歴史ある街・パリを味わうお散歩スポット8選

花の都パリを旅行するなら何をしますか?素敵なカフェめぐりや美術館めぐり、蚤の市でお宝を探してみたりと、楽しみ方がたくさんあるのがパリの街です。では、街歩きでパリの歴史を味わってみるのはいかがでしょう?その街に訪れないとその大きさや美しさを感じることができない建物をめぐるのも、その街の楽しみ方のひとつです。パリにはその長い歴史を感じるたくさんの建物が残っています。教会や美術館はもちろん、街並みにもその歴史の足跡が見え隠れしているのでふらりと歩いているだけでも楽しめます。今回はパリの古い歴史から華やかな近代の歴史を味わえるスポットを8つ選んでみました。パリのセーヌ川を挟んでシテ島・左岸・右岸とエリアごとにご紹介していきます。


パリはシテ島から生まれた街

パリはシテ島から生まれた街

image by iStockphoto

今では大国フランスの首都・花の都として有名なパリの始まりはセーヌ川に浮かぶ小さな島からでした。

このシテ島には紀元前6世紀ごろからケルト系民族のパリシィ人の漁村があり、キリスト教以前の宗教の祠の跡も見つかっています。

紀元前1世紀ごろに古代ローマの支配を受けるようになりましたが、その時にもシテ島を中心に左岸のエリアが村の中心地でした。

そのころからシテ島の東側は宗教的な建物が多く、西側には地域の政治を行う人々が暮らしました。

今のシテ島の構図と変わらなかったといわれています。

ローマ時代には沼地にあったことから「ルテティア」と呼ばれていたパリの街は、11世紀ごろには住んでいるパリシィ人の街として「パリ」と呼ばれるようになりました。

19世紀のパリの大改造の時にシテ島を都市区画番号を「1区」とされたのも発祥の地だという意味があります。

また、ノートル・ダム大聖堂の前には「ポイント・ゼロ」があり、パリからの距離を測る起点とされています。

パリはここから始まったのです。

我らが貴婦人 ノートル・ダム大聖堂

我らが貴婦人 ノートル・ダム大聖堂

image by iStockphoto / 59292570

セーヌ川を歩いているとその存在感をドーンと現してくる大きな教会は、この地にキリスト教が入ってきたときからずっとあり続けている聖母マリアに捧げられた聖堂です。

この大聖堂はゴシック建築の代表と言われています。

西正面に見られる入口の尖塔アーチの形と、後陣の壁を支える放射線状に広がるフライングバットレス。
内部の身廊天井のクロスした梁が典型的な特徴です。

現在の建物は1163年に着工され、1250年に有名な西正面にあるバラ窓が完成しました。
全体的に完成したのは1345年です。
約200年かけて作られているので、ゴシック様式だけでなく、そのたくさんの彫刻の中には12世紀に主流だったロマネスクの特徴をもった箇所もあります。

ノートル・ダムの建物全体を楽しんでみましょう

たくさんの彫刻が聖堂の外壁には飾られています。

一つ一つの彫刻の顔がユニークで、中世の彫刻らしく少々バランスがおかしいものもありますが、それがかえってユーモラスに感じます。

そしてよく見ると剣を振りかざして今にも人を刺しそうになっていたり、聖人を支えている怪物たちが複雑な表情をしていたりしています。

内部で楽しめるのは北・南・西にあるバラ窓のステンドグラスたち。

ゴシック建築では薄い壁と高い天井で聖堂を作ることができたため、バラ窓はとても大きく作ることができ、カラフルな光を教会内に落とします。

大聖堂を楽しむなら、ぜひ鐘楼に登ってみましょう!

ディズニーの映画にもなった「ノートル・ダムの鐘」の舞台はこの大聖堂。

映画のキャラクターにもなった奇怪な生き物のシメールの彫刻と一緒にパリの街を一望することができますよ。

シメールの下には大きな口をあけているガーゴイルたちが壁から突き出ています。
このガーゴイルは雨どいですので、雨の日には彼らの口から水が勢いよく放出されるのを見ることができます。

エッフェル塔ができるまで、この鐘楼よりも高い建物を建てないよう都市計画がされていました。
なのでとても見晴らしがいいのも納得。

パリに着たらまずこの鐘楼を登って、街全体を見渡すのもお勧めです。

かつての王宮なのに牢獄で有名なコンシェルジュリー

かつての王宮なのに牢獄で有名なコンシェルジュリー

image by iStockphoto / 99369353

ノートル・ダム大聖堂から西に進むと、堅牢な建物のコンシェルジュリーが姿を表します。

この建物は10世紀から14世紀半ばまでフランス王宮として使用されていたのですが、シャルル5世の時代に王が宮廷をパリ以外に置くようになり、その後は牢獄として使用されるようになりました。

コンシェルジュリーをセーヌ川から見ると特徴的な4つの塔を見ることができます。

それぞれ東から「時計の塔」「シーザー塔」「銀の塔」「ボンベックの塔」と言われており、建物内の衛兵の間や警備の間と合わせて中世の時代の姿を残しています。

時計の塔にはフランスで最古の壁掛け時計が掛けられていました。

コンシェルジュリーとは、中世の時代は王宮の入口で王宮を管理する王室管理府を指していたのですが、王家がいなくなってしまい、残された王室管理府の名前が全体を指すようになったのだそうです。

