稀代の革命家ナポレオンを生んだ「フランス・アジャクシオ」の観光スポット5選

フランス・アジャクシオ、地中海西部の島・コルシカ島のコルス=デュ=シュド県に属する街。県の県庁所在地であるこの街は稀代の革命家・ナポレオンが生まれた場所であり、街中にはナポレオンに関係する名所、自然が作り出した絶景を見られるポイントが多数。今回はナポレオンを生まれ故郷であり風光明媚な街でもあるアジャクシオの観光スポットを見ていきましょう。

ナポレオンの勝利を称える「ナポレオン像」

ナポレオンの勝利を称える「ナポレオン像」

image by iStockphoto / 88860165

市の中心部から徒歩20分ほどの「オーステルリッツ広場」にあるナポレオン像。
数々の戦いに勝利したナポレオンの功績を称え建設されたもので、像は広場を進んだ奥の小さなピラミッドの上にあります。
左右に置かれた石像には鷲の像(フランス帝国の紋章にデザインされていた)が置かれており、左側にナポレオンの生まれた年(1769)、右側に亡くなった年(1821)が刻まれています。

image by iStockphoto / 18665077

image by iStockphoto / 6896595

まず向かったのはPlace d’Austerlitz(オーステルリッツ広場)。
ここって町の中心地からもちょっぴり離れてるんです。
なんでここに来たかったかと言うと・・・・これ↓が見たかったから!↑ピレミッド状の階段の上に立つナポレオン像ナポレオンの勝利を称えて建てられたみたい。
数あるアジャクシオのナポレオン像の中でも圧巻やったかも!!向かって左側の柱みたいなんには生まれた年 (1769)、右側のには亡くなった年(1821)が刻まれてましたよ。
Juuust chillin out!!より

ドゴール広場の住所・アクセスや営業時間など

名称 ドゴール広場
住所 Place du G?n?ral de Gaulle, 20169 Ajaccio
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.ajaccio-tourisme.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ドゴール広場のスポットページ

島で最も美しい観光地「パラタ岬」

島で最も美しい観光地「パラタ岬」

image by iStockphoto / 69401305

グラヴォナ川河口とともにアジャクシオの街を囲んでいる岬。
国の自然保護地区に指定されている自然遺産で、アジャクシオ、コルシカ島全体で最も美しい観光地として有名。
ナチュラ2000(欧州委員会が制定する自然保護地区のネットワーク)への加入や「オペレーション・グランド・サイト(景勝地開発の際に与えられる憲章)」指定など、環境保護や観光体制強化に力を入れるスポットでもあり、近くにあるサンギネール諸島の姿も見られます。








image by iStockphoto / 70600403

パラタ岬(La Parata) : サンギネール諸島とパラタ岬はアジャクシオ、さらにはコルシカ島全体でも最も美しい観光地のひとつに数えられます。
自然保護地区であり、国の大事な自然遺産として、欧州委員会が制定するナチュラ2000(陸地および海洋の自然環境を保護し、 生物の多様性を保全するための保護地域のネットワーク)にも加わっています。
パラタ岬は大々的な景勝地の持続可能な開発に向けて与えられる憲章「Operation Grand Site」も与えられており、今後、更に多くのビジター来訪を試み、観光受け入れ体制を整える事業に力が入れられています。
フランス観光開発機構より

Tour de la Parataの住所・アクセスや営業時間など

名称 Tour de la Parata
住所 Pointe de la Parata, 20000 Ajaccio, France
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.ajaccio-tourisme.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Tour de la Parataのスポットページ

ナポレオンが洗礼を受けた「ノートルダム教会」

ナポレオンが洗礼を受けた「ノートルダム教会」

image by iStockphoto / 7142444

1577年から1593年にかけて建設されたローマ・カトリック教会で、入口に設けられたバロック様式の黄土色ファサード(建物の正面部分)が特徴的。
カトリック教徒として2回目の誕生日を迎えようとしていたナポレオンが洗礼を受けた場所(1771年6月21日)でもあり、街の歴史を語るうえで重要な教会とされています。
また大聖堂の目の前には青く美しい海が広がっており、堂内鑑賞の前後にぜひ見ておきたいところ。

image by iStockphoto / 1468130

ナポレオンの生家から程近い、海がすぐの教会。
ここはナポレオンが生後、洗礼を受けた教会ということで生家と一緒に訪れました。
中は中規模ながら、立派なパイプオルガンがあり、入ってすぐ左側の壁画が有名なようで多くの旅行者が写真を撮っていました。
tripadvisorより

次のページでは『ナポレオン記念館もある「フォック広場」』を掲載!
次のページを読む >>
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

フランス
ヨーロッパ
絶景
自然・絶景

関連記事を見る

フランスの記事を見る

そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
フランス観光で行きたい!マニアックな歴史的観光地区10選
【フランス世界遺産一覧】絶景も歴史もすべてここに!フランスの世界遺産を全部解説
パリ観光で行きたい!歴史的観光名所をぐるりと一巡り
フランス旅行でいきたい!フランスで絶対見ておくべき歴史的スポットは?
18時間以上続く「世界一長いピアノ音楽」を生んだエリック・サティとは?
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【フランスの世界遺産】42個の世界遺産を全部一挙ご紹介!(2017年時点)
【映画「レ・ミゼラブル」の時代背景】ジャンバルジャンはなぜパンを盗んだ?実はフランス革命の後の出来事って本当?
【元住民が解説】エッフェル塔の観光完璧ガイド
【時代背景】ディズニー/劇団四季「ノートルダムの鐘」を観る前に知っておきたいパリの歴史