自由を求め何度も生まれ変わったフランスの歴史って複雑すぎ!

自由を求めた市民の戦い

自由を求めた市民の戦い

image by iStockphoto

ブルジョワの不満が募り7月革命が起こります。
1830年7月に自由主義者のルイ・フィリップが王となりますが、2月革命が起こりヨーロッパ全体へと波及。
1848年にはラマルティーヌやアルベール、ルイ・ブランなどが入閣するも対立が深まりました。
これ以降も内政は波乱状態。
パリの労働者による6月蜂起が起こりました。
その後、ナポレオン三世が国民投票で皇帝に即位しています。

世界大戦では戦勝国となったフランスですが、かなりの戦争被害を受けた国です。
国土も財政も悪化し、17世紀にはたくさんあった植民地も、1960年にはほぼ独立していきました。
第一~第五共和政が行われ、自由を勝ち取るために様々な変革がなされています。
現在はテロに屈しまいとヨーロッパ一の国という威厳を保つフランスって頑張っている国といえるのではないでしょうか?

ヨーロッパ一の大国フランスの歴史はかなり複雑ですが、人々が憧れる国として君臨しています

王の富と権力に翻弄されるも自由の国を目指して戦ってきた市民の心意気を感じる国フランス。
豪華絢爛な王族の暮らしぶりやフランス誕生の地、フランス革命が起こった宮殿などを巡り、長くヨーロッパで君臨した国ならではの歴史探訪を楽しむのも旅の醍醐味の一つですね。
photo by iStock