四季で選ぶドイツの旅、春夏秋冬それぞれの見どころ

ドイツは緯度で見るとだいたい北海道と同じなので、気候は北海道と似ています。ドイツにも日本と同じように四季がありますが、徐々に季節が移ろっていくのではなく、その日いきなりガラッと季節が変わるようですよ。景色が一気に変わるのが面白い、そんなドイツの四季をご紹介します。(春夏秋冬それぞれのドイツの見出しに使用した画像は、ノイシュバンシュタイン城)。

春のドイツ(4~6月)

4月になると春めいてきますが、本格的な春の訪れは4月下旬から。
春の期間は短く天候も不安定ですが、3月最後の日曜日からサマータイムに入り、日が長くなます。
新緑や花に彩られた暖かなドイツでは、どの観光地に行っても気持ちの良い旅となるでしょう。

春に訪れたい、黒い森の桜と菜の花

黒い森(シュヴァルツヴァルト)は、フランスとの国境近くに広がる広大な森。
春は、森の中にたくさんの桜の花が点々と続き壮観。
菜の花のカーペットも広がり始めます。
日本とはまた違った桜の景観ををドイツで目にしてみませんか?

夏のドイツ(7~8月)

ドイツに訪れる観光客が最も多い夏。
最高気温が30度を超すこともありますが、平均気温は20度台。
日本よりも湿気が少ないため過ごしやすく、夜の9時から10時近くまで外は明るいままです。
晴れの日が多いのも嬉しいですね。






夏に訪れたい、ライン川クルーズ

ライン川クルーズで人気があるのがリューデスハイムからザンクト・ゴアールの区間。
古城が次々に見られ、伝説のローレライの岩も。
8月中旬にはリューデスハイムでワイン祭りも開かれるため、乗船前後にとっておきのワインを味わうのもいいでしょう。

秋のドイツ(9~11月)

日が短くなり、肌寒い日が続く9月ごろから秋を感じるようになりますが、9月は天候が不安定で雨の日も少なくありません。
10月は晴れの日が多く紅葉が美しい季節。
日本のように木々が色づく秋に、趣あるドイツの街並みを散策してみませんか?
次のページでは『秋に訪れたい、ミュンヘンのオクトーバーフェスト(Oktoberfest)』を掲載!
次のページを読む >>