこともできるため、ぜひこちらもチェックを。

ペルピニャンの国鉄駅から駅舎を背にまっすぐ延びる通りを直進し、そのあと右方向にある通りへ進み、バス運河沿いにさらに東へ進むと大きな赤煉瓦の立派な建物が見えてきます。
それが、カスティエ門です。
徒歩15分くらいでしょうか。
1368年に城門として建てられ、ルイ11世の時代には監獄として使用されたこともある建物ですが、現在はカタルーニャの歴史について学べる博物館として公開されています。
カタルーニャの生活用具、工芸品、民族衣装などが展示されているようですが、私は外観のみで町並み散策を続けてしまいました。
4travel.jp より

カスティエ門 Le Castillet Perpignan の住所・アクセスや営業時間など

名称 カスティエ門 Le Castillet Perpignan
住所 Place de Verdun, 66000 Perpignan
営業時間・開場時間 10:30-18:00
利用料金や入場料 2,00
参考サイト http://www.perpignantourisme.com/decouvrir/monuments/castillet-et-musee-dhistoire-catalogne-nord-casa-pairal-joseph-deloncle-1#sthash.fKLt3Fys.dpbs
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カスティエ門 Le Castillet Perpignan のスポットページ

#2 個性的な鐘楼や外観「サン・ジャン・バティスト大聖堂」

1324年から1509年にかけて建設された巨大なゴシック建築の大聖堂で、高さ80mはペルピニャン最大級とされています。
大聖堂の一部がロマネスク建築と一体化していたり、建物右側に個性的な鐘楼が設けられていたりと、その造りはぜひ見ておきたいところ。
内部には17世紀頃の大理石の祭壇、祭壇後ろの装飾壁があり、祭壇中央にはキリスト像の姿も。
街の再開発によりスペイン時代の建築物が少なくなった中、こちらはその時代の貴重な建築物の1つとされています。
また教会隣にはCampo Santo(修道院共同墓地)もあり、月曜日以外であれば中を見ることができます。






次の目的地はペルピニャンで一番大きな教会を目指す。
1324年に建設が始まったサン・ジャン・バプティスト教会(サン・ジャン大聖堂)“Cathédrale Saint-Jean-Baptiste de Perpignan”。
この教会、鐘楼がおもしろい。
鐘楼はジローナのカテドラルと同じように片方にしか鐘楼がない。
外観からはわからなかったけど、天井を見上げる限り、教会はゴシック様式。
教会に入ると、椅子に座り、旅の平穏を祈りながら、静寂を感じる。
この教会の周囲の建物は、カラフルな色彩ではなく、町の雰囲気としてはフランスっぽい。
まだ知らないどこかへより

次のページでは『平原にそびえたつ要塞「サルス城」』を掲載!
次のページを読む >>