政府公認観光ガイドが伝授!愛の小道を歩きたいチンクエテッレ

イタリア半島の北西リグーリア州。南フランスから続くこの海岸線はイタリアン・リヴィエラと呼ばれリゾート地として人気です。中でも人気なのが世界遺産にも登録されたチンクエテッレ。海に突き出た岩場に色とりどりの家が並ぶ様子は写真などで注目され、今では多くの観光客が訪れるイタリアでも人気の観光地になりました。周りにも足を伸ばしてみたい町がたくさん。チンクエテッレとリヴィエラのリゾートの魅力を紹介します。
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

チンクエテッレ 5つの漁村の紹介

チンクエテッレ 5つの漁村の紹介

image by iStockphoto

チンクエテッレとは「5つの土地」という意味のイタリア語です。
その名前通り5つの漁村が並びます。
その歴史とひとつひとつの村について解説します。

チンクエテッレってどんなところ?

チンクエテッレってどんなところ?

image by iStockphoto

チンクエテッレの特徴は切り立った崖に立つ色とりどりの家。
どの家も違った色で塗られていますが、これは村の漁師たちが遠く沖合からでも自分の家を見分けることができるから。
これら5つの村ができたのは11世紀頃と言われていますが、村と村を結ぶ陸路ができたのはなんと1920年代。
それまで900年近く村と村を結ぶのは船でのアクセスのみでした。
そのため今でも村の中は道が狭く、住民同士のつながりが強いのが特徴です。

リゾート気分を味わえるモンテロッソ・アル・マーレ

リゾート気分を味わえるモンテロッソ・アル・マーレ

image by iStockphoto

5つの漁村の中で一番西側にあり、一番大きい集落なのがこのモンテロッソ・アル・マーレ。
もともとは漁業とワインの生産を行っていた小さな村でした。
チンクエテッレが注目されるようになってから開発が進み、現在ではリゾート地として多くのホテルやレストランが並ぶようになりました。
というのもここはチンクエテッレの中で唯一の砂浜が広がる村なのです。
ビーチにあるモンテロッソの巨人と呼ばれる彫刻は14mもの大きさ。
海にふさわしく海の神ネプチューンを表しています。

山の上の教会から見たいヴェルナッツァ

山の上の教会から見たいヴェルナッツァ

image by iStockphoto

リグーリア州の州都ジェノヴァ。
ここは海洋都市として中世からルネサンスにかけて大きく栄えました。
そのジェノヴァの拠点となったのがこのヴェルナッツァです。
突き出た岬を先端にして小さな湾を築いている魅力的な景色を一番楽しめるのは山の上から。
この村から約1時間登ったレッジョ教会からはぶどう畑と海、そしてヴェルナッツァのカラフルな家並みを見ることができます。
健脚の方はぜひ絶景を見に山の上まで登ってみませんか?


ぶどう畑が広がるコルニーリア

ぶどう畑が広がるコルニーリア

image by iStockphoto

海に面したチンクエテッレは美味しいシーフードが名物。
そしてそれにぴったりの白ワインがここで生産されるシャケートラです。
ここコルニーリアは海抜100mに築かれた村で、チンクエテッレの中で唯一海辺に面していない町。
その代わりここはワインを生産するためのぶどう畑が広がります。
この高い位置にある村にたどり着くためには382段の階段を登っていきます。
村の中の道は狭く情緒たっぷり。
5つの村の真ん中に位置するので、両側に見える残り4つの村を楽しめます。

イルミネーションを楽しみたいマナローラ

イルミネーションを楽しみたいマナローラ

image by iStockphoto

隣のコルニーリアの次に小さい村がこのマナローラ。
世界遺産で注目されるまでは農業と漁業を営む小さな町でした。
現在は東隣のリオマッジョーレへと続く愛の小道の入り口として観光客に大人気。
20世紀に入ってガラッと変わったこの村のもう一つの見どころはクリスマスイルミネーション。
村の段差を利用してキリスト降誕のシーンがライトで再現されます。
早い日暮れを利用してこの村ならではのイルミネーションを楽しんでみてはいかがでしょうか?

写真スポットがたくさんのリオマッジョーレ


東からチンクエテッレを旅する時にに入り口となるのがこのリオマッジョーレです。
13世紀にジェノヴァ共和国と同盟を結んだのがこの村の最初の記録。
バスツアーや電車などさまざまなアクセス方法がありますが、ここでぜひ行って欲しいのが船着場。
チンクエテッレの代名詞でもあるカラフルな建物が並んでいるのを見ることができる絶景スポットなんです。
小さい村ですが、場所によって景色が変わるのが魅力の一つ。
自分なりのお気に入りスポットを見つけて写真を撮ってみましょう。

政府公認フィレンツェ観光ガイド 加藤まり子

Writer:

イタリア政府公認観光ガイド。本場イタリアから最新のイタリア情報をお届けします。 大手外資系企業で勤務中のある日「トスカーナの風に吹かれたい!」と思いつき、キャリアを捨ててイタリアに移住。フィレンツェ公認観光ガイドとして、大好きなルネサンス発祥の地フィレンツェで、現代にも通じる芸術、歴史、ライフスタイルを紹介しています。 Twitterでほぼ毎日イタリアの「生」の情報を提供中。

この記事のカテゴリ

イタリア
フランス
ヨーロッパ

イタリアの記事を見る

ヨーロッパ最大の帝国となったローマ!ローマはなぜ帝国になったの?ローマ帝国への道
政府公認観光ガイドが伝授!アルベロベッロとプーリア州
ローマ在住者が伝授!ローマのおすすめの美術館20選
政府公認観光ガイドが伝授!美食を巡るボローニャとエミリア=ロマーニャ州
初めてのベネチアなら見逃せない!1000年の栄光を感じる歴史スポット11選
イタリア旅のリピーターは要チェック!日帰りできるおすすめの美しい街7選
政府公認観光ガイドが伝授!コロンブスの生まれた町ジェノヴァをご紹介
ローマ在住者が伝授!「真実の口」の観光完璧ガイド
イタリア観光なら次はここ!「サレルノ」で見たい絶景10選
ローマ在住者が伝授!「ヴェネツィア広場」の観光完璧ガイド
アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?
「万能の天才」レオナルド・ダ・ヴィンチの足跡をたどってイタリアからフランスへ

関連記事を見る