現在はパリ司法宮として使用されており、一部を観光向けに開放しています。

ギロチンへの入口と言われた牢獄

14世紀半ばから19世紀まで牢獄として使われたコンシェルジュリーですが、この牢獄を有名にしたのはフランス革命でした。

ここに収容された人は約4000人。
そのうち2600人がこのコンシェルジュリーからギロチンの下へ連れて行かれ命を終えたのです。

一度コンシェルジュリーに入れられると出ることなくギロチンへ送られると恐れられ、「ギロチンへの入口」とささやかれるようになりました。

この牢獄に入れられた人のなかには私たちもよく知る人もいました。

フランス王妃だったマリー・アントワネットの名前はみなさんご存知かと思います。

彼女が入れられた独房を再現した部屋を現在でも見ることができるのですが、ほかの囚人に比べて広い部屋で家具などもある薄暗い部屋でした。

王宮で過ごしていた彼女にとっては落ちぶれた粗末な部屋だったかもしれませんが、この牢獄にあるその他のベッドがあるだけの雑居房や藁が敷かれただけの不衛生な部屋に比べれば一応貴族扱いされていたことがわかります。

1793年、マリー・アントワネットはこの牢獄からギロチンの待つコンコルド広場へ向かいました。

十字軍戦利品の宝物庫 サント・シャペル

十字軍戦利品の宝物庫 サント・シャペル

image by iStockphoto / 80393241

コンシェルジュリーの一角にある教会がサント・シャペルです。

この聖堂は入った瞬間からその天井まで覆い尽くした壁一面にはめ込まれたステンドグラスに圧倒されます。

このステンドグラスはパリ最古のもので、時間帯によって強調される色も変わり表情が変わっていきます。

この聖堂を建てたのは十字軍遠征に熱心だったルイ9世、別名聖王ルイでした。

彼はとてもキリスト教信者として信仰が篤く、十字軍遠征でエルサレムやビザンチンの皇帝からキリストの茨の冠や十字架の木片などの聖遺物を購入して帰ってきました。

それらの聖遺物を収める場所として、1248年にこのサント・シャペルの礼拝堂を建てたのです。

ルイ9世は大金を払い手に入れた聖遺物をパリ司祭のいるノートル・ダム大聖堂に収めることなく王宮の一角に収めたのは、当時神聖ローマ帝国の力が弱まっており、西キリスト教世界の君主の座を狙った政治的判断だったとも言われています。

今は中身のない大きな宝石箱

サント・シャペルの外観はとても質素で、コンシェルジュリーと同じグレーの壁で覆われており、一見すると気付かないほど。

この外見が地味な礼拝堂は、中に入るとあふれんばかりの鮮やかな光の洪水に心を奪われます。

天まで届く細長く区切られたステンドグラスが壁一面を多い、半円の後陣まで来ると宝石箱の中にいるようです。

燦然と輝くこのステンドグラスの3分の2は13世紀のもので、フランス革命で王家にかかわるものや貴重な建築物が破壊されましたが、たまたま裁判所の近くだったことから事務所として使われ、本棚で覆い尽くされたことからステンドグラスは無事でした。

残念ながら収められていた聖遺物については、茨の冠と十字架の木片を残して散在または燃やされてしまいました。

現在では茨の冠と十字架の木片はノートル・ダム大聖堂に収められており、このサント・シャペルには聖遺物はありません。

このステンドグラスの光に包まれるだけでも、中世の王家の力を感じつつ、幻想的な空間を味わえるのではないでしょうか。

次のページでは『中世のころからの大学エリア パリの左岸』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

旨いものとヨーロッパが大好きなアラフォー女子。背中に羽の生えたペガサスのようにジャンルを問わず様々なことに興味を持ってはアレコレと調べるクセがあります。 1人でも多くの方が、今まで見たことのない景色や面白さを感じていただけるような記事を書けるよう、精進の日々です。

この記事のカテゴリ

フランス
ヨーロッパ
歴史

関連記事を見る

フランスの記事を見る

そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
フランス観光で行きたい!マニアックな歴史的観光地区10選
【フランス世界遺産一覧】絶景も歴史もすべてここに!フランスの世界遺産を全部解説
パリ観光で行きたい!歴史的観光名所をぐるりと一巡り
フランス旅行でいきたい!フランスで絶対見ておくべき歴史的スポットは?
18時間以上続く「世界一長いピアノ音楽」を生んだエリック・サティとは?
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【フランスの世界遺産】42個の世界遺産を全部一挙ご紹介!(2017年時点)
【映画「レ・ミゼラブル」の時代背景】ジャンバルジャンはなぜパンを盗んだ?実はフランス革命の後の出来事って本当?
【元住民が解説】エッフェル塔の観光完璧ガイド
【時代背景】ディズニー/劇団四季「ノートルダムの鐘」を観る前に知っておきたいパリの歴史