ナポレオンゆかりのリゾート地「フランス・ビアリッツ」と周辺で見ておきたいスポット8選

ビアリッツはフランス・パリから電車で約5時間20分の南西部の街。19世紀の皇帝ナポレオン3世が王妃のために宮殿を建てたことで知られ、それ以降ヨーロッパ中の貴族たちが集まるリゾート地に。現在はサーフィン発祥の地としても知られ、波を求めて世界中からサーファーが集まってきます。そんなビアリッツにはどのような見ておきたいスポットがあるのか、見ていきましょう。

金色の砂浜が続く・コート・デ・バスク

金色の砂浜が続く・コート・デ・バスク

image by iStockphoto

ビアリッツの中で最も知られているスポットが市街地から徒歩約15分のコート・デ・バスク。
1950 年代からヨーロッパ有数のサーフィンスポットとされてきた場所で、金色の砂浜が続く光景は絶景。
初心者から上級者まで多くのサーファーが訪れており、サーフィン教室が開かれることも。
多くのカフェやバーが並ぶプランス・ド・ガル通りを散策するのもこの場所の楽しみ方で、美しい海岸風景を見ながらのんびり散策し、食を楽しみながら美しい夕焼けとピレネー山脈を眺めてみては。

image by iStockphoto

コート・デ・バスクの住所・アクセスや営業時間など

名称 コート・デ・バスク
名称(英語) La Côte des Basques
住所 8 Avenue Beau Rivage, 64200 Biarritz
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://tourisme.biarritz.fr/fr/plages/la-cote-des-basques
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

コート・デ・バスクのスポットページ

サーフィンスポット・グランデ・プラージュ

サーフィンスポット・グランデ・プラージュ

image by iStockphoto

市街地に面したグラン・プラージュはビアリッツでも最高の景色を楽しめるビーチ。
ビーチの砂浜は金色で遊歩道への散歩や日光浴、周辺にはカラフルな小屋もあり家族連れに人気。
またここは大西洋の穏やかな波が打ち寄せるため、様々なサーファーがサーフィンを楽しむスポットにもなり、サーフィン教室によるレッスンが行われることも。
南に歩けば裏手に白いアールデコ様式のカジノ、ロシェ デュ バスタ (バスタ岩) の姿もあり、散策にもいいスポット。

image by iStockphoto








グランデ・プラージュの住所・アクセスや営業時間など

名称 グランデ・プラージュ
名称(英語) Grande Plage
住所 Grande Plage, Biarritz
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://ville.biarritz.fr/vivre-a-biarritz/infoplages/les-plages-de-biarritz/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

グランデ・プラージュのスポットページ

街を見守る聖母像がある・聖母の岩

街を見守る聖母像がある・聖母の岩

image by iStockphoto

街を見守る聖母の姿もぜひ見てみましょう。
ビアリッツの旧港 (ポール・ヴュー) から突き出た聖母の岩 (ロシェ・ド・ラ・ヴィエルジュ) は自然の岩塊に像が立つ有名な景勝地。
像ができたのは1865年で、船が難破しそうになったとき岩塊が光を放ち船を救ったという言い伝えからできたとのこと。
船乗りたちにとっては救いの神と言える存在で、彼らは今でもこの像を崇めているとされています。
この像に祈りを捧げたらここから周辺を見渡してみましょう、サーファーが集うビーチや19 世紀の灯台、晴れた日はスペイン国境の先にあるピレネー山脈まで見えてきます。

image by iStockphoto

聖母の岩 (ロシェ・ド・ラ・ヴィエルジュ) の住所・アクセスや営業時間など

名称 聖母の岩 (ロシェ・ド・ラ・ヴィエルジュ)
名称(英語) Rocher de la Vierge
住所 Rocher de la Vierge, 64200 Biarritz
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://fr.wikipedia.org/wiki/Rocher_de_la_Vierge
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

聖母の岩 (ロシェ・ド・ラ・ヴィエルジュ) のスポットページ

聖母の岩まで渡る橋も見ていこう

聖母の岩まで渡る橋も見ていこう

image by iStockphoto

聖母の像を眺めたら、渡ってきた橋もよく見てみましょう。
像のある岩に渡る歩道橋はナポレオン3世の命令で1863年に建設されたもので、1887年にエッフェル塔を手がけたギュスターヴ・エッフェルが手がけた鉄製の橋に変わりました。
約75mの橋を渡っていると片方にはナポレオン3世ウジニー王妃に建てた別荘ロテル・デュ・パレ(L’hôtel du Palais)が見え、もう片方には遠くに見えるピレネー山脈の姿。
橋の下に広がる海から襲ってくる波も特徴で、その大迫力の光景も体感していきましょう。
次のページでは『海岸線と山脈が一望できる・灯台』を掲載!
次のページを読む >>
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

フランス
ヨーロッパ
絶景

関連記事を見る

フランスの記事を見る

そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
フランス観光で行きたい!マニアックな歴史的観光地区10選
【フランス世界遺産一覧】絶景も歴史もすべてここに!フランスの世界遺産を全部解説
パリ観光で行きたい!歴史的観光名所をぐるりと一巡り
フランス旅行でいきたい!フランスで絶対見ておくべき歴史的スポットは?
18時間以上続く「世界一長いピアノ音楽」を生んだエリック・サティとは?
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【フランスの世界遺産】42個の世界遺産を全部一挙ご紹介!(2017年時点)
【映画「レ・ミゼラブル」の時代背景】ジャンバルジャンはなぜパンを盗んだ?実はフランス革命の後の出来事って本当?
【元住民が解説】エッフェル塔の観光完璧ガイド
【時代背景】ディズニー/劇団四季「ノートルダムの鐘」を観る前に知っておきたいパリの歴史